受験が終われば一般に習い、長女としての務めを果たすのは当然のことである

2011/9/30 
 中学三年の秋、涼子はガンで母を失った。高校受験を前に控え、父も祖父母も大事を控えた涼子を案じ、受験に全力を尽くせるように支えてやった。が、それは言うまでも無く大事の前の特別であって、受験が終われば一般に習い、長女としての務めを果たすのは当然のことである。紅蜘蛛
 しかしその道理を若い涼子は受け入れられなかった。勉強を頑張ってよい高校に入ったのであるから、少しくらいは我侭を許してくれてもよいじゃないか、また勉強に集中出来るようしてくれてもよいではないかと言うのが涼子の言い分である。
 なるほど、涼子の話にも理がないわけではない。しかし言うまでも無く、涼子の言い分は甘えである。
 先ず第一に、涼子は長女である。母が存命であれば別だが、既に無い以上は長女が母親代わりをするのは当然の義務である。もし涼子が長男であり、母ではなく父を失ったとすれば、高校は当然農業高校へ行き、休日は父の代わりに畑仕事をすることが義務となるのと同様である。
 第二に、涼子の家は農家である。農家は元来、家族が力を一にして農作業に勤しむからこそ糧を得られるのであり、また仕事も楽しくなるのであり、毎日が愉快になるのである。逆に一人でも我侭を言って家族の調和を崩すものがあれば、途端に一家の不幸となる。
 第三に、そもそも高校にしても、大学にしても、行くのは親の金であって涼子の金でない。義務教育ならばまだしも、高等教育は義務の範疇を越えており、我子といえども人様の金で学校へ行く事実に違いはないのである。とりわけ、大学短大への進学を基本とする普通科の高校へ行っている立場としては、将来に渡って親に負担を強いるわけであるから、本来自覚は人一倍でなくてはならない。その立場にあって、頭を下げて粛然と請うならばまだしも、声高に主張したのでは到底通る道理は無い。実際、父の雷が一言に下って、涼子の過ちは即座に正された。
 その後しばらく、どうしても涼子は釈然とせず、不承不承に父の言葉に従う毎日であったが、長女の涼子と父親との間が冷然としていれば、自然、一家の団欒も寂莫たる有様になる。祖母などはどうにか賑やかにしようと世間話を居間に持ち込むが、子供達にはまるでつまらぬ。それどころかわざとらしいのが、不機嫌な父親の神経に触った。祖父はもともと親子の関係には立ち入らぬ主義である。弟妹は苦しさにつっかえて声が出ない。遂に反響は何処からも無くなり、祖母の配慮はかえって寂寞を広めてしまった。
 すっかり食事の時間は静かになった。ここはテレビでもつけてと誤魔化すことも出来ない。空気が重く沈んで、閉塞してしまって、田舎の夜更け同然に静かである。涼子はすっかり沈鬱なことに屈託して、一日中勉強も手付かずで内省する。父もまた言葉が激しすぎやしなかったかと自問するが、元来学のないだけに深く考えても結論が出ない。いや、結論などはとうに出ていて、自問するまでもないのである。どうせ馬鹿なおらっちゃであるから、賢くて器用な生き方などは出来るわけがないのだ。田舎の百姓なりに、筋を通して一生懸命に生きる。口を動かすより身体を動かす。それ以外に何が出来ると言うのだろうか。そう思っても、しかし、しかしと煩悶するから、泰然とした態の中にも、自ずからぎこちないところが出てきてしまうのであった。
 そんな毎日が一週間も続けば、心根の優しい涼子であるから、弟と妹が肩身狭く居場所のないようにする姿を、また祖父母の言葉少なく辛そうにする姿を見るに堪えられない。また聡い少女であるから、父の心中も自ずと察せられた。そうして自問を繰り返し、虚心坦懐に顧みれば、自ずから若い過ちに気がつくのであった。
 己の過ちを認めるや否や、恥じて改めることは実に素直なもので、純朴な若者らしく気持ちが良い。そうしてまた家の者も田舎の百姓然として、孫娘の聡しく気立ての良いことを心の底から喜んで、ふとした拍子に褒めてやる。そうして父には内緒で小遣いをやったりもする。許されてもいない小遣いを貰っては、むしろ涼子が困るくらいであるが、まぁまぁ良いからと無理にでも渡す。実のところ、涼子は確かに我侭を言って家族を困らせることはしたのだが、別段理由があってのことではなかったのだ。元来欲が無く、金の使い道もこれといってなかったものだから、とりあえず箪笥に貯金して、専ら友人との交際費に使うことにした。
 姉の変化に一番喜んだのは妹と弟で、ただただ純粋に家族が元通り仲睦まじくあることが嬉しいのである。その姿を見たときに、涼子は自分の改心が正しかったと安堵した。家庭の絆が綻びて、何よりも辛いのは小学生の下の子二人である。そうしてまた、母恋しいのは何よりもこの二人である。思えば父の厳しい言葉も、田舎育ちの知恵として、二人の幼子を思う遠望があったのかも知れない。小学四年生の妹などは、よほど寂しいと見えて、夜涼子の部屋に来て、一緒に眠って欲しいとねだることも度々あった。そうなると弟は一人きりだが、かえって一人で気楽だと言うあたりは流石に男の子で逞しくって微笑ましい。
 こんな涼子の自覚を見て、父は一人墓前に屈み、亡き妻に涼子の健気なことと、下の子供達の健やかなことを報告し、密かに娘に感謝した。そうして報告が終わり帰ろうと踵を返し細道を進むこと暫し、佇立瞑目、潸然として涙下った。決して家族には涙を見せまいとする、田舎の男の意地である。
 果たして男親の愛娘を思う気持ちはどれほどであろうか。特に田舎の百姓育ちなど、学の無い苦労が身に染みているため、出来ることなら我子には、可能な限りの学問をさせてやりたいと思うものである。
 しかしそれは親一人の気持ちにしか過ぎない。家長としての務めから、どうしても涼子には辛い役目を負ってもらわねば困るのだ。僅かな乱れが、後々大きな家庭の不和をもたらすことを、田舎の長男は知っているのだ。特に涼子は長女であって、涼子と父との関係を、下の二人はじっと見ている。ここで父親が家長の威厳を損なうわけにはいかぬのである。
 その苦渋の苦しみを、涼子が全て理解しているわけではないが、涼子はしっかりと報いてくれた。決して涼子の言葉に道理の無いわけではなかったのだが、駄々をこねずに素直に引いてくれた。そうして家に尽くしてくれる。その上学問も疎かにせず、一年の一学期の成績は、学年でも上位二割に入った。
 謙虚の田舎の百姓男も、この愛娘が心底可愛いと見えて、鳶が鷹を生むとはこれだと酒の席では常に語る。それが全く厭味にならぬほど、健気で器量持ちな娘であることは、他人の目にも明らかであるから、こればかしは親馬鹿とも言えぬのであるが、それがいっそうこの父には満足であると見えて、どうにも酒の量が増える。それをかえって涼子に窘められるに至っては、父も赤面して面目を失い、家内はどっと笑いに溢れた。

       三

 高校一年の夏休みから、涼子は日記を書き始めた。そのきっかけは弟が、夏休みの宿題の絵日記を、面倒くさがって書こうとせず、「じゃ、姉ちゃんと一緒に書こ。」と提案したことによる。
 そうして書き始めた日記であったが、毎日強い自覚を持って生活しているためであろう。簡単に一日を振り返った雑記には違いないが、自然と零れる心情の吐露は滔々として尽き難く、また清澄な表白は彼女を自然穏やかにした。
Sex Slave
0
タグ: Sex シアリス 福源春

歯を磨くだけでは虫歯予防は難しい

2011/9/14 
毎日歯を磨いていたのに虫歯になってしまった……。そんな経験はありませんか?威哥王

実は、歯を磨くだけでは虫歯予防は難しいのです。大事なのは、「虫歯の原因を除去すること」と「虫歯の進行を止めること」の2つ。実践しましょう。

虫歯の原因は「歯磨き」で除去!
歯磨きが重要なのは分かっているけど…という人には、意外と知られていないコツをご紹介しましょう。

最も大事なのは夜の歯磨き

朝や日中が忙しい人も、夜は少し時間があるはずです。さらに虫歯は就寝中に進行しやすいので、一日の中でも夜の歯磨きには気合いを入れたいものです。すべてのプラークを夜に落とすことを心がけましょう。

歯並びが悪い部分に注力

歯並びが悪く、歯と歯が重なっている部分は、特に虫歯の発生しやすいポイントです。出来ればデンタルフロスなどを使用して、綺麗な表面を保てるように気をつけましょう。この一手間が、虫歯の発生率をぐんと下げてくれます。
間食は量ではなくて回数に注意

ごく初期の虫歯は、唾液による「再石灰化現象」で自然に修復されます。1日3食の他に間食が増えるほど、この修復作業が間に合わなくなり、虫歯の進行を後押ししてしまいます。ダラダラ食べの習慣は改善しましょう。

就寝前の飲食は控えめに

就寝直前の飲食では、寝るまでに唾液による自然修復が間に合いません。さらに就寝中は虫歯が最も進む時間帯です。これは眠っている間は、唾液があまり出ないためです。就寝前の飲食は、虫歯に格好のごちそうを残してしまうことになりますので、できるだけ控えましょう。

残念ながら、間食のたびにすぐに歯を磨いても、虫歯リスクは下げられません。やみくもに歯磨きの回数だけで予防を考えるのではなく、規則正しい食生活をキープし、唾液による歯の修復作業をしっかり行なうといった、2つのアプローチで虫歯予防を考えるようにしましょう。

ここまでできれば虫歯についての知識はカンペキです!
歯の健康にますます興味が沸いてきた人には、ガイドオススメのケアアイテムもご紹介します。ぜひご覧ください。巨人倍増
0

人は異性を好きになると、その異性の身体や心を強く求めるようになる

2011/8/12 
遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。今年も「性生活に必要なモノ」をよろしくおねがいします。
勃起促進
人は異性を好きになると、その異性の身体や心を強く求めるようになります。そして、男女がお互いに好きになり、お互いの身体と心を強く求め合うようになると、二人は自然とセックスをするようになります。男の子が勃起したペニスを女の子の膣に挿入してピストン運動に励み、二人で性的な快楽を味わうのです。好きな異性とセックスをすることは、とっても気持ちのよいことです。「この人と出会えて良かった」、「今まで生きてきて良かった」と、とっても幸せな気分になるほど気持ちいいのです。セックスは男女が幸せな生活を送るために、欠かすことのできない行為です。

セックスは大人になった男女がする行為です。しかし、最近ではセックスに関する情報が簡単に手に入るようになり、中学生や高校生などの子供でもセックスを楽しむことが多くなっているようです。
男女ともに、小学校の高学年くらいになると、第二次性徴が起こります。第二次性徴が起こると、男の子は体つきががっしりとし、声変わりが起こり、陰毛などが生えそろいます。また、女の子は体つきが丸みを帯びるようになり、肉付きがよくなり、おっぱいも大きくなり、男の子と同じく陰毛が生えそろいます。第二次性徴により、男女それぞれの体つきの特徴に変化ができてきます。そして何より、性器が大きく発達します。男の子はペニスの包皮が剥けるようになり、ペニスや睾丸が大きくなってきます。そして、睾丸では精子が作られるようになり、男の子は射精するようになります。また、女の子は男の子のペニスを挿入できるように膣が成熟し、排卵が起こるようになり、生理が起こるようになります。このような身体の変化は、すべて男の子と女の子がセックスするために起こります。第二次性徴が起これば、小学生や中学生同士であっても、セックスをして性的な快感を味わうことができ、子供を作ることができるのです。

そして、第二次性徴が起こると精神的にも変化が起こります。特に、セックスに対する興味はとても強くなります。異性を好きになるようになり、その異性の身体と心を強く求めるようになります。このころから、男女にとってセックスの存在が頭から離れなくなります。何十年も、あるいは死ぬまでセックスの存在が生活のどこかで絡んでくるようになります。セックスをしなくとも、セックスに対する欲求が頭の中から消え去ることもないでしょう。まだまだ小さい小学生だったころには思いもよらなかったことでしょう。大人の身体になってきた男女はセックスの魔物にとりつかれてしまうのです。

人生にセックスの存在が現れたからといって、もちろんセックスをするようになるわけではありません。思春期を迎えた中学生でも、大半はセックスをせず、悶々としながら過ごします。中には同級生同士でのカップルが成立し、セックスをしている中学生もいます。
第二次性徴を迎えたとはいえ、まだ未熟なペニスを勃起させ、同級生の女の子の未熟な膣に挿入して、セックスの快楽を体験している男子中学生もいます。さらに高校生になればまた多くの男女がセックスをし、大学でもさらに多くの男女がセックスをしているはずです。第二次性徴を向かえ、多くの男女が次々にセックスを体験していき、いままでいつも頭のどこかにあったセックスに対する欲求を開放しているのです。

右のグラフは、日本の若者におけるセックスの経験率を年齢別に表したものです(2007年度のものです)。このグラフを見ると、中学生までに10%、高校生までに40%前後、成人までに60%、22歳までには70%以上の男女がセックスを体験していることがわかります。
また、世界的に見ると、初めてセックスをした年齢は平均で17.7歳。初体験の平均年齢が一番若いのはアイスランドで15.7歳、日本ではグラフからも読み取れるとおり18.9歳のようです。

第二次性徴を向かえ、思春期になったころから、多くの男女がセックスをし始め、成人するころにはほとんどの人が初体験を済ませ、気持ちいい性生活を送っているようですね。精力剤
0

最近は10〜30 代の間に「ペットボトル症候群」なる現代病が増えている

2011/7/8 
「まだまだ若いから糖尿病なんて関係ない」なんて思いがちだけど、最近は10〜30 代の間に「ペットボトル症候群」なる現代病が増えているんだとか。う〜ん…ネーミングからして謎であります。そこで、ペットボトル症候群を発表した聖マリアンナ医科大学の研究グループに在籍していた、星賢二先生に話を伺いました。威哥王

「ペットボトル症候群はたくさん砂糖の入った清涼飲料水や缶コーヒーなどを大量に継続的に飲み続けることで、太りやすくなり、血糖値が高くなって、急性の糖尿病になるというものです。症状としては、『体のダルさ』や『ノドの渇き』、『トイレに行く回数が増える』などがあり、最悪の場合は、昏睡状態に陥って病院に運ばれるケースがあります」

ちなみに、炭酸飲料水の糖分をスティックシュガーで換算すると、ノンカロリーで1.5本、カロリーオフで約5本、通常のもので約12本分になる。そう考えると、ボクらは無意識のうちに糖分を意外とたくさんとっているのかも。

「ペットボトル症候群は、本人が無自覚のまま悪化しているケースが多いです。血糖値が高くなるとノドが渇きますが、その渇きをうるおすために清涼飲料水を飲む。するとさらに血糖値が高くなり、またノドが渇いて清涼飲料水を飲む。そして、さらに血糖値が上がる。そんなスパイラルに陥るのです。ちなみに、ペットボトル症候群は肥満の方に多いですが、高血糖の状態がさらに進んでいくと、体はどんどん痩せていきます」

えっ? 血糖値が高くなっているのに痩せるんですか? 逆に太りそうなイメージが…。

「体の中に入った糖は、膵臓からつくられる『インスリン』というホルモンによって、エネルギーとして利用されます。しかし、高血糖の人はインスリンの分泌能力が少ない場合が多く、血液中にはたくさん糖があるのに、エネルギーとして利用されない状態になります。そうすると体は糖が足りない(利用されていない)ことを察知して、脂肪を分解して糖をつくり始めるのです。当然、血糖値は高くなりますが、インスリンが不足しているわけですから、エネルギーとして利用されない。こうして、血糖値だけが上がり、痩せていくのです」

なるほど、痩せ型だからとかあまり関係ないんですね。ペットボトル症候群にならないために、普段からよく飲む飲料水の糖分量や、1日にどれくらい糖分をとっているかなどを知り、まず肥満を予防し、血糖値が高くならないようコントロールしたいものです。
花痴
1

われわれは関係を平易な言葉で表そうとしている

2011/7/4 
 [ロンドン 2日 ロイター] 携帯電話の電磁波で脳腫瘍が引き起こされる恐れがあるとの報告が先に世界保健機関(WHO)から出されたが、英国と米国、スウェーデンの研究者で構成する専門家委員会は、「携帯電話による発がんリスク説」に科学的証拠はないとの調査結果を発表した。
2日に学術誌「Environmental Health Perspectives(原題)」に掲載された論文で同専門家委員会は、過去に報告された調査の大規模な見直しを行ったところ、携帯電話の使用とがんの関係を示す有力な証拠は何もなかったと結論付けている。

 また、携帯電話からの電磁波が腫瘍を引き起こす恐れがあるとの説についても、確固たる生物学的メカニズムは見つかっていないと指摘。「いくつかの不明点は残っているが、これまで蓄積された証拠では、携帯電話の使用が成人の脳腫瘍を引き起こす可能性があるとの仮説に反する傾向がますます強まっている」としている。

 WHOの専門組織である国際がん研究機関(IARC)は先に、携帯電話の使用について、5段階で示される発がんリスクのカテゴリーで、上から3段階目となる「発がん性が疑われる(possibly carcinogenic)」に位置づけていた。

 ただ、今回の調査を率いた英国がん研究所のアンソニー・スウェドレー氏は「われわれは関係を平易な言葉で表そうとしている一方、IARCは既存のカテゴリーによるリスク分類を試みている(という違いがある)」と説明。調査結果とIARCの見解は必ずしも相反するものではないとしている。

 携帯電話は現在、世界全体で約50億台が使われており、電磁波が脳腫瘍を引き起こすリスクがあるとの論争は賛否両論が絶えない。しかし、業界専門家らは、すでの日常生活に必要不可欠な存在となっている携帯電話を、健康リスクだけを理由に消費者が使わなくなることはないとみている。
1



AutoPage最新お知らせ