2013/5/9

(無題)  


Gスポットを刺激媚薬されると女性はまず尿意を感じます、これはGスポットが膀胱にとても近い場所に位置しているためです。尿意に構わずにさらに刺激を続けると性的な興奮に至ります。Gスポットの刺激によって到達するオーガズムはクリトリスへの刺激で得られるオーガズムよりも深い絶頂感です。ここでGスポットを直撃する体位のポイントを紹介しましょう。

Gスポットは膣前壁、すなわち膣のお腹側の壁に位置しているので、これを指で刺激することは比較的簡単です。しかし性交中にペニスでGスポットを刺激するには、挿入の角度に工夫が要ります。亀頭が膣前壁を「こそぐ」ように挿入できる体位のみがGスポット用だと言えます。
0

2013/5/8

(無題)  

若い女性の主な避妊方法

「避妊」媚薬といえば、まずコンドームを連想しますが、最近の20代女性の避妊方法が多様化しているという情報を入手。そこで実際に20代女性に聞いてみました。最近の女性はコンドーム

やピルだけではない避妊法を実践しているようです。あなたはこんな避妊法、知ってますか?機会があれば、コンドーム以外の避妊方法を確認して試してみてください。ただし、性感染

症を防ぐためにも、コンドームなどの避妊法と併用することをオススメしています。

緊急避妊法失敗率は、ある医学書では2.6%となっています。これを高いと見るか低いと見るかは賛否わかれるところですが、定期的に行われる避妊より効果は低い、と言えます。なぜな

ら、一回限りの使用に対する妊娠率を算出しているものであり、百人の女性が一年間に起こる妊娠率を求めるほかの避妊法とは比較できないからです。が、仮に緊急避妊法を性交の度毎

に行って他の避妊法同様の妊娠率を求めて比較した場合、他の避妊法より、妊娠率が高いことが推測されます。そのため、緊急避妊法は継続的に行う避妊としては効果は薄いと考えて下

さい。

★IUDは最長5年間程度の避妊効果があります
IUDとは病院で子宮内に小さな器具を入れて、避妊効果を得る方法です。現在のIUDは料金は施設によりますが大体3〜4万円程度。長い目で見るとピルを飲み続けるより低料金で、長期間

妊娠を望まない人には人気があるようです。麻酔も必要なく簡単に装着、除去が出来るのだ。

★有名な避妊方法―「基礎体温法」
これは結構有名です。朝、目が覚めてすぐに婦人体温計で体温を測定し、排卵日を予想する避妊方法。ただ、風邪を引いたりすると、基礎体温のグラフが乱れて排卵日の予測ができなく

なるので、避妊方法としては完璧ではありません。

★殺精子剤で避妊する方法
「殺精子」って名前は怖いのですが、その名の通り精子を殺す錠剤を膣内に入れる避妊方法です。名前の割に単独での避妊効果は高くないので、他の方法との併用が良いと言われていま

す。薬が溶けて効果が現れるまで10分、効果の持続は1時間。気軽にできる方法ではあるけれど、時間の制約があるため「時間が気になって、雰囲気が盛り下がる」なんてことも。

どうでした?あなたは全部知っていましたか?みんながコンドームで避妊してると思ったら大間違いかも!たまには別の避妊方法を試してみるのも、案外刺激になったりするかも。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ