2013/5/7

母の滴について  
母の滴についてどうでしょうか。空気(日本語では、空気を読まない、空気のような存在という表現もよく使われますね)
が乾燥してくる時期の悩みの一つが、乾燥肌(保湿することも大切ですが、洗浄成分の強すぎる洗顔料を使わないことも大切です)。乾燥肌を予防するためには、どうしたらよいのでしょうか。乾燥肌(スキンケアのやり方を一度見直してみた方がいいかもしれません)の予防で、もっとも大切なことが保湿です。特に顔は、正しいスキンケア(正しく行わないと肌トラブルに繋がります)で乾燥から皮膚を守りたいといわれているのです。洗顔料は強すぎないものを使う事が大事。高齢の方はぬるま湯で洗い、洗顔料の使用は3回に一回程度で十分。洗顔後は、自分の肌にあった化粧水(その名の通りの水のようなものから、とろみのあるものまで、商品によって使用感も畭なります)やオイルをすぐに塗る事です。それに、紫外線(曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいますから、晴れの日と同様の紫外線対策が欠かせません)対策も必要となってくるでしょうね。夏場の紫外線(子供の頃に紫外線を浴びる量が多いほど、皮膚ガンの発ガンリスクが高まるといわれていますから、赤ちゃんのうちからUV対策を行った方がいいですね)対策に気を利用した方は多い事でしょうが、冬場になってしまうと手を抜きがちなもの。冬でも、紫外線(太陽からの光のうち、紫色よりも波長が短い光をいい、長時間浴びることで、炎症や色素沈着、シミ、シワ、免疫力の低下などの様々な悪影響が生じます)対策はきちんとしましょう。顔だけでなく、体全体の乾燥を防ぐには、入浴(日本人は比較的高い温度のお湯に浸かることを好むようですが、あまり高い温度のお湯に浸かると、心臓に負担をかけてしまいます)の仕方に注意(頻繁に受けていると、信用を失いかねません)するのみでもずいぶんと畭なってきます。入浴剤を使用するのは当然ですが(保湿作用のあるものを使用)、あまりゴシゴシと重点をおいて体を洗ったりせず、入浴後は忘れずにボディローションを塗るようにしてください。また、乾燥肌(保湿することも大切ですが、洗浄成分の強すぎる洗顔料を使わないことも大切です)予防になる食事もおすすめ。肌の乾燥を予防する成分で大事なのは、ビタミン(生き物が成長したり、健康を維持する上で必要不可欠な栄養素の一つです)Aやタンパク質(脂質、タンパク質、糖質は摂り過ぎもよくありませんが、不足するのもよくないのです)(コラーゲン(魚のアラや鶏の皮、豚足、牛すじなどに多く含まれています))、アミノ酸(体に必要なアミノ酸は20種類あり、そのうちで体内での合成が可能なのは10種類だそうです)、脂質(グリセロ脂質やスフィンゴ脂質などがあります)、セラミド(加齢と共に減ってしまうといわれており、乾燥肌や敏感肌などにつながってしまいます)、ヒアルロン酸(結合組織を構成するとても重要な成分で、多糖類の一種です)などですね。これらをたくさん含む食事を摂ることが乾燥肌(どんなにメイクをしたところで、乾燥肌だと肌がキレイには見えませんし、メイクをすることで乾燥肌が悪化する恐れもあります)予防に繋がります。具体的には、緑黄色野菜(有色野菜とも呼ねれ、油と一緒に摂取することで、カロテンの吸収率があがります)や鶏肉、青魚、わかめ、大豆類、豚肉、レバー、ナッツ類などです。サプリメントなどを摂取するのもいいかもしれません。ほかにも、喫煙(中毒性、依存性が高いので、止めるのがとても難しいと考えられています)や睡眠不足、ストレス(人間関係が主な原因になることが多いですね)、運動不足(現代人は運動不足の人がほとんどでしょう。運動不足は生活習慣病や肥満にも繋がるといわれています)なんかも血行や新陳代謝(衭えると体がだるくなったり、肌のトラブルなどが発生するでしょう)の低下、ホルモンバランスの乱れを引き起こして、肌が乾燥する原因になるので注意(してくれる人がいるうちが花だといえるでしょう)した方がいいでしょう。
0

2013/2/18

teacup.ブログ START!  
ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ