1) 記事は原則として節ごとに分かれています。 
2) 記事のタイトルは、原書中の節のタイトルです(例:Vorwort)。最初の目次を見て確認してみてください。
3) ドイツ語文を一文ずつ(文頭からピリオドまで)引用し、その下に日本語翻訳案を記してあります。
4) 文中に赤字で( S. ○×)と書いてあるのは、原書ではその箇所から新しいページが始まっていることを意味します。○×の部分にある数字が、原書のページ番号に該当します。※S. とはSeite(ページ)を意味する略号です。
5) 【 】内の数字は、原書の節内での段落番号(改行箇所)を表わしています。
6) 〔 〕内は補足説明などです。
7) 文法説明は一切省いてあります。質問や意見があればコメントを残してください。
0

2013/5/15

Die Anfänge はじまり  Deutsche Geschichte

(S. 11)
【1】Um Christi Geburt waren große Teile "Germaniens" noch von Sümpfen und dichten Wäldern bedeckt.
キリスト生誕の頃、「ゲルマニア」の大部分はまだ沼地や深い森に覆われていた。

In dem dünn besiedelten Gebiet lebten die Menschen in Einzelhöfen oder kleinen Dörfern, oft mit ihren Tieren unter einem Dach.
人々は人影まばらな入植地で一軒立ての家やあるいは小さな村に暮らし、しばしば室内に動物を飼っていた。

Die Germanen waren kein einheitliches Volk.
ゲルマン人たちはひとつの統一的な民族などではなかった。

Es gab zahlreiche Stämme mit verschiedenen Gebräuchen und Dialekten -- von letzteren kann man bei einer Reise durch Deutschland heute noch Reste heraushören.
さまざまに異なる風習と方言をもつ数多くの部族があった。ーーそれら方言のうち比較的新しいものについては、ドイツ中を旅行してみれば今日なおその名残を聞くことができる。

【2】Der römische Geschichtsschreiber Tacitus schilderte unsere Vorfahren in seinem Buch Über den Ursprung, die Lage und die Völkerschaften Germaniens, später kurz Germania genannt, als "reinen, nur sich selbst gleichen Menschenschlag von eigner Art.
ローマの歴史家タキトゥスは、のちに短く『ゲルマニア』と呼ばれるその著『ゲルマニアの起源、状況、諸部族について』で、われわれの先祖のことを「独自の性格をもつ、純粋で類例のない人間集団」として記述した。

Daher ist auch die äußere Erscheinung trotz der großen Zahl von Menschen bei allen dieselbe: wild blickende blaue Augen, rötliches Haar und große Gestalten, die allerdings nur zum Angriff taugen.
〔※以下、段落終わりまでタキトゥスからの引用〕「したがって、〔ゲルマン人のなかには〕非常に多くの人々がいるけれども、外見も全員一緒である。野性的なぎらつく青い眼、赤毛、大きな体格。もっとも、それは攻撃の役にしか立たない。

Für Strapazen und Mühen bringen sie nicht dieselbe Ausdauer auf, und am wenigsten ertragen sie Durst und Hitze; wohl aber sind sie durch Klima oder Bodenbeschaffenheit gegen Kälte und Hunger abgehärtet ... Ihre Dörfer legen sie nicht in unserer Weise an, dass die Gebäude verbunden sind und aneinanderstoßen: Jeder umgibt sein Haus mit freiem Raum, sei es zum Schutz gegen Feuergefahr, sei es aus Unkenntnis im Bauen.
肉体的な苦労に対して彼らが〔攻撃に際してのと〕同じ忍耐を示すことはない。また彼らは喉の乾きと暑さにはおよそ耐えられない。がしかし、どうやら彼らは気候あるいは地質のおかげで寒さと空腹に対しては鍛えられたようだ。・・・彼らは自分たちの村を、私たち〔ローマ人〕のように建物どうしをくっつけてつくろうとはしない。それぞれ自分の家の周りを空き地にしておくのだ。これは火事の危険〔延焼〕から〔自分の家を〕守るためかもしれないし、〔ローマ式の〕建築を知らないからかもしれない。

Nicht einmal Bruchsteine oder Ziegel sind bei ihnen im Gebrauch; zu allem verwenden sie unbehauenes Holz, ohne auf ein gefälliges oder freundliches Aussehen zu achten ... Wenn die Männer nicht zu Felde ziehen, verbringen sie viel Zeit mit Jagen, noch mehr Nichtstun, dem Schlafen und (S. 12)Essen ergeben.
彼らのあいだでは切り出した荒石やレンガは用いられない。何事にも彼らは切り揃えられていない木材を用い、見栄えの良さなど気にかけない。・・・男たちは、戦場に出かけるのでもなければ、多くの時間を狩りをして過ごす。それ以上に多いのは、何もしないでいること、寝たり食べたりすることにかまけている。

Gerade die Tapfersten und Kriegslustigsten rühren sich nicht.
〔とはいえ〕きわめて勇ましく好戦的な者たちは、必ずしもじっとしているわけではない。

Die Sorge für Haus, Hof und Feld bleibt den Frauen, den alten Leuten und allen Schwachen im Hauswesen überlassen; sie selber faulenzen.
家屋や農地や畑についての心配から、女や老人や病弱な者すべてに家政は任せっぱなしで、彼ら〔男たち〕自身は怠けて過ごしている。

Ein seltsamer Widerspruch ihres Wesen: Dieselben Menschen lieben so sehr das Nichtstun und hassen zugleich die Ruhe."
彼ら〔ゲルマン人の男たち〕の性質には奇妙な矛盾がある。同じ連中が、何もしないでいるのを好むど当時に、じっとしているのを嫌うのだ。」〔以上、タキトゥスからの引用〕

【3】
1

2013/5/3

Vorwort まえがき  Deutsche Geschichte

(S. 7)
【1】Die erste Ausgabe dieser Deutschen Geschichte wurde von ihren Lesern wie von der Fachkritik überaus positiv aufgenommen.
本書『ドイツの歴史』の第一版は、読者からも専門的批評家からも肯定的に迎え入れられた。

Das hat mich sehr gefreut.
私はこのことをとても嬉しく思ってきた。

【2】Zehn Jahre nach der Arbeit an der ersten Fassung scheint es mir nun zum zweiten Mal an der Zeit, ein paar Ergänzungen vorzunehmen.
第一版に取り組んでから10年が経ち、いまや、もう一度、若干の補足に取りかかる時期がきたように思われる。

Dabei geht es vor allem darum, die wichtigsten Entwicklungen seit der deutschen Wiedervereinigung zu skizzieren.
その際とりわけ大切なのは、ドイツ再統一以来のきわめて重要な展開の概略を描くことだ。

Weil gelegentlich das Fehlen eines Registers beklagt wurde, wird dies nun nachgeliefert.
索引がついていない件について時おり不満の声が聞かれたので、このたびはこれを付け加えた。

Es wird den Gebrauchswert des Buch erhöhen.
これによって本書の利用価値は高まるだろう。

【3】Sonst gilt weiterhin, was ich im “deutschen Jubiläumsjahr 1999” im Vorwort zur ersten Ausgabe schrieb:
その他の点では、『ドイツの祝賀年1999』第一版のまえがきに書いたことが引き続き有効である。

【4】Dass wir Deutsche nicht zwei Jubiläen in zwei Staaten feiern müssen, ist vor allem das Verdienst der Menschen im Osten unseres Landes.
私たちドイツ人は〔もはや〕二つの国家で二つの祝賀祭を祝う必要はないが、このことはとりわけ、私たちの国の東側地域に暮らす人々のおかげである。

Im Herbst 1989 gingen Hunderttausende von ihnen auf die Straße und demonstrierten für Freiheit und Demokratie.
1989年の秋、彼ら〔東側住民〕のうち何十万もの人々が街頭に繰り出し、自由と民主主義を求めてデモ行進した。

Was noch wenige Wochen zuvor kaum jemand für möglich gehalten hätte, geschah am 9. November 1989:
わずか数週間前には誰も予想し得なかったことが、1989年の11月9日に起こった。

Die Grenze zwischen den beiden deutschen Staaten wurde geöffnet, und die Deutschen machten sich wieder einmal auf den Weg, ein Volk und ein Staat zu werden.
〔東西〕両ドイツ国家の国境が開かれ、ドイツ人は再び一つの民族、一つの国家となる道の上に立ったのである。

【5】Das wiedervereinigte Deutschland hatte 1999 also doppelten Grund zum Feiern: Seinen fünfzigsten und seinen zehnten Geburtstag.
再び統一されたドイツは、したがって二つの理由で1999年を祝った。すなわち、建国50周年と建国10周年とである〔※再統一ドイツは、西ドイツ(1949年建国)に東ドイツが吸収されるかたちで成立したため〕。

【6】Runde Geburtstage werden gern genutzt, um Rückschau zu halten und Bilanz zu ziehen.
建国周年というのは、〔過去を〕振り返り総決算を行なうのに好んで用いられている。

Allerdings reicht es nicht, den Weg der beiden deutschen Staaten nur seit ihrer Gründung zu verfolgen, wenn man verstehen will, warum(S. 8)es überhaupt zwei Deutschland gab.
しかしながら、そもそもなぜ二つのドイツが存在したのかを理解したいと望むのであれば、両ドイツ国家の歩んだ道をその建国〔期〕から辿るだけでは十分ではない。

Dazu muss man weiter zurückschauen, das heißt Geschichte betreiben.
そのためにはさらに遡って見なければならない、つまり歴史に取り組まねばならないのだ。

Und so, wie es für den Einzelnen interessant und wichtig ist zu wissen, wer seine Vorfahren sind und was er von ihnen mitbekommen hat, so ist es auch für ein Volk wichtig, über seine Geschichte Bescheid zu wissen.
個人にとって、自分の先祖が何者であり、またその先祖から自分は何を貰い受けたのかを知ることが興味深く大切なことであるのと同じように、一民族にとってもまた、その歴史について知ることが重要である。

Denn unsere Geschichte ist unser Erbe, im Guten wie im Schlechten.
私たちの歴史は、美点においても汚点においても私たちの相続財産なのだから。

Wir können dieses Erbe auch nicht ausschlagen oder ignorieren ―- selbst wenn wir das manchmal gern möchten.
私たちはこの相続財産を、ーーたとえ私たちが時おりそうしてしまいたいと思うことがあるにせよーー拒絶したり無視したりすることはできない。

【7】Der große amerikanische Philosoph George Santayana hat einmal gesagt:
アメリカの偉大な哲学者ジョージ・サンタヤーナは、かつてこう言ったことがある。

”Wer sich an die Vergangenheit nicht erinnert, ist dazu verdammt, sie zu wiederholen.”
「歴史を振り返らない者は、歴史を繰り返すことになる。」

Wenn dieser Satz stimmt, sind wir Deutsche geradezu verpflichtet, uns zu erinnern, denn manches aus unserer Geschichte darf sich einfach nicht wiederholen.
この文言が正しいとすれば、私たちドイツ人には、まさしく自分自身を振り返る義務がある。私たちの歴史のうちの少なからぬ事柄は、理屈抜きで、繰り返されてはならないものだからである。

【8】Die Frage ist nun: Wie weit müssen wir zurückschauen, wo fängt die deutsche Geschichte an?
いまや次のように問わねばならない。私たちはどれくらい遡って見なければならないのか、ドイツの歴史はどこから始まるのか?

Darauf gab und gibt es unterschiedliche Antworten.
これに対しては、さまざまに異なる回答があったし、いまもそうである。

【9】Lange Zeit ließen Historiker die deutsche Geschichte mit Karl dem Großen beginnen.
〔従来〕長きにわたって、歴史家たちは、ドイツの歴史をカール大帝〔742-814年〕とともに開始させた。

Heute erscheint uns das zu kurz gegriffen;
今日私たちには、この捉え方ではあまりにも短すぎるように思われる。

ein paar Jahrhunderte mehr müssen es schon sein:
ドイツの歴史はさらに二、三世紀前からすでに在ったのである。

In der Zeit um Christi Geburt lebten dort, wo später Deutschland entstand, Menschen, die “Germanen” genannt wurden.
キリスト生誕の頃、のちにドイツが成立した場所に、「ゲルマン人」と呼ばれた人々が暮らしていた。

Dieser Germanen waren noch kein Volk und verstanden sich selbst auch nicht so. 
このゲルマン人たちはまだ民族〔と呼びうるもの〕ではなかったし、自分たちでもそうは思っていなかった。

Aber ihren Nachbarn und vor allem den Römern erschienen sie doch als zusammengehörig.
しかし彼らの近隣住民、特にローマ人の目には、彼らは一つの集団と映っていた。

Darum spricht einiges dafür, die deutsche Geschichte mit ihnen beginnen zu lassen.
それゆえ、いくつかの点では、ドイツの歴史を彼ら〔ゲルマン人〕とともに開始させることができるのである。

【10】Dieses Buch will einen ersten großen Überblick über die deutsche Geschichte geben.
本書は、ドイツの歴史についての大きな入門的展望を提供しようとするものである。

Es kann deshalb nur von den wichtigsten Ereignissen, Personen und Entwicklungen er(S. 9)zählen.
そのため〔本書では〕、最も重要な出来事、人物、発展について叙述することしかできない。

Vieles, was auch noch wissenswert wäre, muss unerwähnt bleiben.
さらに知っておく価値があると思われる多くのことが、説明されないままにならざるをえない。

Trotzdem wird zwischendurch immer wider von den einfachen Menschen und ihrem oft gar nicht einfachen Leben berichtet.
とは言え、ところどころで繰り返し、素朴な人々〔いわゆる「歴史的偉人」ではない「普通の人々」のこと〕と、しばしば全く平凡ならざるその人生とについて、報告が行なわれている。

Denn auch sie haben ihrem Teil dazu beitragen, Deutschland zu dem zu machen, was es heute ist.
彼ら彼女らもまた、ドイツを今日の姿にするのに貢献してきたからである。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ