自動車に取り付けてあるエアコン  

自動車に取り付けてあるエアコン。
基本的な構造は、冷房の場合は通常のエアコンと変わりなく、
コンプレッサーを使う方式である。

コンプレッサーは電磁クラッチの断続によって
エンジンの動力で冷媒を圧縮し、圧縮されて蓄熱された冷媒は、
車両前方のラジエーター前などに配置されたコンデンサー(凝縮器)で
走行風や電動ファンによる強制空冷で冷却されガス状の冷媒が液化される。

液化された冷媒は室内エアコンユニットの
エバポレーター(蒸発器)に送られる。

エバポレーターにはエキスパンションバルブ(膨張弁)が内蔵されており、
ここで液化された冷媒が一気に気化されることにより、
冷房サイクルが成立する。

冷房を終えた冷媒はコンプレッサーに返送され、
一部の余剰の冷媒は必要に応じてレシーバータンク(貯蔵庫)に
蓄えられて再液化及び乾燥剤による除湿が行われる。


上手なヘアアイロン方法
0




AutoPage最新お知らせ