2013/2/9

レミゼラブルを観て来た  

昨夜は娘と待ち合わせて、映画『レミゼラブル』を観て来た。
水曜日はレディースディで安く観られる、という思い込みがあって、「奢ってあげるよん(*^^*)」と太っ腹なところを見せた私であったが、先に着いた娘が言うには、「1800円だったよ、二枚買っといたけど。レディースディはここ月曜日だって。クランベリージュースとポップコーンもね〜(^o^)」だと。

むむぅ〜‥‥。
残念だが仕方ない、ちゃんと確認しなかったもんな〜。水曜日に見せかけて裏をかかれたか!
茨木のマイカル、あなどれんなぁ。
しかし‥‥、ツメが甘いのは毎度のことだが、この性格治らん‥。(泣)

この映画、全編ミュージカル仕立てのなかなか良い映画だった。
暗く陰惨なシーンもあり、時代背景からして庶民の暮らしの貧しさも相当なもので、そこは観ていて身体が硬くなってしまう場面もあったが、ずっと流れる音楽とセリフの代わりの歌が、「これはお芝居を観ているんだ。これはひとの作った作品なんだ。」という無意識のオブラートが、映像が放つリアルなおどろおどろしさを包んでくれるために随分と救われたような気がする。
また、俳優達の歌は賛否両論あるようだが、自分には大変素晴らしく感じた。
本職の歌手でないものでも、(もちろん一流の歌唱指導は受けているんだろうが)ひとの心に訴えかける歌が歌えるのだなあだという気づきである。また劇中歌『夢やぶれて』の訳が非常に良かった。恥ずかしながら、今まで何のことを歌っているのかさっぱりピンと来なかった歌だが初めて理解できた。


パン一個盗んだ罪で19年も監獄に繋がれた主人公ジャンバルジャ
0

2013/2/9

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ