2012/2/7

ボード  ボード
一般的には、9フィート(約274.3cm)以上のロングボードと、ショートボードに分かれている。長い間9フィート以上あったボードが短くなり始めたのは1968年のことで、その後わずか数年でどんどん短くなり、1971年には5〜6フィートの板が出てくる。

スタイルや用途によって、様々な長さ、形状の板が使われている。大波用のガンや、ショートボードでロングのような形状のエッグノーズボードなど。 ロングボードとショートボードの中間に位置するものがファンボードである。ファンボードは海外では「HYBRID BOARD」と呼ばれている。

発祥以来、木の板であったが、戦後から現在に至るまで、発泡ウレタンフォームをガラスクロスとポリエステル樹脂で包んだものが主流となった。

合衆国の「クラークス・フォーム社」製のブランクス(大まかな外形と組成を指定できる基材)が、市場の大きなシェアを占めていたが、同社が今世紀初頭に突如倒産し、業界は一時的に大きな混乱に見舞われた。「クラークスのブルーで6'10のボックス・フラットボトムの…」等という共通認識に基づく大まかな指定や、ブランクス製造のノウハウや技術的な蓄積が、突如失われたためである。

エポキシ樹脂(ポリスチレンなど)のフォームを使用したり、近年では、カーボンファイバーをエポキシ樹脂で包んだり、空洞ポリプロピレン(ハイドロフォーム)をカーボンファイバーで包んだ中空ボードなど、より強度のある軽いボードを作る試みもされているが、50年以上大きくは変わっていない。

通常は、シェイパーあるいはマシンによってブランクのフォームが削られる。長さ、幅、厚み、アウトライン、レール形状、ロッカー(ノーズとテールの傾斜)、テール形状で大きく性能が変わる。

モールドボードなどと呼ばれる金型を使用し、大量生産されるようなものもある。
0

2012/2/6

ファッション  ファッション
アメリカンカジュアルの一種で、黒く焼けた肌に薄着を特徴とする。1970年代後半にJJなどの雑誌で取り上げられるようになり、1970年代末から1980年代初頭にかけて流行した。大阪のアメリカ村は、この時期に若者服の一大拠点となった。こうしたファッションをするがサーフィンをしない若者が増えたことから、彼らを陸(おか)サーファーなどと揶揄するむきもみられた。

代表的なアイテムは、サングラス、サーフウォッチ、Tシャツ、ショートパンツ、ビーチサンダル、シルバーのアクセサリーなどである。

サーファーファッションは、1990年代後半の70年代ブームで部分的に復活し、一部はギャルファッション、お兄系にも影響を与えた。1990年代以降のサーファーファッションには、茶髪やハーフパンツなども取り入れられている。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ