2011/6/9 | 投稿者: masp1027



ヒントだけ申しますと、
集中を効果的に獲得するには、
できるだけシンプルな対象に向かって心を集中させることです。


もっともシンプルな対象とはどんなものでしょうか。


たとえば真っ白な紙に描かれた黒いまるい点、
というのはどうでしょうか。


これ以上に単純な図形があるでしょうか。


この方法については、のちに「一点注視法」でくわしく説明します。


また、もっとも単純な音声とはどんなものでしょうか。


それに耳を傾けて意識を集中すると、
心はみごとな集中を示すのです。


これらはすべて古いヨーガの経典に書かれています。


自己破産すると手元にお金を残せないのか
この方法についても、「一昔傾聴法」でくわしく述べます。


つぎに、すぐれた集中の状態というものを、
はっきり心にとどめておく必要があります。


すぐれた集中とはどんな状態をいうのでしょうか。


それは、ほかのことはなにも考えず
はっきりした意識が持続する状態です。


このとき雑念があっては集中とはいえません。


雑念のことを仏教では「我」といいます。


「我」という言葉は「自己」という意味と「雑念」という意味があるのです。


ですから、雑念のない集中した意識の状態を「無我」と称するのです。


そして、なにかに集中していることは、
一つの念がこもっている状態です。


したがって、すばらしい集中の状態を「無我一念」とよびます。


これは先生がよく瞑想と集中の説明につかった表現です。


そんな「無我一念」とよばれる、
はっきりした集中の意識状態を経験したことはありますか。


かならずあるはずです。


たとえば自分の好きなことに夢中になって、
ほかのことは一切考えないという状態です。


だれにでもあるはずです。


好きな音楽を聴いているとき、
無我一念の集中状態に入っているはずです。


料理の好きな人が、
なにかおいしいご馳走をつくっているときは、
やはりそうではないでしょうか。


ところがその料理をだれか大事なお客さんに出すときは、
どんな意識になるでしょう?


とびきりいい料理をつくってほめてもらおう、
失敗したらどうしよう、
などと考えながら料理をつくっていたら、
たちまち雑念に邪魔されて、
無我一念ではなく多念となりますね。


怒りはすぐに消す
「念」とは「思い」です。


いろいろな思いが錯綜すれば多念になります。


集中はこわれるのです。


雑念とか多念は集中の反対の状態です。


瞑想の状態はすでに述べたように「無我無念」です。


集中の「無我一念」から瞑想の「無我無念」までは、
わずかな一歩のように感じられませんか。


しかし、この一歩は、
集中の方法によらなければ、
なかなかむつかしいのです。


「無我一念」の集中ということでは、
キリスト教も仏教もイスラムも人々に教えてきた、と思います。


それは我を忘れて一心にお祈りしたり、
お経を読んだり、
聖典を朗唱したりすると、
集中が獲得できるからです。


「南無妙法蓮華経」や「南無阿弥陀仏」といったお題目や称名は、
「無我一念」であり「集中」です。


そこには雑念はなく、
欲念や煩悩は影をうすくしてしまいます。


しかし「無我無念」まではかならずしも進んでいないのです。


可能性は秘めていますが。


そこで、禅はこの「無我無念」を目標に「坐る」ことを教えてきたわけです。


坐禅は瞑想の一種です。


禅はヨーガを淵源としていますので、
禅とヨーガは似ているところがたくさんあります。


先生も自分の教える瞑想は「ヨーガ式の坐禅」であると言っています。


0

2011/3/9 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0

2011/3/9 | 投稿者: masp1027



あんたの悩みは、汗ばかきやすいこと、いわゆる多汗やろか?


それとも、多汗にともなう二オイやろか? 


橋本京明ラスト陰陽師


あるいは、汗はあまりかかいなかのに、
うちの二オイが気になってしかたがなかやろか?


そいで、「汗かきチェック表」で
あんたの悩みが汗に由来するものかどうかば確かめてみましょうとよ。


そん結果、多汗やそれにともなう二オイの悩みがあれば、
ワキガ型多汗か精神的発汗型多汗の可能性が大ばい。


ワキガ型多汗ちうのは、
ワキガ体質が原因になっとる場合ばい。


また、精神的発汗型多汗ちうのは、
緊張したりすると発汗するタイプのことで、
気持ちば落ち着かせる精神療法やらなんやらば受けると
徐々に解消されることがよくあるけん。


これらのいずれにも該当せんのに、
うちの二オイが気になってしかたがなかちう場合は、
「体臭恐怖症」か「自己臭妄想」の可能性があるけん。


こんような人には、心理的治療法ばおすすめするとよ。


こんほか、全身疲労ば感じとる人は、
体内の乳酸が増加し汗中にアンモニアの
分泌が盛んになって体臭が強くなっとる場合があるけん。


また、制汗剤ば使い過ぎると汗がにおうこともあるけん。


なお、汗ばよくかく部位が限られとる場合には、
内臓疾患の可能性もあり要用心ばい。


そいやったら、頭だけよく汗ばかく場合は肝機能障害が、
首から上だけなら虚弱体質、体力不足、神経過敏やらなんやら、
手のひらや足の裏だけならリウマチ、蓄膿症、高熱性疾患、神経疲労
やらなんやらが疑われるとよかます。



簡単自宅エステの商品ナビ
0




AutoPage最新お知らせ