(無題)  

勝敗は兵家の常とはよく言ったものです。また奢る平家は久しからずともいいますし、武士は食わねど高楊枝とも心に響くことわざと言えるのかもしれません。故事来歴に詳しいかたがたの意見や著作によらずともわれわれが日々の生活を時々刻々とその人生をおくっていくなかで感じ取りまた看守しまた体験し経験を繰り返しているのかもしれません。われわれが現行生きている世界とは高度に効率化がなされ社会整備や都市のインフラ整備も大多数の民衆や大衆に行き届くよう、また平等に感受できるように配備がおよそなされている先進と言われる都市に居住できているということは大変貴重で恵まれたことなのかもしれません。かつての人類のようにつねに圧政や暴虐や災厄や天災や災害などに苛まれる日々を送らずとも住むということは人類が克服し、また成長と進歩と進化と勝ち得た証であります。そうした悲劇や惨劇を最低限に抑えることは大変良いことであることの反面、世界は保守性をたかめ、冒険心や重責や英断の機会をだんだんと低減することに相成ってしまった結果とうとう生産性の低下や人類としての能力の劣化がすすみ退行状態であるということさえおおくの人びとが気づいていないのが現状です。
~~ ∵広告 ~~ ∵ ~~ ∵ ~~ ∵ ~~ ∵ ~~ ∵ ~~ ∵ ~~
三軒茶屋ガールズバーのことなら→三軒茶屋ガールズバーへ!
溝の口ガールズバーのことなら→溝の口ガールズバーへ!
ガールズバー六本木のことなら→ガールズバー六本木へ!
0

(無題)  

私たちが現時点でたゆまなく享受できている高度に論理化と高度に合理化がなされた社会整備やインフラ整備とはかつての人類が多くの犠牲と労力と時間を要した結晶でありまた人類としての筆舌に尽くせない成果とも言えまます。現在高度資本主義は停滞状態と世界中の経済学者や識者や教授や先生とも周囲のかたがたから人方ならぬ尊敬と賞賛の声を得ているかたがたからそのように批評されてはいるものの歴史を振り返ってみるとその成長の成果は後代の人類にも誇ることのできるものと言えるものでありそうでありながら文化として現代の世の中を判断した場合はどうでしょう。かつての貴族主義的時代、つまりは封建時代や中世に当たる時期に比べると人類は美しさや芸術性と言える分野ではたいへん劣った能力しか兼ね備えていないと言えるでしょう。例えば大変科学性が進んだ現在でも江戸時代の着物の最高峰と呼ばれた作品を再現できないのが事実であります。もちろんかつての芸術性の背景には多くの人々から搾取した資本をバック・ボーンにその当時の芸術家は貴族なだけに何世代にも渡るノウハウを持っていましたので太刀打ちできません。
~~ ∵広告 ~~ ∵ ~~ ∵ ~~ ∵ ~~ ∵ ~~ ∵ ~~ ∵ ~~
墨田区鍵紛失ならこちらへ!→http://xn--dkr39j1lw83gvji5x7a.com/
江戸川区鍵紛失ならこちらへ!→http://xn--dkrs2lqoeo9ej9oroynw8a.com/
福岡鍵屋ならこちらへ!→http://xn--ogtrhx63f05w.com/
0




AutoPage最新お知らせ