2013/5/9

(無題)  

事後ピルの使用法としては精力剤、副作用の吐き気によって薬を吐いてしまうことを防ぐために、まず、吐き気止めを飲み、その1時間後に処方された量の1回目の分を飲みます。そしてその12時間後に2回目の分を飲みます。薬を飲んでから1時間以内に吐いてしまった場合は吸収されていないと考えられるので、同じ量をもう一度繰り返して飲むか、あるいはその倍量を膣内に坐薬として使うこともあります。

そして、次の生理が来るまでコンドームを使うか、あらたに毎日飲むピルを処方してもらって次の性交で妊娠することを防ぎます。もし、生理が3週間たっても来ない場合は、妊娠の可能性があるので、受診して下さい。事後ピルを使った場合の妊娠の可能性は女性のサイクルによって異なります。

一番妊娠しやすいのは排卵の5日ほど前から排卵の日までぐらいです。基礎体温をつけていてサイクルがはっきりわかっていればコンドームを使わずに性交があった日が安全日かそうでないのかがはっきりわかるのですが、わからない場合が多いものです。したがってコンドームをつけずに性交があった場合はすべて妊娠の可能性があるとして対処する必要があります。

もっとも妊娠しやすい時期に失敗があったとすると、妊娠の起こる確立は約36%と言われています。その場合、事後ピルを72時間以内に飲めば妊娠の確率を9%からそれ以下まで下げることができます。全体で見ると事後ピルを飲んだ人のうち、妊娠するのは1〜3%程度です。なお、事後ピルは妊娠を防ぐために用いるもので、もうすでに妊娠をしてしまっている場合には効きません。

性交後3日以内に外来に来た時に、すでに吐き気があるとか、乳房が張った感じがあるとか、最後の生理が1ヵ月以上前だったり、最後の生理が異常に軽かったなどの場合は、すでに妊娠している可能性があります。これは、たとえ今回の性交後から3日目以前だったとしても、それよりももっと前の性交が原因の妊娠なのです。妊娠しているのに気づかず事後ピルを飲んだとしても、胎児に悪い影響がある可能性は非常に低いのですが、もし妊娠していたら継続したいという人は慎重に考えるべきでしょう
0

2013/5/8

(無題)  

媚薬は、主に性的な興奮を向上させる薬の総称として用いられていますが、作用については個人差が激しいといえるでしょう。基本的な媚薬の中には精神を操作することができるほどの

媚薬はほとんどありません。ですので、「惚れ薬」と呼ばれる媚薬は、実はこの世には存在しない架空の薬品であると言われています。また、媚薬とは本来興奮剤としてだけではなく、

精力がつく薬品や食べ物の総称とされていました。

性欲を高める媚薬の効果は調べてみると…局部などが

→ アツくなる!
→ スーッとする!
→ ムズムズする!
→ あそこがいい匂いになる!
→ 敏感になる!
→ 感度アップ!
→ 匂いを抑える!
→ 引き締め効果!

といった媚薬の効果なんかが望めるそうでタイプ的には『クリーム、パウダー、リキッド、カプセル、錠剤、ドリンク』などがあるようです。効き方もスグ効く物から後から来るものな

ど様々な様です。

ただアラジンの社長曰く…ぶっちゃけ本当に効果を感じられる様な物は少ないそうで効果も個人差が大きいようで社長をもってしても本当に良いモノを見つけるのはなかなか至難の業だ

とか…。そんな訳でアラジンに来るお客さんはアラジンの社長にアレコレ情報を聞いて購入しているようです。

アラジンの場合全て社長が効果を試したものノミ媚薬販売しているのでその辺は安心感があります。但し社長自ら『こんな媚薬ゴミ同然!』って言ってる媚薬も置いてあったりします〜

(売る気があるのかないのか?ただ社長曰く良い物を見つける為にはゴミみたいなモノでも一度は店で購入してためす必要があるとか。。海外モノも多くたくさん商品が出ている媚薬は

…本物で良い物を見つけるのはかなり大変だそうです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ