ホーソーン のプレリュード 、気づいてくれた君へ送ります

2014/12/9 
今更だけど君に出会えて
本当によかったと心から感謝。
ありがとう。心の底から感謝しています。
これからもずっといつまでも
君のすてきな歌声に共鳴したいんだ。
2人だけの秘密。誰にも話さないで。
約束しよう。2人だけの絆にしようよ。
約束は果たすよ。そう願ったからね。
どれほどだろう。これほど心?が強いんだ。
どれほどの困難が待ち受けていようとも
勝ってみせるよ。君を愛してるから。
愛する君と
共にあるからさ。みなまで言わせないでよ。
夏の日差しが差し込む教室に
すてきな人がいたんだ。君だったとはね。
頼りなげな後ろ姿
を覗いてた。そんなつもりはなかったけれど。
あのさ。君もさ。気づいてた?
あの時に見た日から
幾度も君に夢で逢ってたんだよ。
時々見てたかも。いやもっとかな。
常にこころの風景には
君がいる。そう信じてる。
異常気象に侵された空が
度重なる災厄を思い起こさせても。
存在を感じる人がいなくなってしまっても。
見飽きた君の呆れたような顔が
励ましてくれたね。覚えているよ。
驚いた。遠くに行った君が
美麗だった。美しいってことさ。
細いのに力強い君の手が気持よくて。時間が止まればいいと思った。
あたかも太陽の祝福のようで。
スープで温めてくれたね。ふふふ。
チョコパンとケーキを交互に食べる
君を愛しく思う。
?いつも大きな口を開けていたね。
無表情を取り繕う君は
?ちょっと苦手。
君が好いてくれていたのは知っているけど。
嫌いになんてならないけど。
可能な限り優しくしてほしい。もっと
引き止めてほしいんだ。必ずね。
君が精一杯生きようと懸命な姿を見ると
好きな花のようで。
苦手を克服しようと努力していると
元気をありがとうな気分だよ。
怒り方が普通じゃないところとか。
嫌いじゃないよ。君が怒るのは。
反省してるよ。君を悲しませたくないからね。
情緒豊かな君だから。だからだよ。
魔が差したって言うのかな。ごめん。
継続することの大切さを実感する
君で居続けてほしいよ。そう願う。
最悪もう会うのが叶わなくなっても。
とわに愛を誓うよ。
君が絶望の淵より助けてくれたことが
幸せだと叫ぶことができるから。
想いが通じた真実が愛おしいから。
どこに行っても忘れないでほしい。
忘れることのないあの夕暮れに。
心がどんどん弾むようになった。
会えない日が少なくなっていって。
君にすべてを伝えられたよ。
どんなときも笑顔を絶やさなかったから。
幾度ものピンチから逃れられたんだ。
君は受け取ってくれるかな。
ぴったりの言葉が見当たらないね。
感謝しています。
みんなに愛される君に送るよ。
君が立ち往生していてもすぐ助けてあげるから。
君が心の拠り所をみつけられなくなっても。
ずっと
早急に駆けつけるから。
繋いだ手の力を緩めないで。
もっとくっついていてね。嬉しいから。
誰も呼んだらダメだよ。2人で行こう。
永遠に。
?初めて知った感情を
いまだ気づいていない誰かに届けるよ。
命の力を燃え立たせる
愛し続ける楽しさを。
つぶやきが波紋を呼び起こして
広く響いていくことを祈るよ。
メロディーを奏でて
胸の内を熱くしよう。
平穏を願い続ける
こころにひびく詩。
[NICE]
0

シドニー の祝歌 、今、思い起こされる

2014/12/8 
いまさら言うのも照れるけど君で
ラブシーンに共感できるようになったよ。
サンキューだよ。産休じゃないよ?
愛し続けると誓うよ。だからね。ずっと
抱き合いたいんだ。照れないでよ。世界の中心で叫びたいから。とわに誓うよ。
君のための誓いだから。大丈夫。
君への思いがそうさせる。こんなに心
が熱く激しく迸るよ。見てごらん。
最悪の結末が待ち構えていようとも
負けるわけがない。君を守るためだから。
永遠に愛する君と
一緒だからだよ。きっと。永遠にね。桜吹雪の舞い散る中に
君がいたよね。気づいてた?
そんな君
が目をそらせなかったんだ。君のせいだよ。
君も気づいていたんだろう。隠すなよ。
一目惚れと気づいてからずっと
好きになっていたんだ。
君しかいないように見えた。
胸裏の奥に住んでいる君。いつも思っていてね。
落日より始まる夜空が
度重なる災厄を思い起こさせても。
皆んなに忘れ去られてしまっても。
天空から舞い降りた君が
涙を拭いてくれたよね。ふふふ。
涙を流した君が。君のその姿がよく見えなかった。揺れて見えたんだ。
癒し系の君の手が
居心地をよくしてくれた。
まるで日溜まりのようにね。
シチューをありがとう。また作ってね。
チョコパンとケーキを交互に食べる
君との思い出がいっぱいだよ。
可愛い口を開けてたんだよね。
そんな君はね。
困惑の対象だったよ。君のことだよ。
君が愛してくれているのは知ってたよ。
少しくらいこっちのことも考えてよ。
可能な範囲で温かく
祝福してほしいな。君だからだよ。
大人になったら空を飛べると思っている君は
祝福に値するよ。そう信じてる。
思いっきり叫ぶ君を見ると
元気をありがとうな気分だよ。
君の特長と言えば怒りっぽいところだけど。
快感を感じるのは君が激怒したとき。
君と分かり合えるなら手段は問わないよ。
君は観察しがいがあるんだよ。
ついね。遊びたくなるんだ。
TPOをわきまえた
君でいつまでもいてほしいんだ。
連絡手段が全くなくなったとしても。
未来永劫。君への想いは一緒だよ。
君がみつけてくれた瞬間が
本当に最高の気分だから。
至福を共有できたから。
いつも忘れることを恐れていてね。
?出逢った瞬間。
世界の生まれ変わりを感じたんだ。
想いを寄せ合うことができて。
君にすべてを伝えられたよ。
温かい精神で満たしてくれたから。
邪魔する人たちを跳ね除けられたんだ。
君の心に届けたいんだけど。
?うまく言葉にできないよ。
いつも感謝してる。
艶やかな君に届けるよ。
君が事件に巻き込まれてしまっても
すぐ見つけてあげるから。心配しないで。
君を目で確認することができなくなっても。
君が危険を察知するより
早く救援に駆けつけるから。
ずっと遠くに行かないで。
いつも君の声を聞いていたいんだ。
二人三脚で行くよ。
未来永劫いつまでも。
はじめて注がれた愛情をもっと
いまだ気づいていない誰かに届けるよ。
激情を抑える
ずっと注がれる愛情を。
小さなつぶやきが波を作り出して
広く響いていくことを祈るよ。
輪唱して
この世に生まれた喜びを感じよう。
平定を願う
心の琴線に触れる歌。
[NICE]
0

メリダ の七重奏 、鮮明なる記憶

2014/12/7 
君に見つけてもらって
良かったはず。後悔はしてないよ。
ありがとうと叫びたい。
永遠を感じられるほどに
ずっと離さないよ。忘れないで。
二人の世界を築こう。
誓約だからね。本当だよ。
君のための誓いだから。大丈夫。
驚くべき真相。これほど心
が強くなる。もっと激しく。だからどんなに悪いできごとにだって
勝つよ。絶対。君が応援してくれるなら。
君とだよ。他でもない君と
長く共にあるからさ。知ってるよね。
あれはいつの日か。確か廃墟に
女神かと思ったよ。本当にね。
悲しげな顔だったね。あの顔
を慰めてあげたかった。
隠さないでよ。君も知ってたんだろう?
体に電撃が走り抜けたころから。
気になって忘れられなかったよ。
君からの影響は大きかったんだよ。
毎日会うことが叶わなくても心には
君がいると思っていてね。
流星が涙の軌跡を描く空が
異常に苛まれていても。
誰にも覚えてもらえなくても。
見慣れた君の怒った顔が
救ってくれたはず。嬉しかったよ。
?駆け寄る姿が
眩しすぎるくらい眩しかったんだ。
強引に伸ばされた手が
癒しをくれた。心身を温めてくれたよ。
邪悪を退ける結界のようで。
笑顔を向けてくれたんだよね。
トーストをくわえてジョギングする
君への気持ちは永遠に。
君が作った歴史はすごいよ。
でもね。天下無敵の君は
どう話せばいいのかなとか考えた。
君のわがままは苦手なんだ。
オーダーお願い。聞いてほしいな。
お母さんのぬくもりで
包み込んでくれると嬉しいな。
いつも笑顔を振りまいている君は
?心が和むよ。
苦手を克服しようと努力していると
こっちだって嬉しくなるんだ。本当だよ。
世が世なら君はわがまま姫だと思ったり。
困った顔や怒った表情を眺めるのが趣味。
すまないね。困らせてしまって。
悪かった。謝るよ。でも
ついね。楽しすぎて。遊びたくなる。
アイデアの閃く
君で居続けてほしいよ。そう願う。
たとえ世界中が敵に回ろうとも。
ずっと愛しているよ。忘れないで。
こうして出会えた奇跡が
至高の幸福だから。
愛し合う喜びが総てだから。
いついかなるときも忘れないで。
約束を守ったときから。心がどんどん弾むようになった。
共感できるようになって。
充実することのすばらしさを実感できた。
いつだってそばで笑っていてくれたから。
立ちはだかる壁を壊すことができたんだ。
間違うことなく伝えたいんだけど。
君だったらちゃんと解釈してくれるかも。
いつも感謝しているよ。
天使のようにかがやく君に送ります。
君が行方不明になってしまっても
そう時間をかけずに到着するよ。
寂しさに埋もれてしまったら。
君に危険が迫るより
?早く会えるから。
手を離したらいけないよ。ね。
もっと密着していてね。そうしてほしいんだ。
2人で進んで行こうよ。
果てしなくどこまでも。
君からもらった言葉を
響かせたいんだ。みんなの心に。嫌な記憶を吹き飛ばす
ずっと愛される嬉しさを。
ささやきが共鳴して
立ち止まって聞いてほしい。
メロディーを奏でて
この世に生を受けた幸運に感謝しよう。
明るく穏やかな毎日を祈る
感情に訴える詩。
[NICE]
0

モガディシュ の譚詩曲 、和む君へ送ります

2014/12/6 
ああ、なんという運命なんだ。君と出逢えて
いいに決まってる。本当に。
うまく言葉にできないけど嬉しいんだ。
運命を信じられるように。ずっと
そばにいてね。
二人だけの世界だから。本当に。
君との約束。嬉しいよ。
願いはきっと叶う。そう信じてる。
君という名の薬が育てた心
が強力になっていくよ。君と一緒に。
?悪い運命にも
勝つから。君を離さないからね。
絶対負けないよ。愛する2人が
共にあるから。だからきっと。
雪が降り積もる高原に
美しい君がいた。綺麗だったよ。
あんなときは本当にね。君
が目に焼き付いたんだ。会うまでね。
気づいていたとしたら。君はどうだろう。
体に電撃が走り抜けたころから。
気にならないわけがない。笑わないでよ。
いつもじゃないけどね。見てたんだよ。
いつも胸中を満たしている
君がいるのが自然なんだ。
異常気象に侵された空が
?どんなに曇っていても。
絶望に苛まれている時も。
見慣れた君の怒った顔が
助けてくれたんだってね。後から聞いたんだ。
涙に濡れた頬を隠した君が
当社比2倍増しぐらいに綺麗だった。
柔らかい君の肌が
心地良かった。
そうだね。向日葵のようなものかな。
やさしく抱き締めてくれたよね。
日替わり定食を食べ比べる
君との記憶に溢れているよ。
君が作った歴史はすごいよ。
それでも君は。うるさいよね。
どう話せばいいのかなとか考えた。
君の気持ちは嬉しいけれど。
こっちのことも考えてよ。たまにはね。
南国のリゾートで遊ぶように
眠らせてね。
いつも笑顔を振りまいている君は
人生っていいな。とか考えてしまう。
楽しそうにスキップしていると。
元気がでるよ。いつも感謝しているよ。
でも全身で憤怒を体現するところなんかね。
照れ隠しに怒ったりするから可愛いんだ。
楽しい思いを独占してごめん。
気づいてなかったの?君はおもしろいよ。
衝動的に意地悪したくなるんだよ。
どこでも才能を発揮する
君でいてほしいのかもしれない。たとえ行方が知れなくなっても。
未来永劫。君への想いは一緒だよ。
君だけが振り向いてくれたことが
幸せだと叫ぶことができるから。
つながった心が2人のすべてだから。
忘れようなんてしないでね。
あの時邂逅した刹那。
運命を変えられると知ったよ。
運命が共鳴して。
あふれる生命を感じたんだ。
君がいつも守っていてくれたから。
どんな大きな障害も克服できたよ。
どう言えば伝わるのかな。
うまい言葉が見つからないんだ。
素敵な毎日に感謝しています。天使のようにかがやく君に送ります。
君が誰にも見えなくなっても
すぐにみつけてみせるから。
君が居場所をなくしても。
ずっともっと
早く助けるよ。君のためだからね。
もっと力を込めて手を離さないで。近くで笑い声を聞かせてね。
二人三脚で行くよ。
未来永劫いつまでも。
君が届けてくれた温かい心を
みんなに届けるよ。
いい思い出をリフレインする
幸福で満たされる歓びを。
小さな声が響きわたって
世界に響き渡りますように。
断絶の祈りの果てに
精神にやる気をもたらそう。平穏を願い続ける
こころに訴える歌。
[NICE]
0

フェニックス の四重奏 、大切な彼女へ

2014/12/5 
君に見つけてもらって
良かったはず。後悔はしてないよ。
いつだってありがとうといいたいよ。
これからもずっといつまでも
もっと近くに寄り添っていて。
二人の世界を築こう。
約束してもいいと思ってるんだ。
君のための誓いだから。大丈夫。
勇気が湧いてくるようだ。テンション
が強く激しく。誰にも負けないくらい。
あのときのようにね。難題にぶつかっても
打ち勝ってみせるよ。
認め合った2人が
いっしょにいるんだ。何だってやれるさ。
あの夜は忘れない。すてきな花火の下に
君をみつけたよ。とても眩しかったな。
消え入りそうな顔
を見ることしかできないのがきつかった。
隠しても無駄だよ。わかるからさ。
幼少の頃から。いやもっと前から
ニアミスが多かったね。
君の変化をチェックしてたんだ。
脳裏に焼きついて離れない
君がいると思う。感じるんだ。
月光の寒々しい夜空が
打ちひしがれた絶望であっても。
愛することができなくなってしまっても。
君さ。救援に駆けつけた君が
優しく抱き締めてくれたね。ふふっ。
駆けつけてくれた姿が
?眩しかったんだ。
体全体で包み込んでくれた君が
嬉しくて。快楽に溺れそうなくらい。
それはまるで女神の寵愛のようで。
照れたように笑ってくれたね。
お気に入りのジャムパンを食べる
君を愛おしく思うよ。最高にね。
可愛い口が小さく動いていたね。
トラブルメイカーの君は
好きな気持ちがぐらいついたよ。
君のすることなら許せるけどね。
注文してもいいかな。
例えば君が爆睡するときのように
気持ちよくしてほしい。いいだろ?
正義の味方を夢見ている君は
なんとなくほっとするんだよね。
笑いを取れなくて笑われている君を見ると。
勇気をもらった気分だ。
あと怒りっぽいところとか。
眼光鋭い君も好き。本当だよ。
?ごめんね。いつも困らせて。
どんどん変わっていく君の観察が楽しいから。
ついね。やめられないんだ。おもしろくて。
世界を変えられる力を持つような
君で居続けてほしいよ。そう願う。
たとえこの世の終わりが来ようとも。
ずっと愛しているよ。忘れないで。
君が認めてくれたことが
かけがえのない大切なものだから。
幸福の意味がわかったから。
いつも思い出してほしいんだ。
2人の運命が交差した瞬間。
周囲の光景が違って見えた。
運命が共鳴して。
君にすべてを伝えられたよ。
支えてもらうありがたさを教えてくれたから。
行く手を遮る障害を飛び越せたんだ。
君のポストに届くかな。
困った。語彙力が貧困なせいかもね。
ありがとうございます。
たおやかな君に送るよ。
たとえ道に迷ってしまっても
すぐに応援を要請するよ。
他の誰かが気づかなくても。
君に危険が迫るより
早く合流するから。
?この手を離さないでね。
いつまでも側にいてほしいんだ。
二人で進み行くよ。
?どこまでも。
君から教わったたくさんのことを
届けたいんだ。たくさんの人に。
大切にしたい思い出のような
至福に満たされる心地良さを。
小さな声が徐々に大きくなって
多くの人々の心に響いてほしい。
心を弾ませて
爽快になろう。
平穏無事な日常を願う
?愛の歌。
[NICE]
0



AutoPage最新お知らせ