2011/3/6 | 投稿者: masp1027



食事や睡眠などに関して
規則正しか生活を送るこっが健康を維持すっための基本、
ちゅうのは現代人の常識として定着しておいもす。


口コミの改運・姓名術


確かに、自然界にな昼と夜のごと規則正しか変動がありござんで、
それに合わせて規則的な生活を送るのは、
自然のリズムを活かした生き方にないもんで。


そいどん、注意深く観察すうと、
自然界の変動のずんばいは、
規則性の中いもある程度の不規則性が混ざり合って、
微妙なバランスをとっとるこっがわかりもす。


例えば、日本の四季は大きく見れば春夏秋冬と規則的に変化しもすが、
細かく見れば毎年決して同じではなく、
年毎に不規則な変動が重なり合っておいもす。


木材の木目は、
四季の規則的な変化と不規則な変動の
記録が造り出した自然の模様ござんで。


おいたちが木目を見て安らぎを感ずるのは、
木目に現れた規則性と不規則性の微妙な
バランスを直観的に心地よかと感ずるからござんで。


木目ばかりでなく、
大理石いも似たよな模様があり、
やはりおいたちは美しかと感じもす。


自然界にな、
規則性の中に不規則性が重なり合った現象が数ずんばい見受けられもすが、
人間は本能的にそんよな現象に心地よさを感ずるこっがわかりもす。


人気コミックランキング


自然現象に含まれる不規則性は、
専門的にな「ゆらぎ」と呼ばれもすが、
日常生活の中でん「ゆらぎ」はある程度大切ござんで。


日常生活の中でん「ゆらぎ」とは、
規則性から外れる「柔軟性」じぁっし、
環境の変化に自在に対応すう「ゆとり」ござんで。


几帳面にしごっをこなすけれども、冗談も言わじ、趣味もなく、
決まった生活のパターンを変えんごっな人は
「ゆらぎ」の少ないマジメ人間ござんで。


こんよな人は、
非日常的な変化に対して柔軟に対応でけんで、
ストレスを外へ発散できずに、
心身の健康を損ねたり、
老けこみやすくなったりしもんで。


何ごとによらず一つのこっにこだわり過ぎると、
「ゆとり」がなくないもんで。


例えば、専門のしごっにこだわり過ぎると、
専門以外のこっに興味を持てなくないもすし、
趣味のスポーツでん勝負にこだわり過ぎると、
楽しむ「ゆとり」がなくないもんで。


自然界の「ゆらぎ」から学ばなにゃならんのは、
生きるための原理原則や規則的な生活を大切にすう一方で、
時と場合に応じて、
原理原則や規則性から外れる柔軟性をもつこっじぁっし、
非日常的な体験をある程度積極的にとり入れる
「ゆとり」を持つこっも一つのバランスのとり方ほいならぁちゅう点ござんで。


例えば、日常生活では少食を原則としても、
時にな仲間と楽しゅ語らいながら、
満腹になるまで食べるのは、
「ゆらぎ」をとり入れた食生活のバランスのとり方ござんで。


健康に関心をもつ人は、
とかく健康を保つための原理原則にこだわりがちじぁんどん、
時にな原理原則から離れて生活を楽しんだい、
未知の世界の冒険に挑戦したいすう「ゆとり」を持つこっが、
心とからだの若さを保つ妙薬とないもんで。



デコメール素材の掲示板
0




AutoPage最新お知らせ