てこね寿司&大あさり  伊勢神宮食べ歩き

5日の夜から7日まで伊勢神宮と名古屋に行ってきました。

今回は珍しく4人という団体行動。

いつもと違って行き当たりばったりというわけにはいかなかったので大変でしたが、一人旅とは違った楽しみもありました。

(今回はひとまわり以上年下の女の子が二人もいたので内心ドキドキしていました)

さて、今回の旅行の1食目はてこね寿司と焼き大アサリ。

クリックすると元のサイズで表示します

初詣に行った時、外宮前に鈴木水産さんが店を出していたのを見ていたのですが、かなり混雑していたので入るのは諦めていたのです。

鈴木水産では食券を自販機で買うと同時に厨房に注文がいくので、食券を見せずに席に座って番号が呼ばれるまで待ちます。

てこね寿司はまぐろの赤身のヅケにゴマの入った醤油ベースのタレがかかっています。

てこね寿司の場合は赤身を使ってるってところがいいんだよね。

そして大アサリ。

鈴木水産ではリーズナブルな価格で焼き貝が食べられるのが嬉しいんですよね。

大アサリの他に、牡蛎やサザエ、アワビもありますが、こちらに来たらやっぱり大アサリが食べたいです。

内宮店では醤油ダレがかかっていましたが、外宮店では塩がかかっていました。





ぶっちゃけいいますと、大アサリに関しては内宮店の方が30円高いのですが、貝が大きくて美味しかったです。

てこね寿司を先に食べてから食べたので冷めていたというのを差し引いても内宮店の方が美味しかった。
0




AutoPage最新お知らせ