借り入れ金額は

2013/3/6 
昨日聞いた話ですが、
一つ目の教育一般貸付は、入学・在学中の子供の保護者の方向けです。年収によって制限があります。年間の世帯収入が定期収入者(会社員、派遣、アルバイトなど)の場合は990万円以内、自営業など事業所得者については770万円以内であることです。融資金額は、学生1人につき最高200万円までです。申し込み先は国民生活金融公庫、近くの金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協など)です。
一般的なものは、教育一般貸付です。入学・在学中の子供の保護者の方向けです。年収により融資制限があります。年間の世帯収入が定期収入者(会社員、派遣、アルバイトなど)の場合は990万円まで、自営業など事業所得者については770万円までとなります。借り入れ金額は、学生1人につき最高200万円までです。申し込み先は国民生活金融公庫、近くの金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協など)です。二つ目の郵貯貸付は、教育積立郵便貯金の預金をされている方を対象にしています。融資額は、学生1人につき200万円までです。現在積み立てしている教育積立郵便貯金が融資限度額となります。申し込み先は、全国の郵便局(簡易郵便局を除く)となります。
郵貯積み立てが必要なものがあります。郵貯貸付です。教育積立郵便貯金の預金をされている方が対象です。借り入れ額は、学生1人につき200万円までです。現在積み立てしている教育積立郵便貯金が融資限度額となります。申し込み先は、全国の郵便局(簡易郵便局を除く)です。いろいろな利用の仕方があるんですね。
0

提出することで与えられる

2013/3/6 
この前知り合いから聞いたんですが、
勉強の方法が分からない。分からないところが分からない。どこでつまずいているから問題が解けないのか分からない。どんな質問をすれば良いのか分からない。こんなことが分からないなんてお父さんお母さんは分からない。この分からないを分かっていて、その対策が出来るのが進研ゼミ中学講座です。自分の頭で考えることの出来る力を付けてください、進研ゼミ中学講座で。そして高校受験に合格してください。努力賞制度というシステムがあります。この努力賞制度は問題を解いて課題を提出することで与えられるポイントによって、賞品がもらえるシステムです。この努力賞制度によってやる気をアップし自ら勉強をするようになります。またチャレンジというメイン教材の他にも中学生活全般のバラエティに富んだサポートや質問カードという個別のアドバイスがもらえる制度があるのも進研ゼミ中学講座の大きな特徴です。
チャレンジという名前のメインの教材の他にも中学生活全般に役立つサポートや、質問カードという個別のアドバイスがもらえるシステムも進研ゼミ中学講座の良いところです。また努力賞制度は課題を提出することで与えられるポイントいいですよね〜これって。
それから、こっちも参考になりますよ。
どうでしょうか。
踏み出せないこと
0



AutoPage最新お知らせ