2017/2/15

旅の終わりはメキシコ料理に舌鼓  旅行・アメリカ (Travel・USA)

ツアーを終えて、バスは港に戻ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

思えばメキシコを訪れるのはこれが初めて。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

何気なく撮った(ピンぼけの)一枚ですが、これはアボガドの木↓?

クリックすると元のサイズで表示します

昼食付きのツアーでしたので、席がブランコになっている海辺のバーを抜けて、

クリックすると元のサイズで表示します

レストランの2階へやって来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

目の前には白い砂浜と青い海ビーチ

クリックすると元のサイズで表示します

そしておいしそうな昼食が用意されていました↓。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

メキシコ人の主食トルティーヤ(小麦粉やトウモロコシ粉で作る生地)に、肉やサルサ、新鮮な野菜、サワークリーム、グアカモレを挟んでいただきます

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/2/15

神秘の泉でシュノーケリング『セノーテ・ドスオホス』  旅行・アメリカ (Travel・USA)

誕生日に私がチョイスした、『Turtle cove(亀の入り江)とクリスタルのように澄んだセノーテ(水中洞窟)をシュノーケルし、亀はもちろんのこと、さまざまな水中の生き物に出会えるツアー』。

ウミガメを見た後は、次の目的地DOS OJOS(ドス・オホス)へ。

クリックすると元のサイズで表示します

ここメキシコのユカタン半島付近の石灰岩地帯には、かつて長大な地下川型洞窟が存在しており、海面上昇に伴って洞窟全体が水没してできたといわれるセノーテが存在しています。

クリックすると元のサイズで表示します

この地下河川は、山や川のないこの地域で重要な水源であったと言います。

クリックすると元のサイズで表示します

ジャングルの中にたたずむ碧い水はまさに絶景↓。

クリックすると元のサイズで表示します

水は非常に澄んでおり、

クリックすると元のサイズで表示します

小さな魚たちも寄ってきます。

クリックすると元のサイズで表示します

私たちはシュノーケルのみでしたが、ダイビングをしている人たちもたくさん見かけました。

この洞窟、深いところだと水深118メートルにもなるそうで、実際シュノーケリングをしていても洞窟の遥か底の方をダーバーの人たちのライトが動き回るのが見えました。

クリックすると元のサイズで表示します

常に自然に敬意を払いつつ、用心しながら楽しみましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/2/13

ウミガメに出会う誕生日 in Cozumel, MEXICO  旅行・アメリカ (Travel・USA)

クルーズDay 6、船を降りるとそこは船と船の間↓。

クリックすると元のサイズで表示します

最後の寄港地はメキシコのコスメル。

私たちの船の横には、私たちの船よりもさらに大きな船が停泊しており、かなりの迫力です↓。

クリックすると元のサイズで表示します

クルーズ6日目のこの日は私の誕生日だったので、マイクが私の好きなツアーを選ばせてくれました。

私が選んだのは、『Turtle cove(亀の入り江)とクリスタルのように澄んだセノーテ(水中洞窟)をシュノーケルし、亀はもちろんのこと、さまざまな水中の生き物に出会えるツアー』。

具体的なツアー内容は分からなかったものの、『亀に会えるよ』といううたい文句に惹かれた私。

クリックすると元のサイズで表示します

ツアーの最初に来た海で、浮きベストとシュノーケルだけ身につけるよう指示されて、

10人くらいで案内のお兄さん(アレンさん)に付いて泳ぎます。

するとすぐに見えて来た↓!!

水族館でしか見たことのなかったウミガメです。

クリックすると元のサイズで表示します

ビーチ自体は普通に観光客が海水浴を楽しんでいるような場所ですが、足が地面に届かないくらいの沖へ出ると、ウミガメがのどかに水草を食べています。

時折思い立ったように水面まで上がって来て、

クリックすると元のサイズで表示します

4秒間頭を水面からのぞかせます。

クリックすると元のサイズで表示します

そしてまた水草のある海底へ↓。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ウミガメがこんなにもかわいいものだなんて、思ってもいませんでした。

案内人のアレンさんの泳ぎに付いて行きながら、4〜5匹のウミガメに出会いました。

クリックすると元のサイズで表示します

ウミガメのエリアを過ぎてからも、コーラルリーフがある場所をシュノーケリングしてきれいな魚たちを見ましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

ウミガメで幸福感いっぱい

クリックすると元のサイズで表示します

これらの水中写真は、いつも使っているカメラを専用の防水ケースに入れて撮影しました。

実は泳いでいる最中には写真が撮れているのか撮れていないのか確認出来なかったので、海から上がってウミガメが写真におさまっていることを確認し、さらにハッピーでしたハートハートハート

クリックすると元のサイズで表示します


人気ブログランキング、応援のクリックをよろしくね!
Ich nehme an Blog Rang teil, bitte einmal pro Tag unten klicken!
please klick here for blog ranking↓

人気ブログランキングへ


0

2017/2/12

船での夕食(一部)  旅行・アメリカ (Travel・USA)

船には3階にわたる吹き抜けのダイニングルームがあり、夕食はここでいただきます。

クリックすると元のサイズで表示します

席は毎回決まっており、私たちは結婚式の参加メンバーたちと少しずつメンバーを変えながら夕食を楽しみました。

さて、7泊8日の船の旅、毎夜部屋に届けられる船の日刊紙COMPPASSにその日の夕食のドレスコードが示されています。

ドレスやタキシードを着る『フォーマル』が2回、『カジュアル』が4回、カジュアルより少しきちんとした格好の『スマートフォーマル』が一回あります。

ドレスコードに応じてメニューに並ぶ食事のグレードも変化します(メニューは毎日変わります)。

席に着くと5種類くらいあるロールパンから好きな物を選んでいただいて↓、メニューを注文。

クリックすると元のサイズで表示します

前菜はシュリンプカクテルやエスカルゴ、

クリックすると元のサイズで表示します

どれも試してみたくなるような名前がついたスープやサラダ。

クリックすると元のサイズで表示します

メインは魚貝のパスタや、タイガーシュリンプ、

クリックすると元のサイズで表示します

鴨のローストやラムチョップ、

クリックすると元のサイズで表示します

ここからさらに追加料金で頼めるフィレステーキもありました↓。

クリックすると元のサイズで表示します

夕食の時刻も決まっています。

数グループに分かれているとはいえ、大勢の人が同時に席について注文するシステムだったため、お皿の中は時々『戦場のキッチンからやってきた...』感がありましたが、どの食事もおいしくいただきました。

デザートも、チーズプレート↓をはじめ、

クリックすると元のサイズで表示します

チーズケーキやパンナコッタ、

クリックすると元のサイズで表示します

ティラミスからクリームブリュレまで、普段デザートなんて注文しないのに、ほぼ毎食デザートを注文してしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

ドレスコードが『カジュアル』であっても、夕食の席ではきれいにおめかししている人が多いように感じました。


人気ブログランキング、応援のクリックをよろしくね!
Ich nehme an Blog Rang teil, bitte einmal pro Tag unten klicken!
please klick here for blog ranking↓

人気ブログランキングへ
0

2017/2/11

ベリーズのカハル・ペチ遺跡  旅行・アメリカ (Travel・USA)

クルーズ5日目は、北にメキシコ、西にグアテマラと国境を接するベリーズという国にやってきました。

クルーズ出発前、友人に「ベリーズに行くならぜひダイビングを!」とアドバイスされたこの国は、美しい海と珊瑚礁に囲まれて、『カリブ海の宝石宝石』と呼ばれているそうです。

そんなベリーズ滞在に私たちが選んだのは、ダイビングではなくてマヤ遺跡訪問ツアー。

ベリーズの密林には20以上のマヤ遺跡が潜んでいると言ます。

船を降りた場所からバスで片道2時間走った場所にある、カハル・ペチ遺跡を訪れました↓。バス

クリックすると元のサイズで表示します

ガイドの方が2人付いて案内してくださいました。

クリックすると元のサイズで表示します

バスを停めた場所から遺跡まで歩いている途中、ガイドの指す方向を見ると10m程先に大きな蛇が!

クリックすると元のサイズで表示します

豊かな自然の中からすぐに遺跡が姿を現しました↓。

クリックすると元のサイズで表示します

このカハル・ペチ遺跡はベリーズの5大マヤ遺跡に数えられるもので、1万人程の人口があったとされています。

クリックすると元のサイズで表示します

ベリーズでは一番古い遺跡なのだとか◎o◎

クリックすると元のサイズで表示します

マヤのエリート一族(王族)が住んでいたそうで、

クリックすると元のサイズで表示します

実際に石の階段を上がったり、石を積み上げて出来たアーチをくぐったり、当時の生活に思いを馳せながら歩くことが可能です。

クリックすると元のサイズで表示します

遺跡を探索した後はバナナとパイナップルジュース&リンゴジュースの支給があり、

クリックすると元のサイズで表示します

昼食は5jの有料でしたが、歩いてお腹がすいていたこともあり、コールスロー、焼きバナナ、チキン、ビーン&ライスをおいしくいただきました

クリックすると元のサイズで表示します

帰りの2時間のバスの旅は寝ていたらあっという間でした。


人気ブログランキング、応援のクリックをよろしくね!
Ich nehme an Blog Rang teil, bitte einmal pro Tag unten klicken!
please klick here for blog ranking↓

人気ブログランキングへ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ