2013/3/24

やっぱり相当こたえていた  

やっぱり相当こたえていたようだ田中みな実アナ(26)の激ヤセが、TBS社内で話題になっている

 彼女をよく知るTBS社員が耳打ちする

「いつも人一倍元気なのに、“とうとう30kg台まで体重が落ちちゃった……”なんてこぼして、とにかく落ち込んでいるゲッソリしすぎてさすがに心配です」

 深刻な激ヤセは、交際相手といわれるお笑いコンビ・オリエンタルラジオの藤森慎吾(29)が、モデルの女性に350万円を払って妊娠中絶させていたという『週刊文春』の報道と無関係ではないだろう同誌には、写真週刊誌に掲載された田中アナと藤森の交際報道も、藤森サイドから「バーター」としてリークされたものとまで書いてあるのだからなおさらだ

「TBS社内では、当初“藤森は本命じゃないから田中アナもたいしてショックは受けていないだろう”なんて噂されていたんですが、あの憔悴ぶりを見るとどうやら真剣だったようですね

 周囲からは“早く別れたほうがいい”とアドバイスされたようですが、藤森が平謝りし続けたこともあり、現在も関係は続いていて週に数回は会っているらしい先輩の青木裕子アナ(29)には、いろいろと相談をしているようです」(前出・TBS社員)

 青木アナとは、吉本芸人(ナインティナインの矢部浩之)と交際しているという共通項もある相談相手としては最も適当ということなのだろうパリ有数の超高級三ツ星フレンチレストランを舞台に、問題だらけの寄せ集めシェフたちが団結して奇跡を起こそうとする姿を描く『シェフ! 〜三ツ星レストランの舞台裏へようこそ〜』本作でスランプ気味のベテランシェフを演じたジャン・レノが来日、話を聞いた

その他の画像

ジャン演じるアレクサンドルは、超高級レストラン“カルゴ・ラガルド”の天才シェフところが、スランプで新作が生み出せず、来たる審査会で星をひとつでも失えば店の運命はジ・エンド! 背水の陣の彼は、腕はあるが生意気な若造シェフのジャッキー(ミカエル・ユーン)と組み、起死回生を図るストーリーだ「アレクサンドルとジャッキーの関係は、まるで父と子のようだった」と感想を語るジャン当初のシナリオでは想定外だったが、「僕とミカエルで“味付け”を変えた(笑)」そうで、「ジャッキーが求婚するシーンでアレクサンドルが指輪を渡すけれど、僕のアイデアだよ“この指輪を使え”って、父と子の関係に似ているよねいい効果が出たミカエルと僕の錬金術だよ(笑)」と満足げに回想する

血の滲むほどの努力を重ね、完成した料理だけが評価の対象になるシェフの世界「他人の評価を気にする点では、料理人も俳優も似ているね」と本作に出演して、自身との共通項を見出したというジャン「重圧の中での仕事で、アレクサンドルのように家族との時間をすべて犠牲にする料理人の世界は、実に厳しいそれは俳優でも同じことだよ」と目を細めるが、ジャンのように第一線で輝く秘訣は「自分を見失わないこと」が重要だと続けた「かつてフランスのシャルル・ド・ゴール大統領は“上に行けば行くほど風が強い”と言ったが、同感だよお世辞に耳を貸さず、批判的なものも読まないそう心がけているよ」

問題だらけの寄せ集めシェフたちが奮闘する本作を観て改めて思うことは、料理の世界は人生の皮肉や悲哀、歓喜や希望を描くモチーフとして最適だということだジャンも「この種の映画は、多様性があるよね」と持論で同調する「僕は人生で同じことを繰り返すことをしなかったが、それは料理のように多様性をキープしているからだよ今まで映画で刑事やスパイを演じたけれど、そのどれもが違う存在だった僕は、一色には染まらないそれこそが僕が俳優業を楽しめた理由で、この映画を心底満喫した最大の理由でもあるよ」

「いつも人一倍元気なのに、“とうとう30kg台まで体重が落ちちゃった……”なんてこぼして、とにかく落ち込んでいるルイヴィトン小物

「いつも人一倍元気なのに、“とうとう30kg台まで体重が落ちちゃった……”なんてこぼして、とにかく落ち込んでいる激安 ルイヴィトン

「いつも人一倍元気なのに、“とうとう30kg台まで体重が落ちちゃった……”なんてこぼして、とにかく落ち込んでいるヴィトン 長財布
0

2013/3/24

週刊エンタテインメント誌  

週刊エンタテインメント誌『オリ★スタ』は、今年活躍が期待される歌手、俳優、女優、お笑い芸人を部門別にまとめた『第4回ネクストブレイクランキング 2013』を、同誌18日発売の1/28号で発表「俳優部門」で1位に選ばれたのは、独特な存在感を放ち、数多くの作品に引っ張りだこの【綾野剛】「女優部門」ではモデルとしても活躍する傍ら、昨年は映画主演も務めた【本田翼】がそれぞれランクインそのほかにも、今年さらなる飛躍を期待させる男女が上位を占めた

【写真付き一覧表】2013年 期待の俳優&女優ランキング TOP10

 「俳優部門」1位の綾野は、2003年放送の『仮面ライダー555(ファイズ)』(テレビ朝日系)で俳優デビューその後、映画を中心に活躍してきた綾野にとって転機となったのが、昨年3月まで放送されたNHK朝ドラ『カーネーション』への出演だった全国的な知名度を獲得した後も、映画『ヘルタースケルター』、『るろうに剣心』、『その夜の侍』など、話題作に次々と出演クールな二枚目からユーモラスな役どころまでをこなす高い演技力、色香溢れる独特な存在感は、唯一無二な存在といえるだろう2013年も映画『横道世之介』や映画『ガッチャマン』さらに、この1月よりスタートしたNHK大河ドラマ『八重の桜』、『最高の離婚』(フジテレビ系)への出演と、年の初めから1位の名に恥じぬ活躍ぶりを見せている

 「女優部門」1位の本田は、雑誌『Seventeen』の専属モデルとして芸能活動をスタート、現在は『non-no』(ともに集英社)でのモデル活動を行う傍ら、昨年はドラマ『GTO』(フジテレビ系)、『Piece』(日本テレビ系)と立て続けに出演また、ドラマのみならずKDDIやスターツの『ピタットハウス』、さらに80年代から続く、JR東日本の人気CM『JR SKI SKI』への出演と需要が高まっている2013年もドラマ『とんび』(TBS系)に出演中の本田今年、新成人となった彼女にとっては、文字通りの“飛躍の年”を予感させる

 続いては、各部門それぞれ上位にランクインされた面々を振り返ってみよう「俳優部門」2位には、実写ドラマ化の後に劇場公開もされた『荒川アンダー ザ ブリッジ』でコミカルな役どころに挑み、ドラマ『レジデント〜5人の研修医』(TBS系)ではワイルドな演技を披露した【林遣都】3位には、映画『桐島、部活やめるってよ』でヘタレ高校生役を、NHK大河ドラマ『平清盛』では凛とした源義経を演じるなど、“名子役”から実力派俳優へと成長した【神木隆之介】また5位には、ミュージシャンとしても人気急上昇中で、今年は初主演映画『箱入り息子の恋』の公開も控える【星野源】がランクイン上位にランクインした俳優の共通項は、いずれも長いキャリアを誇り、その人生経験から裏打ちされた確かな演技力を持った実力派ということだろう

 「女優部門」2位は役者としてはもちろん、最近では『もしもツアーズ』(フジテレビ系)など、バラエティ番組にも多数出演し、その天然発言で注目を集めている【平愛梨】3位には数々の映画、ドラマに出演し人気モデルとしても活躍する【桐谷美玲】が昨年からは情報番組『NEWS ZERO』(日本テレビ系)のキャスターを務めるなど、マルチな活躍を見せている上位にランクインした面々を見ると、女優業のみならずバラエティなどでも通用するキャラクター性を持ち合わせたタレントへの支持が高いまた、ファッション誌専属モデルが多く、同性からの支持を得た後に本格的な女優業に進んでいくという流れは今後も続きそうだ

 「俳優部門」、「女優部門」ともに、昨年注目を集めた若手たちが揃い踏みした今回のランキング実力派から、濃いキャラクターを前面に押し出した者まで、多種多様な才気あふれる人材がランクインした彼らの今年1年の活躍ぶりはもちろん、その背中に迫る気鋭の若手俳優たちの出現にも引き続き注目したい「予定を簡単に動かさない」「100点は最初から目指さない」「安請け合いを絶対にしない」「人の不平不満に付き合わない」「便利屋には絶対にならない」など、結果を出す人には絶対的なルールがあるのだと主張するのが、『仕事ができる人の「しないこと」リスト:「見切る」「捨てる」「断る」......結果を出す人の絶対ルール』(中島孝志著、知的生きかた文庫)

その仕事が「割に合うか、合わないか」という視点を持ち、「しないことリスト」を使いこなすことが仕事を活性化させるというのですが、では、「できる人」になるためにはどうしたらいいのでしょうか? 「<考え方>編『見切る』『捨てる』『断る』力をつけるーー23の『しないことリスト』」から、いくつかをピックアップしてみましょう
できる人は「100点」を目指さない(14ページより)
「やらなくていい仕事をやっている」「ここまでやらないでいいというほどバカ丁寧」「100点満点じゃないと気が済まない」…

こうした「80点でいいのに100点を目指す」タイプは、コスト意識がないまま完璧な仕事を目指してがんばっているのだと著者は言いますしかし完璧主義には、次のふたつの大きな罠があるのだとか

===
自分に対して過度に厳しくなる
他人に対して過度に厳しくなる
===

こうなると仕事のスピードが落ち、結果が出なくなり、敵が増え、ストレスもたまるそうですだからこそ「80点主義」を頭に叩き込み、仕事の「スピード」を上げることに注力することが大切「完成度」ではなく、「時間効率」を上げることに視点をシフトすべきだというわけです
できる人は「頼みやすい」人にならない(24ページより)
この項で著者がまず問題視しているのは、「残業の無駄」そして残業の原因は、次の3点に集約されると指摘しています

===
・仕事の量〜量が少なくても納期が厳しければ残業の原因になりますし、多ければ減らすか、分担するか、平準化するしかないといいます

・仕事の質〜同じ仕事でも、段取りと要領がよければすぐ終わり、悪ければ何日かけても終わらないもの仕事は「頭を使って」するものなので、「考えた仕事」をしなければ能率は向上しないそうです

・人間的要素〜残業は人間が作るもの残業で対処するより能率アップで対処する方が効率的ですから、上司などに相談して抜本的な対策を講じることも必要だとか
===

そして重要なのは、いつも特定の人から残業を頼まれるとしたら、その人はあなたを「断らない人」だと高をくくっているかもしれないということ「頼みやすい」人にならないことが、効率を高める場合もあるということですそのほかにも、今年さらなる飛躍を期待させる男女が上位を占めたヴィトン 長財布そのほかにも、今年さらなる飛躍を期待させる男女が上位を占めたルイヴィトン財布 2013そのほかにも、今年さらなる飛躍を期待させる男女が上位を占めたルイヴィトン 新作
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ