山口県の温泉地です。  


●下関市「川棚温泉」
室町時代に三恵寺の恰雲和尚が掘り当てたといわれ、約800年以上の歴史を誇る霊泉です。その昔、一大沼地だったこの地に清らかな水を与えていた青龍が大地震による山崩れで死んでしまい、悲しんだ村人たちが青龍権現として祭ったところ、湯が噴き出したとの伝説が残っています。江戸時代には、毛利藩主の御殿湯が設けられて栄えていました。山口県を代表する温泉の一つで、「下関の奥座敷」などと称されることがあります。無色透明のラジウム泉で、小野小町が惚れた泉質という言い伝えがあり、美肌効果があると言われています。神経痛・筋肉痛・リウマチ・皮膚病・胃腸病・婦人病・むち打ち症・疲労回復・運動機能障害などに効能が見られ、肌に優しい湯で親しまれています。

●長門市「湯免温泉」
萩と長門の間、田園地帯にたたずむのどかな温泉地です。約1200年前、弘法大師空海が夢のお告げで発見されたという説と、白うさぎが傷を癒しに来て発見したという2つの伝説を持っています。湯の名前は、大師の夢の中に出てきた温泉、ということで「ゆめ」温泉と呼ばれるようになり、それが転じて「湯免温泉」となったと言われています。また、兎が発見した湯であるので、人々は、湯免と言うようになったとも言われています。通常の4倍のラジウム含有量を誇る、西日本有数のアルカリ性単純温泉で、美肌・皮膚病・神経痛・筋肉痛・関節痛・リュウマチ・肩こり・貧血・冷え性・疲労回復などに効果が見られます。鮎釣りで知られる三隅川沿いの山里にあり、鄙びた情緒漂う風情も魅力です。

●長門市「俵山温泉」
約1100年以上前、白い猿に化けた薬師如来が発見したと伝えられる、山あいの歴史ある温泉郷です。俵山温泉は古くから湯治場として有名で、全国各地から沢山の人々が訪れています。泉質が良いということと、環境が良いということから、昭和29年に国民保養温泉に指定されました。泉質は無色透明の単純アルカリ泉で、pH9.8という日本有数の強アルカリ性の泉質を誇っています。入浴で神経痛・リュウマチ・筋肉痛・疲労回復・アトピー性皮膚炎などの皮膚の炎症・美肌効果・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・打ち身・くじき・痔疾・冷え性・病後回復期・健康増進などに、飲泉で便秘・胃酸過多・無胃酸症・糖尿病・肥満症などに効果が見られ、療養泉としてリピートされる方も多いそうです。






一獲千金  副業.jp
0

山口県の郷土料理・ご当地グルメです  


●岩国市「岩国寿司」
今から約380年前、山城であり水が確保できない岩国城においての合戦に備えるため作られた押し寿司の一種で、岩国城内で食べられていたこともあり、「殿様寿司」とも言われています。地元ではその形から「角ずし」と呼ばれることも多いそうです。岩国寿司は、寿司飯と具を交互に重ね、人が重石となって踏み固めて作ります。作る行程に力仕事が多いので、岩国寿司作りには熟練された男手が大変重要です。できあがった大きな押し寿司を、長い刃の寿司切り包丁で一人前ずつに切り分けて供するため、一度に数十人前ほど出来上がります。甘めの寿司飯に、大葉・穴子・椎茸・錦糸卵・デンブなどの、色とりどりの具で飾り、見た目にも大変鮮やかです。まさに別名・殿様寿司の名にふさわしい華やかなお寿司です。

●山口市「バリそば・ばりそば」
第二次世界大戦後に台湾の麺料理を参考に作られたもので半世紀以上の歴史がある、山口市の隠れたご当地グルメの一つ。太めの揚げた中華麺の上に、大ぶりのキャベツ・タケノコ・シイタケ・キクラゲなどの野菜がたっぷりと盛りつけられた、ボリュームのある一品です。鶏ガラベースのあんのトロミは、皿うどんよりも弱く、限りなくスープに近いのでサラサラとしています。揚げた麺の香ばしさと、シャキシャキの食感を残したキャベツの甘さに、しっかりとした味のスープがほどよいコンビネーションを醸し出しています。バリそばの名前の由来は、揚げたときに「ばりばり」と音がするからとか、食べた際にやはり、「ばりばり」と言うから、などと諸説あるそうです。ずっと門外不出のレシピを守っているそうで、山口県以外ではなかなか味わえない名物です。

●萩市「萩のいとこ煮」
昔から冠婚葬祭の際の料理として饗されてきた萩のいとこ煮は、他地域に比べ汁気が多い汁物で、一風異なった雰囲気を持っています。萩のいとこ煮は、城下町らしく、汁が澄んでいてどこか上品な趣があるのが一番の特徴でしょう。昆布などのだし汁に砂糖・しょうゆ・塩で味を整え、ふっくらと煮ておいた小豆・白玉団子・シイタケ・花麩などを入れて煮て、冷ましてから頂くのが主流です。祝儀の時は食紅で赤く、不祝儀の時は白一色あるいは緑色に染めた白玉団子を入れるのだそう。一方、同県の瀬戸内海側では、汁気がなくなるまで煮詰めたものがいとこ煮で、萩とは全く違う雰囲気を持っていますが、小豆と白玉団子を用いることだけは共通しています。同県内で異なるいとこ煮が味わえるのも、郷土料理ならではですね。






一獲千金  副業.jp

0

山口県レジャースポットです。  


●下関市「海響館」
下関市立しものせき水族館「海響館」は、下関の成り立ちが海と深く関わってきたことから、「海のいのち・海といのち」をメインコンセプトに、自然科学・海洋文化を体験しながら学習する21世紀の水族館として誕生しました。世界最大級、日本初公開のシロナガスクジラの全長26mの骨格標本をはじめ、下関ならではの「ふぐコーナー」・約900tという大型スケールで展開される「関門海峡潮流水槽」・関門海峡を背景にイルカのショーが楽しめる「アクアシアター」・は、亜南極と温帯の2つの気候エリアに生息するペンギン5種の展示を行い、リアルなペンギンの生態を観察しながら楽しく学べる「ペンギン村」など、他では見ることのできない内容が目白押しです。バリアフリーの設備も整い、どなたでも安心して楽しめる水族館です。

●下関市「海峡ゆめタワー」
「海峡ゆめタワー」は、平成8年7月に関門海峡のランドマークとして誕生しました。3層からなる球状の展望室からは、瀬戸内海・関門海峡・巌流島・九州の連山そして響灘と、360度の雄大なパノラマが一望に眺められ、その高さは日本有数の143mを誇っています。平成18年10月1日には、山口県では初となる「恋人の聖地」に選定されました。タワー28階の展望室には、お願いすると恋愛が成就するといわれる「縁結び神社」や、「恋みくじ」・「ご縁結びキーホルダー」などがあり、カップルに大人気となっています。「縁結び神社」の屋根にはハート形の銅版が飾られ、その可愛いデザインは女性からも評判がよく、写真撮影をしている人も多くいらっしゃいます。朝・昼・夜と変わる海峡の風景を映し、訪れた折々で、多彩な海峡の表情を楽しませてくれます。

●下関市「豊田ホタルの里ミュージアム」
下関市豊田町は古くから、日本有数のホタルの名勝地として知られていました。しかし、人間の乱獲や生活排水による水質汚染が原因でホタルは減少してしまい、それを食い止めようと町民の有志が、ホタルの保護活動を始めました。そして、その時から、下関市豊田町とホタルとの歴史が紡ぎ出され、平成16年に「豊田ホタルの里ミュージアム」が開館しました。ホタルの乱舞が見られるのは6月初旬から下旬までですが、ミュージアムでは一年を通じてホタルの神秘的な一生を知ることができます。用意されている様々な体験コーナーでは、ホタルの生態や、自然科学などがじっくり学べます。子どもから大人まで参加できる観察会もあるので、親子で自然との触れ合いを楽しめ、貴重な時間を過ごすことが出来ます。





一獲千金  副業.jp
0

山口県観光スポットです。  


本日からは山口県の魅力をご紹介していきたいと思います。


●長門市「龍宮の潮吹き」
龍宮とは、宇津賀半島北端の海蝕地形の総称のことをいいます。この一帯は第4紀洪積世の玄武岩からなっており、玄武岩の横臥の奥に龍宮があると伝えられ、舟隠しといわれている場所もあります。また潮吹きとは、打ち寄せる波が絶壁下海面近くの、わずか縦1m、幅20cmの穴に突入し、奥の空洞に圧縮された空気が海水を激しく外に出そうとして、上方に海水を噴出させる噴潮現象のことです。北よりの風が吹き、海がしけると潮が上がり、海水を最大30mも吹き上げ、遠くから眺めれば龍が天に向かって昇るありさまに似て、飛び散るしぶきは太陽を反射して銀の砂をまくような美しい光景が見られます。昭和9年8月には名勝および、国指定天然記念物に指定されました。

●山口市「常栄寺雪舟庭」
雪舟が大内政弘の依頼により、別荘の庭として築庭したと伝えられている常栄寺雪舟庭。もともとは政弘の別荘だったのですが、政弘が母の菩提を弔うため妙貴寺という寺とし、さらに毛利隆元の菩提寺となった際に常栄寺と改称しました。庭は本堂の北面にあり、東・西・北の三方を囲む山林を背景に水と石を美しく配し、枯山水、枯滝を設けた池泉回遊式庭園です。中国大陸を象徴する三山五嶽の石組みや日本の富士山になぞらえた石組みなど、広大なイメージを無数の石で表現しているほか、内庭全面は芝生で覆い、一木も用いず、わずかなさつき、つつじを植え込んで、山林雲煙を表しています。いくらか改築の跡がみられるものの大部分は築庭当時のもの。名園として国の史跡名勝に指定されています。

●美祢市「秋芳洞」
秋芳洞は国の特別天然記念物に指定されており、秋吉台の地下約100mにある洞窟で、秋吉台に降った雨水が石灰岩を徐々に溶かしながら地下にしみこむ過程で出来て行った、鍾乳洞としては日本最大の長さと、東洋一の美観を誇る大規模な洞窟です。公開以前から地元では水神が棲む魔物の洞窟として恐れられていたため、近づく人もいませんでしたが、その後の学者の調査の結果、観光用として開放しても問題ないということから明治42年に観光地として一般開放されることになりました。秋芳洞の名称「あきよしどう」は、昭和天皇が即位前の大正15年5月30日にここを訪れた際、行啓記念で命名したものだそうです。全長10kmのうち1kmを「観光コース」・高さ25mの地点を歩く「冒険コース」に設定され、迫力満点な探索が楽しめます。




一獲千金  副業.jp
0

石川県おすすめ夜景スポットご紹介!  


石川県シリーズも今回で最後になります。今回もちょこっと趣旨を変えて書いてみようと思います
これからの季節はクリスマスに向けて、街が煌びやかに色付いていきますね〜そんなイルミネーションや街灯が綺麗に一望できる、石川県の夜景スポットをご紹介しちゃいます


●金沢市「卯辰山」
標高141mの卯辰山から、加賀百万国の素晴らしい夜景を見下ろせます。兼六園からも近く、展望レストランもあり、気軽に立ち寄って楽しめるスポットです。

●金沢市「野田山」
車に乗ったまま、サイドシート越しに市内を一望することができます。また繁華街からアクセスが良いので、週末にはカップルが集まってきます。

●金沢市「石川県庁」
県庁舎最上階に全方向見渡せる展望台があり、金沢港から市内中心部まで見渡せます。また、展望室併設の喫茶店からも夜景を楽しめます。夜景100選にも選ばれています。

●内灘町「内灘総合公園 円形展望台」
高さ60m程の展望台からは日本海から金沢市までを一望できます。また、19時ジャストに7色に変わる内灘大橋のライトアップも見応え十分です。

●内灘町「内灘総合公園 木製展望台」
7色に変化する内灘大橋と、金沢市の夜景を眺めることができる展望台です。橋の麓にある駐車場では、車内からライトアップを眺められます。


調べたら他にもゴロゴロ出て来ますが、私のおススメをあげてみましたどこも女性同士でも安心して見られたり、車内観賞できるスポットばかりなのでお気軽に行けると思います
これからもっと寒くなって来て、空気も澄んで来るのでさらに美しく見られる事が出来るでしょ〜

ではでは、石川県のご紹介はこの辺にてお開きにしようと思いますっ!
次はどこの都道府県にしようかな…




一獲千金  副業.jp
0




AutoPage最新お知らせ