水素の力

2017/7/27 
最近、水素水ブームですが、水素の分子には2つの特徴があります。 まず一つは、非常に小さな分子であることです。このため、何でも、どこでも通り抜けてしまいます。一見、全く隙間がないように見えるペットボトルやレトルト製品のパウチだって、スイスイと通貨してしまいます。このため、容器に入れて水素の高濃度を維持するのは大変な工夫が必要なのです。


もう一つは、水にも脂にも非常に良く溶けると言うことです。水素が体内に吸収されると、この水素の行く手を阻むものはゼロです。



高濃度の水素水を一定量摂取すれば、全身に隈なくスムースに行き水素を渡らせることが可能なのです。



老化を促進する元凶として、「活性酸素」が挙げられておりますが、国民病の一つである「がん」も、細胞内の遺伝子が活性酸素によって傷付けられるために発症します。



ところが、水素が体内に取り込まれると、この活性酸素と結合して、無害な水へと還元してくれるのです。



水素の還元効率は非常に高く、分子量で比較するとビタミンCの約170倍、ビタミンEの約430倍、ポリフェノールの約221倍、コエンザイムQ10の約863倍もあると言われております。



こうした高い抗酸化力は、そのままアンチエイジングへとつながります。加齢によるシミやくすみの原因は、肌にある皮脂腺から分泌される脂質と、活性酸素が結び付いて酸化し、これが、毛穴を詰まらせてしまう過酸化脂質となるためです。



また、毛穴の詰まった角栓は、正常なターンオーバーが行われなくなって、紫外線によって発生した大量のメラニンを排出することができません。これがシミやくすみとなります。こうした負の連鎖を断ち切るためには、水素が重要な役割を果たしてくれるのです。


水のダイエット効果
0
タグ: 水素 ダエット

災害時の炊き出し訓練の必要性

2017/7/13 
災害時に電気、ガス、水道などのライフラインが遮断された状態では、家庭ではカセットコンロと鍋でご飯を炊くことになりますが、炊飯器のように目盛りがない上に、火力の調整が必要です。


昔のように、釜を使って「かまど」にマキをくべて飯を炊いていた時代であれば、こんなことは簡単なことですが、電気釜が普及した今日では、日頃から訓練していないと結構難しいものです。できれば、日頃からコンロと鍋を使って、ご飯を炊く練習をしておきましょう。



遠足に出かけるときには、各自が持ち寄った米を実際に炊いてみるのも、避難訓練につながります。



被災地で暖かいご飯を食べたいと思っても、米が入手しにくい上に、こめを焚くための水、釜、かまど、燃料の5点セットがないとご飯は炊けません。



このため、避難所にはこうしたものの備蓄が必要ですし、ご飯を炊いた経験がないと、いざというとき右往左往することになるため、普段から訓練しておき、誰もがご飯を炊けるようにしたいものです。



避難所にはお腹を空かせた人々が沢山集まってきます。500人集まると、1人おにぎり1個だけでも、500個必要です。
このため、何升もの米を大きな釜で一度に焚く必要があります。その場合は、普通の炊き方ではなく「湯炊き法」で炊くことになります。これは、最初に計った水を釜に入れてふたをして、沸騰したら米を一気に入れて炊く方法です。これだと、加熱が均一で、炊きむらがなくおいしくできあがります。こうした焚き方も、折を見て訓練しておくことも大切なのです。


水素水サーバーのメリットとデメリット
0
タグ: 災害 焚き出し



AutoPage最新お知らせ