2012/7/17

よりよい看護師求人に転職するために  

現在、看護師にとって求人の選択肢は有り余っているため、恐らく「今働いているところより条件がいい…」という案件を見つけてしまった人は数多くいるのではないでしょうか。現在は深刻な看護師不足ですから、転職しようと思えば、簡単に出来てしまう現状です。自分によい環境となるなら、もちろん転職は行って構わないものですが、転職する際には、現在の職場を出来るだけ円満退職しておきましょう。何故かというと、看護業界は狭い世界のため、誰かの転職、退職の噂は広まって行きやすいからです。それに、応募した次の求人元が、前の職場に以前の勤務形態を確認することもあります。



業界内で悪い噂が流れてしまうようなことは避けなければなりません。転職することを決めた、あるいは考え始めたら、最初は直属の上司へ相談しましょう。言いにくいからといって、普段あまり接点のない上司や、直属を飛ばしてさらに上の上司に行ってしまうのはいけません。この時、なるべくなら前向きな理由をもって相談する方が得策です。退職することが決まったら退職届を提出しますが、退職届もきちんとマナーを確認して書きましょう。



退職届を提出し、日取りが決まったら、ようやく同僚など広い範囲に退職の報告を行います。そして退職までに、自らが担当する業務は、必ず全て綺麗に片づけましょう。後に引き継ぐ人へ必要以上の迷惑をかけてしまうと、これも悪評のもとになってしまいます。最後に職場全体に知らせるあいさつ状も、問題のある表現をしていないか抜かりなく確認しましょう。全てを気持ちよく終えたら、ようやく次の看護師求人に向けて全力を傾けましょう。



マイナビ看護師 口コミはこちら
ナースフル 口コミはこちら
ナース人材バンク 口コミはこちら
0

2012/7/14

(無題)  

看護師さんが働く場所というと病院を思い浮かべますが、病院と

いっても沢山の科目があって、更に外来と病棟勤務にわかれています。



それぞれで業務の内容が違っていて、大変なのは病棟勤務だと

言われていますね。



夜勤もあるし、急患が入ったときには必然的に残業をすることに

なりますね。



しかし、患者さんとのコミュニケーションが取れるという意味では、

一番長く一緒にいるので、病棟が一番です。



看護師は病院だけじゃなくて、個人クリニックなどでも働けますね。



大きな病院が近くに無かったり、夜勤をするのは難しいという場合

には、近所のクリニックで働くようにすれば、残業や夜勤がなく、

きちんと定時で仕事が終わるので、負担も少ないと思います。



それから、学校や企業、残業での勤務もあります。



保健室の先生というとイメージしやすいかと思いますが、生徒や

従業員が体調を崩してしまったり、怪我をしてしまったときに

手当てをしたり休ませたり、色々と悩んでいる事を聞いて気持ちが

楽になるようにメンタルケアも行います。



近年では短期で働く看護師の仕事もあり、離島などに短期で働きに

行くことが出来たり、旅行会社のツアーに同行する仕事などもあります。



それから、看護師からキャリアアップ出来る仕事も沢山あり、

看護師の職場というのは数え切れないほどに増えていますから、

ライフスタイルな時間に合わせて、自分が働きたい職場を選べる

ようになっています。



将来を見据えて決めるのも良いし、まずは短期で色々な職場を経験

してみるのも良いですね。


ナースではたらこの口コミはこちら。看護師の転職サイトです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ