2012/5/14

山本卓さんの犬のしつけ法を買ってみました  これ買ってみたよ



犬のしつけを自宅で行うにあたり、
犬のしつけ教材を色々探してみました。



TVチャンピオンになったことのあるトレーナーさんのものなど
有名どころもいくつかありましたが、
私はあえて、1番誠実そうな山本卓トレーナーの
【噛む犬を専門的にしつけてきたカリスマトレーナー山本卓のしつけ法】を
買ってみました。




購入前は、
「うちの子は噛み犬じゃないから他の教材にした方がいいのかなー」
という不安もあったのですが、他の教材よりも誠実そうな感じがしたので
思い切って購入に踏み切ったわけですが、結果は正解でした♪



「トイレのしつけ」や「ボディケアの方法」、
「コマンドの教え方」は6種類(すわれ・ふせ・待て・こい・ハウス・もって来い)、
他にも「引っ張り癖」や「吠える」「うなる」など
他の問題行動の改善方法に至るまで盛りだくさんな内容。




しかも全て動画でわかりやすく解説していますので、
噛む犬のみならず、子犬からシニア犬まで
十分活用できる内容になっていました。




また、タイトルになっているほどですから、「噛む犬」の矯正方法については、
おそらくここまで詳しく教えてくれる教材は他にはないと思われます。




触ることはおろか、近づくことすらできない子の場合でも、
飼い主さんがケガすることがなく安全にしつけられるやり方を
段階をおって丁寧に解説されていますので、
困っておられる方はチャレンジしてみる価値はあると思いますよ^^。




この教材の1番気に入っている点は、私のような「親バカ愛犬家」にも
大変受け入れやすい内容になっているということです♪




なぜ「親バカ愛犬家」にもおすすめできるのか?
その理由は、↓こちらを見てね。
http://www.kanex-jp.com/yamamoto-takasi.html




0

2012/4/12

犬のしつけと愛犬との絆  犬のしつけ



愛犬との絆について考える




どんなに普段はおりこうなわんこさんでも、
ひとつやふたつは困った行動があるのではないかと思います。




この問題行動をなくすためには、
ちゃんと正しいしつけをすれば良いのでしょうが、
まずは、その「正しいしつけ」が何かがわからない(笑)




そこで、まず思い浮かぶのは、「しつけ教室」ですよね。




「犬のしつけ教室」にも、今は色んな種類がありますが
訓練士に全部お任せする教室は、あまりおすすめできないらしいです。





なぜ、おすすめできないのか?








それは、訓練士さんいわく、
「訓練所に預けても、家に帰ったらまた元に戻ってしまうから」
なんだとか。





では、なぜ、戻ってしまうのかというと・・








それは、子供が学校で先生に接する時の態度と、
家で親に接する時の態度を使い分けるのと同じで、
犬たちも、訓練士さんに対する態度と飼い主さんに対する態度を、
ちゃんと「使い分けるから」なんだそうです。




おぉぉっ、なんて賢いのでしょう♪




ですので、「重度の問題行動」を除き、
自分自身で毎日コツコツ教えるのが、1番良い方法のようです。




ですが、わんこさんが、いくら賢いとはいえ、
覚えてくれるまでは、毎日根気良く教えていく必要があります。




ですので、どうせ教えるのなら、
できるだけ【短い時間】で、できるだけ【効果】のある方法、
いわゆる【効率的なしつけ法】で取り組みたいですよね。




まずは、色んな情報を集めて、自分と愛犬にあったものを
見極めた上で、取り組んでみましょう。




しつけを見直す最大のメリットは、
今よりも、愛犬の絆が深まることだと私は思います。




お互いに色々と忙しい毎日ですが、
可愛い可愛い愛犬のために、少しだけ時間をさいてあげませんか^^?
そこから得るものは、とても大きいと思います。



自宅でできる
犬のしつけ教材の口コミ、レビューはこちら
http://www.kanex-jp.com/
自腹で購入した教材について真面目にレビューしています。






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



犬のしつけ
愛犬のしつけどっとこむ
犬の?しつけ!
☆★☆犬の「しつけ」って??
ぼくのわたしの犬のしつけ!
犬のしつけ教室!
犬☆しつけ★ぶろぐ
犬のための!しつけぶろぐ>ω<
☆★犬のしつけ(^ω^U)わんわん★☆
犬のしつけ♪
犬のしつけブログ〜!
難しい?犬のしつけ。
簡単?難しい?犬のしつけ★☆
本当は簡単?愛犬のしつけ
犬の☆しつけ☆ぶろぐ
愛犬しつけ、ちゃんとできてますか?
犬のしつけって?
愛犬しつけ〜それって難しい?〜
犬のしつけとは
犬のしつけ情報日記
愛犬noしつけ!
愛犬のしつけ、どうでしょう
犬のしつけ。我が家の考え方
犬のしつけ、やってます?
愛犬のしつけ、しませんか
愛犬しつけ日記☆
愛犬のし・つ・け
愛犬のしつけ、やりましょう
愛犬のしつけ、し候。
犬のしつけ♪日記
愛犬のしつけ 私の場合。
愛、犬、しつけ
I Love Dog! 愛犬のしつけ
愛犬のしつけ 頑張りますw
現代の愛犬のしつけ
愛犬しつけしませんか!
犬のしつけ@goo
■愛犬のしつけ。。。
犬のしつけ、やってますか
愛犬のしつけ どうですか?
しつけDOG(愛犬のしつけ)
愛犬noしつけ!
わんこ(愛犬)のしつけ
愛犬のためのしつけ
愛犬のしつけ 困っていませんか?
愛犬に優しいしつけ法
愛犬と優しいしつけ
優しい愛犬のしつけ方。
犬のしつけの意味とは?
犬と優しいしつけ
犬のしつけ123
hanakoの犬のしつけぶろぐ
犬と私としつけと。
愛犬と幸せなしつけを
犬のしつけの嘘ほんと
愛犬のしつけの秘密
犬のしつけの基本
犬のしつけのコトなどなど
我が家の犬のしつけブログ
犬のしつけ日記
犬のしつけ Blog
愛犬のしつけ日記はじめました!
愛犬のしつけの記録
愛犬のしつけ考察
ブログ 愛犬のしつけ
どうしてますか?愛犬のしつけ
愛犬のしつけで困っていませんか?
愛犬のしつけについて考える
自宅でできる
犬のしつけ教材の口コミ、レビューはこちら
http://www.kanex-jp.com/
自腹で購入した教材について真面目にレビューしています。


0

2012/4/10

犬は、人よりも下の地位にいなければならないのか?(犬のしつけ)  犬のしつけ

犬のしつけの常識」について考える




今日本で主流になっている考え方は、
「犬は、人よりも下の地位にいなければならない」
「主従関係をはっきりさせて、人がリーダーにならなければならない」
というものです。




この考え方の基になっているのは、
犬の祖先である「オオカミの群れ」の研究からによるらしいのですが、
簡単に言うと、『オオカミは、縦社会の中で生きる動物で、
群れのリーダー(アルファと呼ぶらしい)に従う習性がある。
犬も同様に、縦社会の中で生きる動物であるから、
犬が人間を「群れのリーダー」(アルファ)と認めない限り、
犬は人に従うことがない。』という理論です。




ですが、最近の研究では、
「犬は、人間を犬の仲間という認識はもたないので、
同族ではない人間をリーダーと認めることはない」という説もでてきているようで、
もし、この説が本当であるならば、
「犬と人は縦社会を築けない」ということになりますから、
今の日本で常識とされている理論は、
ことごとく間違いということになってしまうのです・・。




「いったいどちらが正しいのか?」白黒はっきりしないので、
なんだかもどかしい思いですが、もっと科学技術や研究が進めば、
明確な答えが出てくるのかもしれません。




が、現状はこのようにグレーゾーンのようですので、
まずは、情報を集めたら、何でもかんでも鵜呑みにせずに
「これって本当なのかな?」
「この情報は、古くないのかな?」と考えるくせをつける。




そして、事実かどうかを出来るだけ確認した上で
自分にとって正しいと思うものだけを取捨選択する。




これが、人もわんこも不幸になってしまうというようなことを防ぐ
唯一の手段なのではないでしょうか?




中にはどう考えても「これはアカンやろー」という情報(しつけ法)も
ありますから、くれぐれもご注意くださいね^^;




犬のしつけの目的は、
「犬も人も幸せになること」なのですから・・。




自宅でできる
犬のしつけ教材の口コミ、レビューはこちら
http://www.kanex-jp.com/
自腹で購入した教材について真面目にレビューしています。
0

2012/4/9

真面目に犬のしつけを考えましょう  犬のしつけ

我が家も愛犬のしつけを改めて見直すことにしました。




うちの犬たちは、当然困ったことも多少はありますが、
普段はそれなりに良い子たちなので、毎日可愛がってはいるつもりでも、
なんとなく毎日「忙しい忙しい」と、
正面から向き合っていなかったことに気づいたのです・・。




しつけ=毎日の訓練=コミュニケーションなのではないかと。




私は自他共に認める「親バカ」で、
普段から可愛くてしかたがないわんこ達ですが、
ちゃんと言うことを聞いてくれると、よりいっそう愛しくなりますよね。




そこで、「犬のしつけ」について色々と調べだしたのですが、
時代と共に、動物の学問も今は色んな説があるのですね。




医学の分野でも、昔は常識だったことが、最近の科学でそれは間違いだったと
いうことが色々と発見されていくのと同じように
犬の脳や行動心理学といわれる部門でも、いろんな発見がなされているようで。




例えば・・・犬の色覚について。




犬の色覚は、「白黒」というのが定説でしたが、
今は「全体的に青みがかってはいるが、多少はわかる」という説もあります。




また、視力についても、
「犬の視力は、0.02程度でほとんど見えない。その分を嗅覚でおぎなっている」
というのが定説ですが、普段の犬たちを見ていると、
小さい虫をずーーっと目で追ったりしていませんか?
なので、私は、もっと見えているんじゃないかと思っています。




今日の常識が明日の非常識。




巷にあふれる噂やネット上の情報を鵜呑みにせず、
まずは、「これって本当なのかな?」と言う気持ちで事実かどうかを確認すること、
そして自分の判断基準をしっかりと決めて、正しく取捨選択する目を持つことが
現代人には必要なのではないでしょうか。






自宅でできる
犬のしつけ教材の口コミ、レビューはこちら
http://www.kanex-jp.com/
自腹で購入した教材について真面目にレビューしています。


0

2012/4/7

犬のしつけがうまくできないのはなぜ?  犬のしつけ



一昔前の犬といえば、番犬的な存在として、
外で飼われているのが当たり前でした。




が今や犬たちは、お家の中で家族として一緒に生活することが
当たり前の時代にと変わってきています。




実は、これが愛犬の問題行動で悩む人が増えた原因なのだと
私は思っています。




お家の中にいるのですから
当然の如く外につながれていた犬たちと比べると
接する時間もずっと長くなる上に、
家の中を自由気ままに動き回れるので、
粗相やいたずらの被害は家じゅうに及びます。




中には、手がつけられないほど
深刻な問題を抱えていらっしゃる方もいますが、
ちょっとしたことくらいだと、「直して欲しいな」と思いながらも、
何となくそのままにしてしまっているのではないでしょうか。




本来ならば、お家に迎えたその日からきちんとしつけをして
問題行動を起こさない犬に育てることが望ましいのですが、
これをきちんと行っているご家庭って少ないですよね?




それはどうしてなのでしょうか?




日本は、ヨーロッパ諸国と比べると、
室内犬を飼いだした歴史が非常に浅いんですね。




なので、室内犬に関しては、全く経験がない人が多いのです。
予備知識がないので、何もかもが初めてのことばかり。
まだ、これといった飼育法が認知されていないのです。




知らないのですから、
上手に育てられないのも当然ですよね。




だから、あなたは悪くないのです。
もちろん、わんこさんも悪くない。




犬のしつけは、家に迎えた瞬間(子犬の時)から
はじめるのが理想ですが、何歳からでも良いと私は思います。
(当然、子犬よりも覚えるまでに時間がかかりはしますが^^;)




まずは、情報を集めて、
愛犬のことを「知る」ところから始めてみませんか?
それが犬のしつけの近道だと思うのです。




ただし、正しく情報を見極める目は、きちんと持つようにしましょう。








0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ