谷将貴の最新練習法「ゴルフ非常事態宣言」口コミ/体験談  



谷将貴の最新ゴルフ理論「ゴルフ非常事態宣言」
現在、モニター価格でご提供とキャッシュバック
を実施中!!

・口コミ/体験談
・練習法のQ&A
あなたはゴルフをラウンドする時に、こんなことに悩んでいませんか?
◎ティーショットで、毎回スライスしてしまう・・
◎ヘッドスピードが遅く、芯に当たっていないため、飛距離がまったく出ない・・
◎ボールを上げようと意識すると、決まってトップしてしまう・・・
◎飛ばしたい時に限って、必ずダフってしまう・・
などなど・・・
そんな悩みを「ゴルフ非常事態宣言」が解決させていただきます!!

私、谷将貴はアメリカでのゴルフ留学で最先端のスイング理論をマスターし
「ゴルフ非常事態宣言」の最新ゴルフ理論をまとめ、これまで延べ30,000人
以上のゴルファーの飛躍的なスコアアップを実現させてきました。


>>詳細はこちらから

そのゴルフ練習法の概要について、一部ご紹介します。
@ゴルフを短期間で上手くなるため、ある3つの要素だけに集中し徹底的に練習をます。
Aトップアマはドライバーでは練習をしません。なぜ、ドライバーでスイング作りをし
てはいけないのか?その理由をお伝えします。
Bグリップの仕方は、4つの注意点があります。
Cゴルフクラブ13本の基本的な使い方は、すべて一緒で変わるのは前傾だけなのです。
Dドライバーの飛距離を格段にアップさせたいと思っているあなたに、最新バックスイング
理論をお教えします。
Eもしあなたがスコアを最速で伸ばしたいというのなら、まずはインパクトをマスター
する必要があります。
*この内容を具体化した練習法が最新ゴルフ理論であり、取り入れることによって飛躍的
にスコアをアップさせます。


>>詳細確認、ご購入申込はこちらから

口コミ/体験談を紹介致します。

大阪府 飯牟礼 良太様 35歳より

最初はとても半信半疑でしたがDVDを見る前に
詳しく解説してある特別冊子を読みました。

最初からいきなり(グリップの握り方)から衝撃を受け
知らない事がいっぱいある事に気付きました。
それから最後のショートゲームの攻略法までいっきに読んで
なるほどね〜の連続でした。

そしてその後すぐDVDを見ましたが今度は文章のイメージから
映像も加わり更に分かりやすく映像と一緒に実際にも自分で
出来るのでとても早く身に付いたと思います。
そして次の日、早く試したいので早速練習場に行き素振りや
冊子をよく読んでボールを打った所、最高です。
球筋は以前と違うし、方向性も格段に良くなりました。
もちろん飛距離も伸びています。(約20〜30y 250yドライバー)
それが嬉しくて早速いつも行ってるコースに行きました・・・
>口コミの続き<

最新ゴルフ理論:指導内容のQ&Aを紹介します。

@Q:雑誌等で、バックスイングでは、体重の8割〜9割を右足に
   乗せるのが良いと書かれていますが、その通りっでしょうか?
 A:8割〜9割と極端に右足に体重を乗せてしまっては、アドレスで
   作った前傾姿勢をキープしたままでトップオブスイングを作る
   ことはできません。
   そのため多くのゴルフプレーヤーたちが、必要以上に体を回し
   てしまう ことになり、右へのスウェーといった悪癖もついて
   しまっているのです。
   >Q&Aの続き<

↓ご購入申込はこちらから↓

2

ゴルフ非常事態宣言のQ&A  

最新ゴルフ理論の指導内容Q&Aを紹介します。

@Q:雑誌等で、バックスイングでは、体重の8割〜9割を右足に
   乗せるのが良いと書かれていますが、その通りっでしょうか?
 A:8割〜9割と極端に右足に体重を乗せてしまっては、アドレスで
   作った前傾姿勢をキープしたままでトップオブスイングを作る
   ことはできません。
   そのため多くのゴルフプレーヤーたちが、必要以上に体を回し
   てしまう ことになり、右へのスウェーといった悪癖もついて
   しまっているのです。

AQ:ボールを遠くに飛ばすには、体のひねり(上半身の回転量)と
   スピードが必要なのでしょうか?
 A:より大きな飛距離を出すために体のひねり(上半身の回転量)
   が必要になってくるという常識ですが、これも間違いです。
  実際は、ボールをより遠くに飛ばすためには、テークバックで
   の右手首と右腕の角度
   は90度、右ヒジの角度も90度、この状態で肩を回す角度も90度
   です。
   これが重なった形がトップオブスイングになります。

BQ:トップからダウンスイングへと移る切り返しで、フルパワー
   でボールを叩くのが良いのでしょうか?
 A:トップからダウンスイングへと移る切り返しで、フルパワー
   でボールを叩くということも常識となっていますが、この考え
   方も大きな間違いです。
   ボールに対して力を発揮しようとすると、ダウンスイングで
   右腰、右足だけでなく、右腕も前に出る動きになり、クラブが
   正しいインパクトプレーンから外れてしまいます。
   なので、トップからダウンスイングへと移る切り返しで、力を
   出す正しい方向は、ボールではなく、「目標」ということにな
   ります。
   体のラインと平行に力を出していくことで、結果的にボールを
   より強く押せるようになるのです

>トップページに戻る
0

ゴルフ非常事態宣言の口コミ/体験談  

口コミ/体験談を紹介致します。

大阪府 飯牟礼 良太様 35歳より

最初はとても半信半疑でしたがDVDを見る前に
詳しく解説してある特別冊子を読みました。

最初からいきなり(グリップの握り方)から衝撃を受け
知らない事がいっぱいある事に気付きました。
それから最後のショートゲームの攻略法までいっきに読んで
なるほどね〜の連続でした。

そしてその後すぐDVDを見ましたが今度は文章のイメージから
映像も加わり更に分かりやすく映像と一緒に実際にも自分で
出来るのでとても早く身に付いたと思います。
そして次の日、早く試したいので早速練習場に行き素振りや
冊子をよく読んでボールを打った所、最高です。
球筋は以前と違うし、方向性も格段に良くなりました。
もちろん飛距離も伸びています。(約20〜30y 250yドライバー)
それが嬉しくて早速いつも行ってるコースに行きました・・・

1番ホール484yロングホール1発目のドライバーティーショット
いきなりパチーンとするどい球筋(方向は少し右でしたが)
推定距離250〜260yは飛んでると思います。

いつものメンバーにどないしたんと、びっくりされました。
その後も距離感と多少の方向性は悪い時もありますが
大きく崩れる事はなく、なんと念願の80台が出ました。

その2日後に自社主催のコンペで同じコースを回りましたが、
前回同様パチーンと球筋の良い飛距離のある球が打てました。
これは間違いないと自負しました。

今後もこのマニュアルを大切に何度も見ながら自分なりに
工夫し今度は70台を目指したいと思います。

谷将貴様本当にありがとうございます。

>最初のページの戻る<
0




AutoPage最新お知らせ