2013/3/21

ゴーグルが求めるもの  

スキーやスノーボードの場合は
スノーゴーグルは貴方に取って必須の物となります

スキーヤーやスノーボーダーにとって
ゴーグルというのは眩しさや紫外線から
目を守るという事だけでなく

顔をまもるプロテクターとしての役割ももっていて
もちろんウィンドプロテクション機能としても果たしています。

またスキーのゴーグルで大きいレンズに進化して行った理由は
周辺の視野状況を沢山把握するために非常に重要で
ゲレンデの中というのは太陽光の乱反射によって
非常に見にくい状態が続いてしまいます。

そのため広い視野を確保する為に
大きいレンズとなるのは必然的な進化と言えるでしょう。

フレーム部分もゴーグルは沢山進化をしています。
フレーム部分というのは寒さの中でもろくなってしまうため
その形状を維持する柔軟な材料が選ばれてきました。

顔をさまざまな衝撃から守る為にも
ゴムやナイロン等様々な複合的素材が含まれているのです。

こういった技術も
沢山のフィードバックから
すこしづつ進化していった流れで
スキーのゴーグルというのは常に成長しているのです、

ゴーグルで高度な技術を提供しているメーカーは
世界中をみてもたくさんあるとおもいます。

しかしその半面
何種類かの技術から
様々なアイデアをえるために
パフォーマンスをチェックしているブランドもあるのです、


たとえば
戦略的に配置した通気孔によって
連続的な空気の流れを維持する事で
つねに快適な視野を確保する技術も向上しています。

一定の空気の流れに関する基準を設ける事で
スキーやスノーボード中にも低い速度で空気の流れを得る事が出来
高い曇り除去の性能を得る事ができるのです、

オススメ人気ゴーグル

またアウトリガーポジションを設定する事で
ヘルメットを使用した際にもくうきの流れを妨げず
そして雪が進入してくる事を防ぎます。

ゴーグルに設定されたストラップは
最適な快適性と最高のパフォーマンスを
スキーヤーやスノーボーダーにていきょうするため
様々な進化が遂げられているのです。
0

2013/3/8

スノーゴーグルの歴史  

スノーゴーグルの歴史というのは
シベリアやアラスカ等のイヌイットに遡ります。

考古学的にも古い雪やゴーグルというのは
太陽の眩しさあ雪の失明を防止する為に
数千年前から使われていたと見られています。

極端なケースかもしれませんが
雪上で生活する人に取って日光は辛く
最悪の場合失明する恐れすら合ったのですから

スキー用もしくはスノーボード用のゴーグルが
日光を上手く扱う為のギアである事は理にかなっています。

またゲレンデで最適なフィット感をえるために
自分とゴーグルのペアを最適化するシステムが必要でした。
常に自分とピッタリな条件というのは得られないので
高価なスノーゴーグルというのはヘルメットに着用出来るようになっています。

ゴーグルは進化と共に
レンズの色等も最適化されていきました。

それは何故かというととても簡単で
日差しから目を守る事いがいにも
ゴーグルの必要性を感じるようになったからです。

さきにも書いたように
雪の上で使うゴーグルの発端は
日光や反射した光から目を守る事でした。

このばあいは可視光線透過率が低いものだけを作れば良いのですが

ゴーグル自体が顔を守るものという
別の用途でも必要とされた時
レンズカラーという概念が生まれたのです。

例えばナイターや
ガスっているときというのは
日光から目を守る必要はありません。

ゴーグル

そのため
光を通すゴーグルが必要となり
レンズは様々な色の進化をひつようとしました。

このようにして
ゴーグルも人が求める事を
さらに進化して高い次元で組み合わされ
より良い物に進化していったのです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ