2013/3/7

自営業など事業所得者については  

昨日聞いた話ですが、
修学旅行費用、学生の国民年金保険料などです。返済期間は10年以内です。例外的には交通遺児家庭または母子家庭の方は、1年の延長が可能です。返済方法は毎月払い、ボーナス併用が選択可能です。融資の対象となる学校は、一般の学校となります。大学、大学院、短期大学、高等学校、高等専門学校、専修学校、予備校などです。この教育ローンには3つの種類があります。教育一般貸付、郵貯貸付、年金教育貸付です。教育一般貸付とは、対象となる学校に入学・在学される子供の保護者で、世帯の年間収入が給与所得者については990万円以内、事業所得者については770万円以内の方向けです。融資金額は、学生1人につき200万円以内です。取扱窓口は国民生活金融公庫の各支店、最寄りの金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協、漁協でも取り扱いされています。教育資金融資保証基金の保証または連帯保証人(1名以上)が必要となります。
教育一般貸付は、対象となる学校に入学・在学中の子供の保護者で、世帯の年間収入が会社員(派遣・アルバイト含む)の場合は990万円以内、自営業など事業所得者については770万円以内の方向けです。融資金額は、生徒1人につき200万円以内です。取扱窓口は国民生活金融公庫の各支店、最寄りの金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協、漁協において取り扱われています。教育資金融資保証基金の保証または連帯保証人(1名以上)が必要となります一つ目の教育一般貸付は、入学・在学中の子供の保護者の方向けです。年収によって制限があります。年間の世帯収入が定期収入者(会社員、派遣、アルバイトなど)の場合は990万円以内、自営業など事業所得者については770万円以内であることです。融資金額は、学生1人につき最高200万円までです。申し込み先は国民生活金融公庫、近くの金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協など)です。
一般的なものは、教育一般貸付です。入学・在学中の子供の保護者の方向けです。年収により融資制限があります。年間の世帯収入が定期収入者(会社員、派遣、アルバイトなど)の場合は990万円まで、自営業など事業所得者については770万円までとなります。借り入れ金額は、学生1人につき最高200万円までです。申し込み先は国民生活金融公庫、近くの金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協など)です。ってそんな事の知ってましたか?
憧れていた
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ