2017/2/22

万葉の旅・3  万葉植物

クリックすると元のサイズで表示します

2月半ばの奈良・大和路の旅は椿が少しは観られるかと期待していたのですが、写真↑の

ように護国神社「高円の杜」の椿はまだ早くて静まりかえっていました

それでも早咲きの椿を少し観ることができました(写真↓)

クリックすると元のサイズで表示します

その後、大和郡山の「椿寿庵」では思わず歓声をあげたくなるほどの見事な椿!椿!椿!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは一般の女性がご主人の後を受け継いでハウスで育ててみえます(入場無料)

クリックすると元のサイズで表示します
                     「袖の舞」

クリックすると元のサイズで表示します
                      「楼蘭」

クリックすると元のサイズで表示します
       名前を忘れましたが極めて小さな珍しい椿

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
                      「利休」

椿寿庵のハウスには撮った写真のファイルを整理するのに手間取るくらい沢山の種類の

椿が咲いていて、古くからあるものや西洋種もあり、早生や遅咲きもあり、3月が盛りとの

ことでした


「河の辺の つらつら椿 つらつらに

            見れども飽かず 去勢の春野は」 春日蔵首老

      川のほとりの椿をいくら見ても飽きないなぁ、去勢山はいいなぁ…

クリックすると元のサイズで表示します



 「椿をよく見ると、どの椿にも雨や雪、霜から花を守るための霜よけの葉があって

  自然の枝葉の面白さを発見する」「やまと花萬葉」東方出版より

椿の名勝地は数知れず身近な藪椿も一度ゆっくりとご覧になっていただければと思います

   … 万葉の旅は休憩します…

     
1

2017/2/20

万葉の旅・2  万葉植物

クリックすると元のサイズで表示します

写真↑は葛城山系と大和三山の「香久山・かぐやま」と「畝傍山・うねびやま」を背景にし

た日本最初の都・藤原京の跡地です

クリックすると元のサイズで表示します

写真右の樹木が続く場所に藤原宮の本殿があり、赤い門の跡が所どころにあります

(白いコンクリートの現代の建物がどうしても写ってしまいますね。写らない場所もあり景

 観の遺産にもなっているとか…)

およそ1q四方の場所は冬なので広いばかりですが、何もないと想像の世界が広がるように

も感じます

写真↓敷地内の蓮田は夏の花の時季を待つように静かに眠っているようでした

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


   「ひさかたの 雨も降らぬか

      蓮葉(はちすば)に 溜まれる水の 玉に似たる見む 」 作者不詳

        (雨でも降らないかなぁ、蓮葉に溜まった水が

                   玉のようにきらめくのを見たいなぁ… )


クリックすると元のサイズで表示します
  

藤原宮跡の遺跡からは「蘇」とよばれるヨーグルトのようなものが発見されて当時は貴重な

食べ物だったそうです。と、いう訳で宿泊先に夕食「まほろばコース」の中には「蘇」の鍋も

並びました(写真なし)お土産は「蘇」にまつわるお菓子です(写真↓)

クリックすると元のサイズで表示します

   
     … 旅はまだ続きます … 


  

           
0

2017/2/18

万葉の旅・1  万葉植物

クリックすると元のサイズで表示します

万葉集に詠われる植物に関心を持つようになり実際に奈良・大和の地を訪れてみました

↑の写真は明日香村にある万葉文化館の庭園の一部で、屋根が右中ほどに少し屋根が写っ

ています

併設されている美術館には万葉集にまつわる日本画などが展示され、館内の展示も内容が

かなり充実していて時間が足りないくらいでした

↓の写真は万葉庭園のしだれ梅と紅梅

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そして館内のアプローチ壁には

クリックすると元のサイズで表示します

   「春されば まづ咲く宿の 梅の花

         独り見つつや 春日暮らさむ」 山上憶良

    春がくればまづ咲く梅の花を 

         独り眺めながら春の長い一日をどうしてすごすことだろうか

  

さて、同じ梅と名前がついている蝋梅が満開でした(梅はバラ科、蝋梅はロウバイ科)

この辺り明日香村には蝋梅が有名で付近のあちこちに蝋梅が今が盛りと咲いていました

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

庭木として綺麗に剪定されるイメージとは違って野趣な雰囲気でした

ちなみに蝋梅は江戸時代に日本にきたので万葉集には詠われていません


  … 旅はまだ続きます … 
0

2017/2/12

春を待つ  押し花

クリックすると元のサイズで表示します

庭のクリスマスローズが早く咲かないかなぁ、と蕾を毎日のように見ています

陽射しも少しずつ春めいてきて寒い日もありますが山や庭の木々も芽吹いて確実に春に向か

っていますね

クリックすると元のサイズで表示します

そんな春を待つ気持ちで作った押し花絵は(↑の写真)は去年のクリスマスローズで作りま

した

生徒さん達は気に入って、そっくり同じ額で作っていますが喜んで良いのかどうか…(^^;


❀❀❀ ❀❀❀ ❀❀❀ ❀❀❀ ❀❀❀ ❀❀❀ ❀❀❀ ❀❀❀


さて、先月の更新から随分と日が経ってしまいましたが特別な理由はありません

庭のテラスが傷んできたので近所の○○エクステリアさんに見積もりしてもらったり、水道

屋さんに水回りをみてもらったりしていました

今年の庭の写真は少し違ってくるかもしれません。好い風になるといいけれど…

2

2017/1/25

冬色のアジサイ  庭の花・他

クリックすると元のサイズで表示します

去年のあじさいがすっかり枯れて冬色になってしまいました

クリックすると元のサイズで表示します

本当は秋色のアジサイにするため咲き残しておいたのですが、去年の秋は雨が多く綺麗な秋

色アジサイは作れませんでした

クリックすると元のサイズで表示します

でも、よく見ると透かし葉になっていて時の流れを感じさせてくれます

クリックすると元のサイズで表示します

丁寧に一輪ずつ押し花にしてから押し花絵の作品に仕上げたいと思います

リースを作る方もみえますね。いずれにしてもシックで大人色の冬色アジサイです
2

2017/1/23

再びのミモザ  庭の花・他

クリックすると元のサイズで表示します

ずっと以前(13年前)大きくなったミモザアカシアの鉢植えを庭に植えたのにその年の

大雪で折れてしまいました

その後、園芸店で見かけても雪には弱いとあきらめていましたが、ミモザの可愛さにとうと

う昨年の春に小さなポット苗を購入したのです

クリックすると元のサイズで表示します

昨年からの小さな蕾がふくらんできたので楽しみです

3月のお雛祭りの頃には可愛い黄色の花を見せてくれるでしょう

↓の写真はだいぶ前に行った他所のギャラリーでのスナップです

クリックすると元のサイズで表示します

庭の日陰には雪がまだ残っていますがあと十日もすれば立春ですね

今夜は一段と冷え込んできました。暖かくしてお休みなさいませ<(_ _)>


1

2017/1/19

花橘・はなたちばな  万葉植物

クリックすると元のサイズで表示します

   「我がやどの 花橘の いつしかも

      玉に貫くべく その実なりなむ」  大伴家持

    「私の家の庭先の花橘は いつになったら

       珠として緒に通せる その実がなるのでしょうか」 

  
クリックすると元のサイズで表示します

万両は古くは花橘とよばれ、珠とは五月五日の節句に長寿を祈って飾る薬玉のこと

その珠に花橘の実も入れて緒に通したいけど いつになったら実がなるのだろうか…

クリックすると元のサイズで表示します

歌の真意は赤い実を我が恋にたとえて、いつになったら成就するのだろうか…

でも、我が家の花橘は実が沢山なるので大伴家持さんの詠うせつない思いはとうてい想像し

にくいです

※ 日本一美しいと云われる国宝「十一面観世音菩薩」がある奈良県の聖林寺の境内では

この万両の濃緑の葉に深紅の実が見事に美しいそうです「やまと花萬葉」東方出版より
1

2017/1/16

おからのかりんとう  田舎のおやつ

クリックすると元のサイズで表示します

大雪のため買い物に行けなかったので年末からの残り野菜や冷凍庫の整理ができました

時おり雲間から明るい陽射しが出て雪もだいぶ解けてきたのですが、用心して今日も家から

殆ど出ていません

そんな訳で家にある材料で食べだしたら止められない「おからかりんとう」を作りました

クリックすると元のサイズで表示します

<材料> 
     A 生おから 100g

       薄力粉  100g

       黒ゴマ  大さじ2

       卵    1ヶ

     B きび砂糖 大さじ6(白砂糖または黒糖でも可)
       
       水    大さじ3

<作り方> 

@ ボールにAをまぜる
 
A @を麺棒などで厚さと幅を4〜5oにのばし、5pくらいの棒状にカットする

クリックすると元のサイズで表示します

B 天板にオーブンシートをしいてAを広げ、オーブンで 170℃〜180℃で 約20〜30分 焼く

クリックすると元のサイズで表示します

C 焼いている間に鍋に B をまぜてぷつぷつするまで煮詰める
 
クリックすると元のサイズで表示します

Bをきつね色ぐらいにカリッと焼いてCにからめる

クリックすると元のサイズで表示します

全体に砂糖がからまったらオーブンシートに広げて冷まして出来上がり!

おからのクセも香ばしいゴマで気にならず栄養もあっておやつにうってつけです

ただし、歯の弱い方はご注意くださいね<(_ _)>
1

2017/1/15

雪の日  樹の花・他

クリックすると元のサイズで表示します

数年ぶりの大雪で出かけられず足止めされてしまいました

寒そうですけど雪の日の庭木の写真です(↑はナンキンハゼの実)

クリックすると元のサイズで表示します

去年は写真↑のシモツケが2回も花を咲かせ紅葉がまだ残っていました

クリックすると元のサイズで表示します

12月末頃から椿・侘助の花がぽつぽつ咲いて雪の中でも元気ですね

クリックすると元のサイズで表示します

そして、春を知らせてくれる蝋梅・ロウバイも開花の準備が出来ているようです

天気予報ではまた雪が降って一段と寒い日が続きますが、庭ではアイリスや水仙の芽が出て

いますので楽しみにしながら雪が解けるのを待つことにしましょう
1

2017/1/9

ビオラの寄せ植え  ガーデニング

クリックすると元のサイズで表示します

こちら一月に入って寒さが本格的になってきました

まだ雪こそ降りませんが寒いので春らしいビオラの写真をUPしようと思います

クリックすると元のサイズで表示します

写真のビオラは年末に園芸店で購入して、以前からの鉢に足したりして寄せ植えしました

クリックすると元のサイズで表示します

我が家の玄関前に、葉ボタンをメインにしてビオラとシルバーの葉物・シロタエギクなどと

合わせオーソドックスです

クリックすると元のサイズで表示します

ビオラは押し花に最適なので数種類を購入しましたが、中でも気に入ったのはピンク・ラビ

ットで、ウサギさんのように可愛くて好い香り〜♪

ビオラは雪が降っても元気に冬を越して5月ぐらいまで楽しませてくれますね

庭ではクリスマスローズが蕾を見せてくれていますので写真をUPしたいと思います

では、皆様も元気に冬をお過ごしください
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ