2011/11/2 | 投稿者: gmitmvnk123

私と彼は急いで弟君のアパートに向かいました。
そして弟君の部屋の前にくると彼はポケットあさりだして、鍵を取り出しました。
私が驚いて、「合いカギもあるの?」と聞くと「もしものときのためにね。使うのは今回が初めてだよ。」
そう言って部屋の中に入って行きました。
私も彼の後ろからついていきました。
すると弟さんはベットに横になっており「お兄ちゃん。ごめんね。」
そううっすらと目をあけながら言いました。
それから数秒経ったあと目を見開いて「お兄ちゃん!?誰!?」と私のほうを見て言ってきました。
そして彼は少し悩んで「ん〜。友達。さっきまで一緒に遊んでてお前の話したら、一緒に着いてきてくれた。」
そう言うと、「彼女さんですか。なんかすいません。せっかくのデートを邪魔しちゃって。」
そのとき私は彼の「友達」という言葉と弟君の「彼女」という言葉に一喜一憂していました。
そして私達は彼をまた横にして、お粥を作ったり薬を飲ませたりして時間を過ごしました。
1時間ほど経つと弟君は少し楽そうな顔をしていました。
そんな弟の表情をみて彼は安心するように微笑んでいました。
それから私達は弟君の部屋にあったWiiで遊びました。もちろん音量は下げて(笑)
そして夕方くらいになると弟君が起きてすっかり普通の表情をして「ご迷惑おかけしました。」と言ってきました。
その言葉を聞いて安心した彼は私に「ご迷惑おかけしました。夕飯どうする?」と言ってきました。
そう言われたので私は「じゃああそこのパスタ食べに行こう。」と提案しました。
この日から一週間ほど経った日に、私と彼は付き合うことになりました。
SEXと性格の問題
0

2011/10/22 | 投稿者: gmitmvnk123

夏は祭りやイベントの季節、カップルにとっても数々の夏ならではのイベントが用意されています。屋外でのキャンプやライブイベント、バーベキュー、屋外には屋外ならではの開放感からくる楽しさ、爽快さがありますね。ふたりでのデートでも、アウトドアでのイベントを設定してみましょう。日常とは違うちょっと不便な生活もふたりで行えば、楽しい愛のイベント。上手に準備して段取りできたなら、頼もしい男性だと思われることも確実です。
コテージやテントでの一夜をあかす、ふたりきりの夜のイベントも外せないところ。狭い寝袋やコテージのベッドといった制限された状況でのエッチもいつも以上に盛り上がるかもしれません。テントなどは布切れ一枚向こうは屋外だと思うと、ドキドキ度も相当高いです。虫や草木の音に包まれて肌を重ねあう・・・。
ここで注意したいのが衛生面です。アウトドアなので、おそらくシャワーなどない環境でしょう。手を洗うのにも制限があるかもしれませんが、女性の体を触る前には、十分に手を洗うなど、神経質になってください。大自然の中での屋外でのセックスも良いですが、体内に土やホコリなどの異物が入らないように、くれぐれもご注意を。
そして、制限のある状況下でムリにセックスする必要もありません。抱き合ったりキスをしているだけでも、十分忘れられない夜になることでしょう。女性のことにも気を使いながら、解放的なアウトドアの夜を楽しみましょう。
0

2011/10/22 | 投稿者: gmitmvnk123

今やセックスレスは夫婦間だけの問題ではなく若い男女のカップルにも多く見られる深刻な問題となってきました。特に若い男女においては、男性側に問題があることが多く、その理由としては若い男性が草食系男子になってしまっているからです。それに反して若い女性は肉食系がいまや主流となりつつあります。その理由もあり最近ではセフレサイトを躊躇なく利用する既婚女性や、彼氏がいる女性が急増しています。彼女たちは自分に対する言い訳さえあればいいのですから「セックスの相性が悪い」という理由だけで罪悪感もなく他の男性とセックスをするわけです。最近ではネット上でも話題になっていますが、北海道札幌市のいくつかのサイトでそのような超肉食系の女性の利用が急増してきているようです。出会い系サイトを利用する男性にとってみれば非常に美味しい状況になってきているといえましょう。こんなチャンスはそれほどあるものではありません。もちろん札幌市のセフレサイトだけが盛り上がっているわけではありません。全国レベルでほとんどの地域で同じような現象が起きているようです。特に若い女性が好きな男性であれば積極的にいろいろなサイトをのぞいたりしてできるだけ多くの女性にアプローチするようにしましょう。

0

2011/10/6 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ