2010/8/4  4:32

情熱的な告白  新しい出会い

どうしよう…

遠距離にいる友達から、告白されちゃいました

彼は、とても情熱的で、正義感が強くて、
年下なのに、しっかりしてて、頼もしい人です。

でも、かなりの遠距離…

しかも、彼は寂しがり屋さん。

いまいち、恋愛モードになれない私です…
0

2010/8/3  2:08

気になる人  今の心境について

私には今、気になる人がいます

彼は、のんびりしていて、面白くて、優しくて…

一緒にいて、とても落ち着く人です。

一緒になって、笑ったり。

とにかく、楽しくて…

時間が経つのも、早いです。

けれど。

失恋ばかりだった私は。

あと、もう一歩、踏み出せない…

怖いです。

彼は、私にとって、大事な友達です。

前に、進みたいけれど…

どうしても、ブレーキがかかってしまう。


けれど。

会いたいと思うのは、彼を意識しているから…

約束の時間まで、
あともう少し…

私は、どうすればいいだろう…?
0

2010/8/3  1:55

本当に愛していた人  失恋

私には、本当に好きな人がいました

遠距離でしたが、彼がいつも、会いに来てくれて…
幸せでした

週末になると、車のエンジン音が、響いて…

玄関のチャイムが鳴って…

彼が、そこにいる。

それだけのことなのに、嬉しくて…

とても、幸せな時間でした。

彼は私に対して、厳しくも、優しく、
温かく接してくれました。
それが、とても嬉しかったです。

けれど。

別れのこない、出会いはないと、思い知りました。

彼は、音信不通になりました。

私は、笑っていました。


本当に、好きだった。
けれど。

それを言葉にすることは、できなかった。

彼と私の未来は、平行線だからです。

決して、交わることのない、道。


ある、晴れた日の公園のなかで。

彼に似た後姿を見つけました…

そばには、小さな女の子。

私は、思わずなみだを流していました。


ねぇ、今なら…
素直に、なれるかな…

私ね、私…

あなたの子供が、欲しかったんだ。

愛しい、大好きなあなたの、子供が。

結婚なんて、簡単なものではないけれど。
現実は、そんなに生易しいものではないと、知っていたけれど…

それでも。

私は、彼への想いを、募らせていました。

だから。

叶わない”恋”を、
ひとりで、追いかけていたんです。

彼は、去ってゆくのに…


今でも、ふと、想うことがあります。

”赤ちゃんが欲しいなぁ”

あのとき。

彼の子供かもしれない、と感じたとき。

愛しくて、幸せで…

守ると決めた、”命”

お腹を、優しく、なでて…

ほほ笑むころの、切なくて、ほろ苦い、記憶です。

0

2010/8/3  1:40

悲しい記憶  失恋

私には、悲しい記憶があります
それは、今でも、どこかで続いている”現実”でもあります

刑罰法規に触れない範囲での、軽微な嫌がらせ行為を、
三年間受けています

彼は、既婚者です。
私はそれを知らずに、彼に告白してしまいました。

いつも、胸に秘めるだけの、小さな、淡い恋心。

彼との未来を考えるのではなく、
私は、気持ちを相手に伝えたかった。

ただ、それだけでした。


何があったのかさえ、私にはわかりません。

彼は、私を執拗に尾行してくるようになりました。
車で、睨みながら、追跡されたり
職場に内緒で押しかけ、同僚に吹聴していたり…

家の近くで、待ち伏せをされたこともありました。

けれど、ほとんどは証拠の残らないこと。
相手を法律で罰することは難しく、精神的に、不安と恐怖だけが募ります。

こんな思いを、どれだけの女性が抱えているのか…
考えるだけで、悲しくなります。

誰がどう言葉で取り繕うとも、
”違法行為”であることに、変わりはありません。

このような悲しみと、苦しみが、いつまで続くのか…


ちなみに、彼は某学校の教員であり、
警察関係者です。
それなりに、経済的な余裕もあるようで…

年の差もありますし、子供の言葉など、
誰も信じてはくれません。

ひどく、寂しくて、孤独です…

”好き”のひとことが、
それからの人生を壊すなんて、あのときは、
誰も想像しなかったと思います。

これが、私の悲しい記憶です。

できるところまで、頑張ってみよう。
けれど。
もし、何もできなかったら…
真実が、闇に葬られてしまったら…

私は、どれだけの犠牲を払えばいいのか。

やっぱり、恋愛には、”理性”が不可欠だと、勉強しました
0

2010/8/2  4:39

teacup.ブログ START!  今の心境について

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ