スペック不足なら、ヴィスタはやめよう  

XPからヴィスタに変わってエクセルなどの動きは枯葉が舞い落ちるように、とてもこれでは処理できないように、遅いです。以前なら、パソコン 遅い問題などまったくなかったです。オフィス系の作業はぜんぜん大丈夫だったのに。

色々ヴィスタ用に弄ったりしたのですが、改善できた効果は見えませんでした。一つ一つ次の動作に移すときに15秒ほど待たなければならないです。こんなに遅くては普通の動作は侭ならぬから、ましてや仕事など、なりはしないです。20年前のパソコンよりも悪いです。

XPの時のように、即座に次の動作が出来るようVista 高速化作業などやってみましたが、たいした効果は実感できなかったです。そこで、諦めました。お恥ずかしいですが、スペック不足を認めたわけです。幸いなことに、メモリの値段はかなり安くなっているし、2G以上に増やせばストレス無く動くそうだから、メモリを増やすのが一番手っ取り早いと言うアドバイスを受けた。
0

使うべきかどうか?  

PCに無知な人間がレジストリを弄るのは無謀です。

パソコンの動作を早くするため、ゴミを掃除したつもりですが、大事な物まで消えてしまったら、逆効果です。ま、でも、レジストリクリーナーみたいな掃除系ツールを使ったとしても、消したい項目にチェックを入れる時点で、お手上げ状態になるでしょ。何を消していいか分からなければ使わないほうがいいとアドバイスをしたいところですが、

インストール、アンインストールを繰り返しているし、掃除が無くちゃいけない…日につれて、XP 遅い問題は訪れるとのことで、やっぱりできる限り、掃除する習慣を無しないましょ。

そこでですが、やっぱり安全度の高いソフトを使ったほうがいいです。なぜなら、レジストリ関係は一歩間違えると、エライ目に合うのですから。

もしも、パソコンの遅さに劇的な効果は無し、かえって不調になったら、パソコンの復元をすればいいです。
0

ソケットの不良かも?  

想像してみてください。

ブルースクリーンになって10秒程度で、文字を読む暇も無く、自動的に再起動してしまうのが繰り返されると、気分もそれに伴ってブルーになるでしょ。

また、長時間パソコンをやってるせいかどうか、マウスのクリックが効かなくなったり、アプリが起動しなくなったりしたら、メモリ不足の症状として思えるのですが、例えば、2G以上も積んでるんでは、そんな馬鹿なでしょ。だから、メモリの増設メモリ 解放なんか、やっても、時間と金銭の無駄に過ぎません。

なぜこの二つの状況をまとめて言うのかと言えば、同じメモリの不良で起きた問題なんですから。問題パソコンにテストをしてみると、メモリにエラーがあることが分かってくるでしょ。試してメモリを入れ替えてみると、メモリ本体に問題があるんではなく、メモリを入れるソケット側に問題があることもありえます。

と言うわけで、今度青画面になったとき、慌ててメモリを増設したり、ハードディスクを交換したりするんではなく、パソコンの蓋を開けて、内部を検査してから、解決策を出しましょ。
0

パソコンをスピードアップ  

パソコンをやる時、イライラの元はなんと言っても、パソコンの動作が重いのではないでしょか。

Windowsは使えば使えるほど、遅くなりますから、メンテナンスが必要なわけです。Windowsには標準で付属しているツールに「ディスククリーンアップ」「スキャンディスク」「デフラグ」があります。これでメンテナンスをしてもいいですが、説によると、「ディスククリーンアップ」→「スキャンディスク」→「デフラグ」の順でやると効果的ですけど。

この文で、取り分けて言いたいのはデフラグです。パソコンを使い込んでファイルの保存、削除などを繰り返すうちに、ファイルがあちこちに分散するため、読み出しや書き込みに時間が掛かるようになります。再びアクセスを早くし、PCをスピードアップするには、この断片化したファイルをまとめて最適化してくれるツール→デフラグを使えばいいのですが、

パソコンが重いと感じたら、デフラグを試すといいです、パソコンによっては、PCスピードアップの効果はあまり発揮されないことがあります。また、状態によりますが、かなり時間が掛かるので、(数時間掛かることもあります)時間的に余裕のある時に行なうといいです。
0

ツールでレジストリを最適化  

パソコンを自分の部屋として考えてください。

綺麗に掃除されて、整理整頓の行き届いた部屋は探し物も見つけやすく、動きやすいのと同じで、パソコンのハードディスクやレジストリにも不要なものがなくなって、お掃除が行き届けば、動作が軽くなって当然です。

だから、メンテナンス作業としての、不要なデータを綺麗さっぱり削除すると同時に、レジストリのお掃除もくれぐれも忘れないでほしいです。なぜなら、パソコンに加えた操作情報は全部レジストリに記録されるんですから。Windowsの構成情報が格納されているデータベースなわけです。

目に見えないですが、一度も無駄なレジストリ 削除をやったこと無いんだったら、恐ろしいほど溜まっているでしょ。レジストリを削除する作業に関しては、通常中々難しいと思われるので、レジストリクリーナーみたいなツールでやったほうが無難です。

その他、操作情報を記録するんだからこそか、レジストリの削除や編集はwindowsの修復には一番直接な手だと衆に認められていますが、その編集内容に問題があると、システムが正常に動作しなくなる場合があります。例えば、ウイルスやスパイウェアによってレジストリ値が改ざんされたなどの場合に、レジストリの弄りでwindows 修復作業でもやりたければ、まず、バックアップを取ることです。
0




AutoPage最新お知らせ