ようやく筒香にホームランが出た(動画あり)  横浜DeNAベイスターズ

4月25日の甲子園球場での阪神タイガース−横浜DeNAベイスターズの試合は、0−1で横浜が勝ちました。

4月26日の甲子園球場での阪神タイガース−横浜DeNAベイスターズの試合は、雨天中止でした。

4月27日の甲子園球場での阪神タイガース−横浜DeNAベイスターズの試合は、5−2で阪神が勝ちました。
筒香選手の今年の1号ホームランの動画
https://www.youtube.com/watch?v=9Giqb3ok0eg

カードは1勝1敗で成績はイーブンでした。これで4カード連続負け越しなしとなりました。

初戦はルーキーの濱口投手の力投と中継ぎ投手たちの好投で完封リレーで今年の阪神戦初勝利でした。

3戦目は序盤から先発の井納投手の乱調から大量失点した流れの悪さもあり、超苦手の天敵藤浪投手が調子悪そうだったにもかかわらずまたも勝利を献上してしまいました。最後の方は、平田投手を使ったり、代打で西森捕手や山下選手を使ったり、お試し采配も目立ちました。ただ筒香選手にようやく今年初ホームランが出たし、タイムリーでも打点は稼げるようになっているので、底は脱出し上り調子ではあるようです。ただ宮崎選手の離脱から打順の変わった梶谷選手やロペス選手の調子は落ちているので、なかなか難しいです。そんな中ずっと調子の上がらない倉本選手ですが、この日も3連続三振の後はゲッツーとさっぱりです。守備も去年ほどの安定感がないし、実績も去年だけなので、調子が上がらないままだったら無理に固執せず柴田選手あたりと競争しなおしてほしい。投手も田中健投手のスピードがだいぶ落ちているので、今の敗戦処理の扱いだったら無理に一軍に固定させなくても良いと思うので、二軍でもう一度調整しても良いと思う。

そして石田投手が左ひじの違和感で二軍行きとなってしまいました。まだ結果は発表されていないけど、本人の感じではあまりひどくなさそうなので楽観的に考えていますが、とりあえずきっちり治してから戻ってきてほしい。二軍でクイックや制球などを調整するクライン投手も合わせて、代わりに投げるだろうルーキーの水野投手やベテランの久保投手には結果を出してほしい。

今日の予告先発は、横浜がウィーランド投手で広島が加藤投手です。加藤投手も球が速いノーコン荒れ球の藤浪投手タイプなので、初対戦ということもあり攻略は難しそうだが、ウィーランド投手にもそろそろ初勝利をあげてほしい。
0

もったいなかった  横浜DeNAベイスターズ

4月21日のハマスタでの横浜DeNAベイスターズ−中日ドラゴンズの試合は、2−2で引き分けでした。

4月22日のハマスタでの横浜DeNAベイスターズ−中日ドラゴンズの試合は、11−4で横浜が勝ちました。

4月23日のハマスタでの横浜DeNAベイスターズ−中日ドラゴンズの試合は、0−1で中日が勝ちました。

カードでは1勝1敗1分でイーブンの成績でした。初戦のパットン投手が追い込んでからすっと投げた失投をホームラン打たれたのがもったいなかったし、3戦目も8回にうまく攻めていれば追いつくくらいはできていたので、もっと勝てたと思われるもったいない3連戦でした。
0

マツダで勝ち越した(動画あり)  横浜DeNAベイスターズ

4月18日のマツダスタジアムでの広島東洋カープ−横浜DeNAベイスターズの試合は、4−3で広島が勝ちました。

4月19日のマツダスタジアムでの広島東洋カープ−横浜DeNAベイスターズの試合は、0−4で横浜が勝ちました。
今永投手の完封やロペス選手のタイムリーなどのダイジェスト
https://www.youtube.com/watch?v=U22mtdt9rUc

4月20日のマツダスタジアムでの広島東洋カープ−横浜DeNAベイスターズの試合は、3−5で横浜が勝ちました。
梶谷選手の決勝タイムリーや筒香選手の犠牲フライなどのダイジェスト
https://www.youtube.com/watch?v=SGvCC-uGJco

1勝2敗で2カード連続のカード勝ち越し、そして初の連勝で借金2まで減らしました。

初戦で抑えのパットン投手がボコボコにされサヨナラ負けして3タテの危険もあるぞと思っていたが、今永投手のプロ入り完投となる初完封と初戦で打たれた中継ぎ投手のやり返した好投などで勝ち越すことができました。特に今永投手の完封で中継ぎ投手が休めたのは大きかったし、それが3戦目の好投にもつながったのでしょう。

先発はたまに爆発するしイニングも食えない投手がいるが試合は作れるようになっているし、打線も安打は少ないながらも得点は出来るようになってきている。あとは筒香選手待ちだが、ホームランは出なかったけど久々の打点で勝利に貢献できたことで肩の力を抜いてやってくれるようになるといい。それと筒香選手が実は開幕から17試合連続出塁中とのことでいかに四球覚悟で攻められて警戒されているかが分かるが、それならなお一層筒香選手の後ろを打つ選手が重要になってくるので、好調のロペス選手とそこそこ当たってきたと思われる戸柱捕手は良いとして、宮崎選手が不在の今倉本選手や白崎選手などの頑張りが得点力アップに必須になってくる。特に白崎選手は大卒ドラ1から5年目なんだからそろそろ覚醒してくれないと困る。早くしないと後輩の網谷選手や松尾選手などが出てくるだろうし、今年のドラフトでもこの体たらくだと即戦力内野手を取るだろうから残されたチャンスは少ないよ。

今日の予告先発は、横浜がウィーランド投手で中日が又吉投手です。中日も初の連勝中で嫌だけど、又吉投手は右打者より左打者に格段に打たれているので、思い切って関根選手や佐野選手や荒波選手などの左打者を並べていっても良い気がする。
0

二年目のジンクスにハマっているのか  横浜DeNAベイスターズ

4月14日のハマスタでの横浜DeNAベイスターズ−東京ヤクルトスワローズの試合は、4−3で横浜が勝ちました。

4月15日のハマスタでの横浜DeNAベイスターズ−東京ヤクルトスワローズの試合は、2−7でヤクルトが勝ちました。

4月16日のハマスタでの横浜DeNAベイスターズ−東京ヤクルトスワローズの試合は、6−3で横浜が勝ちました。

カードで2勝1敗でようやく今年初のカード勝ち越しです。

16日の試合はうまく投打がかみ合った試合でしたが、今年のこれまでを考えると若いチームだけに色々な二年目のジンクスにハマっている気がします。まずチームが初めてCSに出た次の年ということでもっと上を目指してるがうまくかみ合っていない感じだし、ラミレス監督も2年目でAクラス当たり前とプレッシャーがかかっているだろうし、投手陣ではプロ入り2年目の今永投手と初めて約1年間1軍にいてから2年目の石田投手や田中健投手や須田投手と阪神戦やハマスタに弱いと言われてから2年目の山崎康投手など。打線では見た目と違いプロ入り2年目の戸柱捕手とスタメンに定着して2年目の倉本選手や桑原選手や宮崎選手と初めてタイトルを取り2年目で侍ジャパンの4番としても注目されすぎて警戒されまくっている筒香選手など。疲労やメンタルや研究されたりでなかなか調子が上がらない選手が多く、最近では調子を上げてきた選手もいるが4番の筒香選手と先発投手の3Iが調子を上げてこないと連勝は難しいです。新入団の投手しかまだ勝っていない厳しい状況ですが、逆に考えれば外国人を含め補強はうまくいっているということだし、既存の選手が上がってくれば上がり目も考えられるとも言えるでしょう。

ラミレス監督の微妙な采配に関しては、今年も出だしは選手の見極めのための起用や采配が多いと思うし、9回だとメンタル的にきつそうだった山崎康投手の抑えをパットン投手と交代したりなど去年よりは我慢の期間が短くなっていると思うので、広島が走りすぎて我慢できなくなっただけかもしれないけど妙に固執した起用や奇をてらいすぎた采配などは減ってくるはずだと期待しています。

今日の予告先発は、広島が野村投手で横浜が濱口投手です。投打ともに強力で好調な広島ですが、相性的には阪神よりも良いと思うので好勝負を期待しています。筒香選手もそろそろでしょう。
0

ハマスタ・阪神・同点と揃ったら・・・地味に須田5連投  横浜DeNAベイスターズ

4月11日のハマスタでの横浜DeNAベイスターズ−阪神タイガースの試合は、雨天中止でした。

4月12日のハマスタでの横浜DeNAベイスターズ−阪神タイガースの試合は、6−8で阪神が勝ちました。

4月13日のハマスタでの横浜DeNAベイスターズ−阪神タイガースの試合は、1−4で阪神が勝ちました。

地元で2連敗でした。今年も阪神戦は頭が痛いです。

ハマスタの阪神戦で同点の場面で山崎康投手投入と悪い予感がしたら、当たってしまいました。山崎康投手も意識しているのか明らかに力が入っていたし。前の日の今永投手も勝ちを意識して力んで打たれたし、捕手や内野手がもっとうまく声掛けをして落ち着かせてほしいけど。便利屋になった須田投手も調子が上がってきたのはいいけど地味に5連投。勝っても負けても投げるから登板数はリーグトップのものすごいペースです。砂田投手なども結構投げているし。このままだと去年の藤岡投手のようになってしまう懸念があるので、先発がもっと長い回を投げるかビハインドのロング要員を上げるか適当に二軍で休ませるかなどうまく考えてほしい。

打線も前の日みたいに追いつけない程度の反撃をするときは打てるけど、この日は苦手の藤浪投手というのもあって梶谷選手のホームランだけ。このホームランはすごかったけど。藤浪投手もヤクルトや広島相手のように全力で投げなくても抑えられるという余裕からか、制球重視でストライクに力まず投げてきた。それでも打てないからますます上から目線でリラックスして投げてくるので死球は食らわなくて良かったけどなめられてるね。たまに塁に出ても足がない選手ばかりだから揺さぶりもかけられないし。盗塁できるのは梶谷選手と下手だけど桑原選手くらいであとは各駅停車並みの足ばかり。出来ればスタメンに4人は足の速い選手が欲しいから、捕手とファーストはしょうがないとしてセカンドとショートかサードで足の速い選手が欲しい。二軍を見ても候補は少ないから松尾選手か狩野選手あたりが育つまで我慢か。ドラフトではトヨタの藤岡選手や奈良学園大の宮本選手など足の速いショートの選手をとってほしい。清宮選手や投手も欲しいから難しいけど。

今日の予告先発は、横浜がウィーランド投手でヤクルトが石川選手です。ハマスタなら石川投手を打てるでしょ。というか打って。
0




AutoPage最新お知らせ