2013/1/3

皇居・宮殿で1日  

皇居・宮殿で1日、「新年祝賀の儀」があり、天皇、皇后両陛下が皇太子ご夫妻はじめ皇族方や、安倍晋三首相ら三権の長から新年のあいさつを受けた

 宮殿・松の間であった衆院議長や参院議長らの祝賀に対して天皇陛下は「年頭にあたり、国の発展と国民の幸せを祈ります」と述べた皇后さまは首の痛みや腕のしびれが出ることがあり、負担を軽くするためにティアラ(王冠)を付けずに出席した

 2日には一般参賀が行われ、両陛下や皇族方が計5回、皇居・宮殿のベランダに立つ午前9時半から午後2時10分まで皇居・正門(二重橋)から入門できるれによれば静岡県は男女平均で全国トップ周りを見渡せば、確かに元気でピンピンしているお年寄りは多いような気がする長寿の秘密を探る大がかりな研究や、社会参加で生き生きと暮らす人たちの姿を紹介する【西嶋正信】

 ◇お茶で生活習慣病予防 掛川で秘密探る研究
 「お茶は、生活習慣病の予防に役立つか」このテーマで現在、お茶の産地である掛川市で「掛川スタディ」と呼ばれる研究が進められている参加した市民は累計約1500人お茶と健康の関係を探る、壮大な人体実験だ
 福岡市東区箱崎の九州大農学部4号館大学院農学研究院の立花宏文教授(食品機能化学)の実験室は活気に満ちていた最新の実験装置が並び、食品が健康増進にどう結びつくか、そのメカニズムの解明が行われる場所だ掛川市民から採取された血液もここに持ち込まれている学生5〜6人が出入りし、遺伝子解析装置で、カテキンに反応する遺伝子量の計測などが続いている
 お茶には乾燥重量で十数%のカテキンが含まれている渋みの元で、アレルギーや炎症などに効果があることは知られているものの、緑茶がヒトの生活習慣病予防に効果があるかを大規模に実証した研究はない県はメタボ該当者と予備軍の比率が23・6%で、鳥取県に次いで全国2番目の低さ(08年厚労省調査)カテキンがメタボなどの生活習慣病予防にも役立っているのではないか、掛川スタディはこれを追究する
 市は09年1月、市民65人を対象に独自に研究を開始規模が拡大され同年6月から12年まで農林水産省の委託事業となった東北大の栗山進一教授が指揮を執った
 最も効果が出たのは09年の実験だった151人の被験者を3グループに分け▽一般的な緑茶「やぶきた」エキス粉末▽特殊なメチル化カテキンが含まれる「べにふうき」エキス粉末▽でんぷんなどを入れた偽粉末(偽薬)−−のカプセルを3カ月服用してもらった被験者には自分がどのカプセルを飲んでいるのか知らされない実験中の12週間はお茶は飲めないため、お茶好きの市民からは「本当につらかった」との声も起きたほどだ
 血液を採取し分析した結果は、やぶきたとべにふうきで、悪玉コレステロールが低下し、べにふうきで善玉コレステロールが上昇有意な差が出たウエストでは、偽粉末を服用した人が平均で0・28センチ増加したのに対し、やぶきたでは1・86センチの減少病院で処方される薬並みの効果だったという
 その後、紙パックのお茶での実験なども行われ、現在、調査結果をまとめる段階だ

 2日には一般参賀が行われ、両陛下や皇族方が計5回、皇居・宮殿のベランダに立つグッチ長財布

 2日には一般参賀が行われ、両陛下や皇族方が計5回、皇居・宮殿のベランダに立つグッチ長財布

 2日には一般参賀が行われ、両陛下や皇族方が計5回、皇居・宮殿のベランダに立つヴィトン 財布 コピー
0

2013/1/3

2月下旬、自宅のある江東区から車を走  

瑞穂町のブルーべリー畑昨年12月下旬、自宅のある江東区から車を走らせてきた鈴木利喜恵(りきえ)さん(34)は自分の畑に目を細めた常緑のミスティー、育てやすいティフブルー12品種が畑の奥へと並ぶ
 「まだ小さいけど、来年は今年の3倍くらい収穫したいな」
 畑の中を走り回る一人息子の莞(かん)君(7)が「ベンチも作ろうよ」と声を上げた鈴木さんは、2年前の秋に新規就農したばかりだ
 都農業会議の仲介で瑞穂町の農業委員会や地主に営農計画を説明し、10年11月に約1400平方メートルの農地を借りる契約を結んだ1カ月後、穴掘りに苦戦しながら高さ30センチほどのブルーベリーの苗を260本植えた昨年は約40キロの実を収穫スーパーや青果店と販売契約も結んだいつか大きな木に育つことを願い、「木立ちファーム」と名づけた
 農業を始めたきっかけは、離婚だった慶応大を卒業後、生命保険会社で働き、25歳で小児科医の男性と結婚妊娠を機に、仕事は辞めた子どもを授かり幸せな日々のはずが、夫は多忙で自宅に戻る日が少なく、次第にギクシャクするようになった29歳の時に離婚した
 仕事を離れて約3年シングルマザーになって、どう生きていけばいいか分からない貯蓄と親の援助で暮らしながら半年間悩み抜き、思い立ったのが農業の道だった
 「失うものは何もない好きなことを仕事にしてみよう」
 子ども時代を緑いっぱいの栃木県内で過ごし、大人になってからも八ケ岳や那須へ登山に行き、自然に触れるのが好きだったまず植木の栽培を学ぼうと、さいたま市内の種苗会社に研修とアルバイトの口を見つけた
 働きながら情報を集め、世話がしやすいブルーベリーの栽培を目指すことに決めたそして「いつか農業をやるなら東京しかない」と思うようになった
 女手一つで大規模にはやれない自分で農業をする人が多い地方で少量生産しても売れはしない都会の消費地まで運ぶと運送費で利益が吹き飛ぶ消費地に近く、良い値がつきやすい都内が条件になったドラマ「轟轟戦隊ボウケンジャー」「魔女裁判」などに出演した女優の末永遥(26)が1日、自身のブログを更新し、2004年アテネ五輪柔道男子90キロ級銀メダリストで総合格闘家の泉浩(30)と真剣交際していることを明かした

【写真】末永遥との真剣交際が明らかになった泉浩

 末永は新年のあいさつの後「私事なのですが…今、私にはお付き合いさせて頂いている大切な人が居て、その方と真剣に交際をさせて頂いております」とし「お気付きの方もいらっしゃるかとも思いますが、その方とは泉浩さんです」と名前を挙げた

 ファンへの報告が遅くなったことをわびながら「だけど今日、こうして私の口からみんなへ1番に報告する事が出来て本当に嬉しく思います」と喜び「これから益々!と、また改めて自身の目標に向かって日々精進していきたいと思っています」と新年の誓いを立てた

 2人は2010年9月に熱愛が報じられ、当時、末永は自身のブログで「マスコミって恐ろしい」と肯定も否定もしていなかった12品種が畑の奥へと並ぶシャネル 財布12品種が畑の奥へと並ぶルイヴィトン 財布12品種が畑の奥へと並ぶシャネル 財布
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ