2010/4/25

3日で視力1.0に! 驚異の視力回復法 前田 和久 効果   1353人のメガネ使用者が3日で視力1.0に回復 前田和久 効果 評判 内容


詳細はこちらをクリック





一生直らないと思われていた視力。でもそれを手術でなく、自分自身で視力を回復できるとしたらどうでしょう。

そもそも視力低下の原因はなぜ起こるのでしょう。それは現代生活に適応した結果なのです。もともと人間の目は遠くを見るように焦点があっています。

しかし、現代社会ではテレビを見たり、パソコンをしたり、ゲームをしたりと、近くを見るように目を使ってばかりいます。

これでは近視がすすむばかりです。それを矯正しようとさらに強いメガネをかけたり、コンタクトをつけたり、これではさらに度がすすんでいきます。

メガネをかけずに裸眼で支障なく生活していけるのが、正常な視力なのです。

そこで登場するのが、このマニュアルです。これはメガネやコンタクトを外すことを目的としているプログラムです。

ではその内容とは

ホリスティック(全体からながめる)療法、「ほんぺ式視力回復法」としてマニュアル化されています。

長年の研究で目の筋肉を鍛えると視力が回復していくことがわかってきています。

この視力回復法は目のまわりの筋肉をほぐし、眼精疲労、充血、肩こりなどの目からくるトラブルを解消し、脳の活性化を図り、視野を広げて視力回復。老眼、白内障、緑内障、などの進行を防ぎます。

さらに眼球周辺の血流不足を解消し、自律神経の働きを正常にして、目だけでなく、体全体の疲労感を解消を促進。メガネに頼った視力低下を阻止し、乱視にも有効な目に回復させます。

又、あなたが目がかすむ、文字が見にくい、距離感がとれない、パソコンで目が疲れる、肩が凝るなどの症状でお困りでしたら、その原因を知りたくありませんか?

人間の目のピント調節のしくみ、メガネの使い方、近視は遺伝か、ストレスと視力の関係、レーシックとは、手術しない視力矯正方法、肩の凝りや、首の歪みが目の疲れにもたらすもの、コンタクトレンズのデメリットなど

これらの疑問について、ほんべ式視力回復プログラム「見える!驚異の視力回復法」は丁寧にその症状や原因を解説してくれています。

視野が狭いと、網膜の一部しか使われず、脳の活動も縮小します。
目の視細胞や網膜の機能はあまり使われず、視力低下が起きます。

逆に、視野が広いと、脳からの指令により、目の機能がたくさん使われます。 

脳の活動が活発になれば、遠近感、立体感、動体視力も向上し、視機能全体が改善し、判断力アップにつながります。

視機能が高まれば、脳の情報処理能力も高まり、集中力、理解力、注意力も向上し、正確性や能率性も高まり、ミスが少なくなります。

又、物事を瞬時に判断して、状況対応能力も高まっていきます。

あなたがもし、視力を向上させたい。レーシックの手術は不安。裸眼で生活がしたい。目がかすむ。文字を見間違える。目や肩こりの症状。本を読んでも行をもう一度読んでしまう。

このような願望や症状の方は是非このマニュアルをお試し下さい。


病院に通うとなれば、多大な費用と、時間がかかります。

しかし、このマニュアルを使えば、自宅で出来、しかも費用対効果を考えれば、リーズナブルな価格で実践できます。

この方法を入手し、実践して、明るい未来をあなたの手に !!


このブログは眼科医院長の本部千博氏が作られたマニュアルを紹介するブログです。

手術をしないで自宅で簡単に視力回復 !! そんなことが本当なんです。その方法とは、目の筋肉を鍛えることです。悪い環境で目を使えば、その環境に目が適応してしまうのです。その悪循環を断ち切り、あなたの視力を回復させましょう。

視力が向上すれば、脳も活性化され、判断力や集中力が高まり目の前が明るく開けてきます。さあ、あなたもこの機会に明るい未来を手に入れませんか!!



詳細はこちらをクリック




0
タグ: 効果 評判 内容



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ