2011/9/21 | 投稿者: ヤマソ

本日、台風襲来にて、鉄道も道路もアウトになるのは見え見えでしたので、堂々とZ休みなり。

ところで紫電は凸モールドなので、今回は下地として暗色を塗ってみることにしました。
使ったのは40番のジャーマングレーですが、完全なつや消しで、写真ではわかりませんが殆ど真っ黒です。
ふ〜ん、ドイツ軍戦車ってこんなに黒いんだ。

この上から従来の色を吹いていきます。今回、日の丸や識別帯は完全に後塗りします。
でも、今日は悪天候なのでヤメヤメ(笑)クリックすると元のサイズで表示します

2011/9/15 | 投稿者: ヤマソ

コクピットがさみしいので、シートベルトを付けてみました。
エデュアルドの1/32のエッチングを買おうと思いましたが、通販は面倒くさいのと、銭がないから、自宅にあるもので作りました。

まず、百均で買ったA4のシール紙をプリンターにぶち込み、1/48のエッチングシートベルトを150lの倍率でカラーコピー。あとは切り抜いてピンセットでペッタンコ。
なんと邪道な(爆)

作業時間は30分、金具の部分も紙なので、仕上がりはそれなりですが、お手軽でございます。
三菱のシートベルトも一緒にコピーされてますので雷電で…ぶつぶつ


クリックすると元のサイズで表示します

2011/9/9 | 投稿者: ヤマソ

相変わらず作業が遅いのですが、なんとか士の字になりました。
主翼はちゃんと捩り下げがついてます。
ワシが見てのプロポーションは大変よろしいのであります。
この時代のシリーズでは傑作か?
プロペラはブレード毎に別部品、スピナーにキッチリ嵌まります。
翼端灯や照準機の透明部品もあり、今時のプラモと変わらない構成ですな。
ただ、繊細な凸リベットに神経を使うのと、ヒケが多いのが難儀でございます。
これからは苦手な塗装が待っております。

月内に完成できるかのう。
クリックすると元のサイズで表示します

2011/9/4 | 投稿者: ヤマソ

レベル紫電製作中ですが、現在この程度の進捗度合いです。
昔の模型誌などで「合わない合わないと」よく書かれてましたが、思ったより精度が高く、部品の合いが悪くはないです。複合的な接着部分もバッチリ連携します。うむむむ侮れません。
外版は凸モールドですが、パネル毎に梨地になっていて妙なこだわりも感じられます。
しかし、コクピットがじつにさみしいです。まあ、あまり見えないはずなので、椅子だけちょっといじってあとはそのままでいいや。
クリックすると元のサイズで表示します

排気管ですが、カウルフラップの裏がこんなことになっています。比較的、難所はここでした。
けっこう苦労しました。
排気管はしっかりエンジンの排気ポートに18箇所とも繋がっています。
その部分は完成したら見えませんけど・・・・・・
クリックすると元のサイズで表示します

ハセガワから新発売の雷電を買ってきました。無謀にも紫電と同時進行させます。
やっぱりやめよう(爆)
初回限定ということで、A4サイズのコミックが入っています。ワシ的にはあまり面白くない漫画でしたな。華々しく活躍しとるところを描かんと製作意欲わかないじゃん・・みたいな(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

キットですが、けっこう部品が多いですな。箱を開けるとボリューム感満点。
選択パーツや、内部の補強材とかの影響もあるかもしれません。
そのなかで、カウルなんですが、11型の発売を予定してか、機銃穴が開いてます。
もちろん塞ぐ部品がありますが、跡を処理する必要もありますな。
将来的には11、31、33型が出るのでしょう。
1/32の雷電が4種も飾れたたらそりゃもう壮観ですな(うひ〜)
クリックすると元のサイズで表示します

2011/8/24 | 投稿者: ヤマソ

今日は休日なので、次なるキットを物色してました。
やっぱりこれですかな。

さっそく作業を始めました、パーツはほとんど切り離し、小分けの透明ケースにブチ込みました。
レベル紫電は同雷電より細かく考証されたモデルです。
凸モールドですが、実に繊細で、随所に拘りが感じられます。
発動機や操縦席も良くできており、部品は雷電より多いのではないでしょうか。
また、特筆すべきギミックがあります。
それはフラップが可動します。それもファウラー式です。
選択式でオミットも出来ますが、活かさないワケには行きませんな。
完成予定は9月下旬です。
出来るかのう(笑)
クリックすると元のサイズで表示します




AutoPage最新お知らせ