2012/3/1 | 投稿者: shenmeshenmeya

windowsの最新OSとして、Windows7はXPよりずっと太くて、勝手に使われると、遅い パソコンになってしまいます。では、例えwindows 7をインストールしたパソコンにCドライブの使用率は平均45gbでも、容量は100GBあればc ドライブ が いっぱいじゃないし、余裕なのでしょうか。

本当はユーザーデータにもよりますが、45GBなら、ユーザーデータは、あまり多くないので100GBで十分ですが、もしCドライブ少数派なら、100gbにパーティション設定しなくていいですが、最低でも50GBは必要です。OS?アプリケーション(可変要素あり)部で約20GB、その他データ部10GB、復元ポイントやUpDateで使用する、シャドーコピー領域10GB、デフラグ(最適化)用作業エリア10GB(Cドライブ総容量の10%必要)等々で多少多めに見積って60GB前後と判断しますから。

また、よく言われている話ですが、windows7 高速化させたいなら、よほど複雑なソフトを多数入れない、定期的に不要ファイルを消せば、いつでも余裕だと思います。
0

2012/2/13 | 投稿者: shenmeshenmeya

パソコンの動作が遅いため、メモリ 最適化や増設作業をすれば、大分改善できるそうですが、具体的にやると、以下のようなことを知っておかないとだめです。

1.メモリの種類に、PC2100などがありますが、数が大きいほどパソコンは早くなるのです。

2. パソコンに、サポート以外の種類でも取り付けすることは可能ですが、違う型として認識されることがあります。

3.たとえメモリの容量を、1ギガ以上にと思うのなら、同じくパソコン 遅い状況を改善できますが、512×2でデュアルのより1GB1枚の方が良いです。特にDDRメモリーのような相性が出やすいメモリーは異なる規格では正常に作動しない事が多いです。

4.OSはXPなら1GB以上にすると快適に動きますが、Vistaなら最低2GBと成ります。
0




AutoPage最新お知らせ