2013/3/7

は住宅購入のときに住宅  

昨日聞いた話ですが、
新規に住宅を購入・住宅ローンの借り入れを予定されている方にも住宅ローンアドバイザーの養成講座は役に立つものです。講座は二通りあり、基礎コースと応用コースにわかれています。住宅ローン見直しなど住宅ローンを基礎から理解するために良いでしょう。もう一つのコースである応用コースは実務者向けです。住宅ローンの借り入れする人へアドバイスを行なう者向けの専門家コースとなります。
専門家向け以外にも養成講座は受付されています。新規に住宅を購入する場合は住宅ローンアドバイザー養成講座の基礎コースを受けるとよいでしょう。講座は2通りあり、もう一つは応用コースがあります。住宅ローンを基礎学べます。実務者向けは、もう一つのコース=応用コースはです。住宅ローンの借り入れする人へアドバイスを行なう専門家コースです。ローンの見直しにおいては住宅購入の際に住宅ローンの設定を不動産業者任せにしてしまった場合、基礎情報を持たないため、住宅ローンの繰り上げ返済、借り換え、固定金利・変動金利や手数料など支払方法の見直しについて基礎知識を持たない購入者をサポートします。購入者にとって公正なアドバイスをする頼もしい味方といえるでしょう。
ローンの見直しする際には住宅購入のときに住宅ローンの返済方法を不動産業者任せにしてしまっていることが多いため、住宅ローンの基礎知識を詰め込んで、住宅ローンの繰り上げ返済、借り換え、固定金利・変動金利や手数料など支払方法の見直しにとりかかる必要があります。購入者にとって公正なアドバイスをするのが住宅ローンアドバイザーの役目です。びっくりだよね。
更に

「相場が激しく動いた時には、各通貨のスプレッド(売値・買値の幅)は一般的に拡大する傾向にありますが、FXプライムは、独自のプライシングシステムにより、相場が乱高下する場合においても、安定したプライス提示を実現することが可能です。
FXプライムは、みずほ信託銀行と提携し、私たちが証拠金として預ける大切な資産を分別管理するだけでなく、信託保全しています。また、独自のプライシングシステムの構築により、相場が急変した時でも安定したプライス提示を実現しております。」

なんだって!
意外な感じがするね。
0

2013/3/7

自営業など事業所得者については  

昨日聞いた話ですが、
修学旅行費用、学生の国民年金保険料などです。返済期間は10年以内です。例外的には交通遺児家庭または母子家庭の方は、1年の延長が可能です。返済方法は毎月払い、ボーナス併用が選択可能です。融資の対象となる学校は、一般の学校となります。大学、大学院、短期大学、高等学校、高等専門学校、専修学校、予備校などです。この教育ローンには3つの種類があります。教育一般貸付、郵貯貸付、年金教育貸付です。教育一般貸付とは、対象となる学校に入学・在学される子供の保護者で、世帯の年間収入が給与所得者については990万円以内、事業所得者については770万円以内の方向けです。融資金額は、学生1人につき200万円以内です。取扱窓口は国民生活金融公庫の各支店、最寄りの金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協、漁協でも取り扱いされています。教育資金融資保証基金の保証または連帯保証人(1名以上)が必要となります。
教育一般貸付は、対象となる学校に入学・在学中の子供の保護者で、世帯の年間収入が会社員(派遣・アルバイト含む)の場合は990万円以内、自営業など事業所得者については770万円以内の方向けです。融資金額は、生徒1人につき200万円以内です。取扱窓口は国民生活金融公庫の各支店、最寄りの金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協、漁協において取り扱われています。教育資金融資保証基金の保証または連帯保証人(1名以上)が必要となります一つ目の教育一般貸付は、入学・在学中の子供の保護者の方向けです。年収によって制限があります。年間の世帯収入が定期収入者(会社員、派遣、アルバイトなど)の場合は990万円以内、自営業など事業所得者については770万円以内であることです。融資金額は、学生1人につき最高200万円までです。申し込み先は国民生活金融公庫、近くの金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協など)です。
一般的なものは、教育一般貸付です。入学・在学中の子供の保護者の方向けです。年収により融資制限があります。年間の世帯収入が定期収入者(会社員、派遣、アルバイトなど)の場合は990万円まで、自営業など事業所得者については770万円までとなります。借り入れ金額は、学生1人につき最高200万円までです。申し込み先は国民生活金融公庫、近くの金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協など)です。ってそんな事の知ってましたか?
憧れていた
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ