2013/6/1

ルイ・ヴィトン「PDJ」シリーズブリーフケース  

フランス奢侈ブランドルイ・ヴィトン「PDJ」シリーズブリーフケースを出して、ビジネスマンブリーフケースにして、今回のルイ・ヴィトンLVの設計は更に日常のビジネスの両用に傾いて、「PDJ」の前身は1934年の発売する「PDV」旅行するブリーフケースがで、あの時のルイ・ヴィトンブリーフケースは1全体の毛布を入れることができて、ルイ・ヴィトンLVが贅沢な中“実用性”が明らかで、今日「PDJ」シリーズルイ・ヴィトンブリーフケースはまたどんな驚喜する設計がありますか?


 


ルイ・ヴィトン「PDJ」シリーズブリーフケース




贅沢品は私達の目の中で、もしかすると1種の身分のシンボルで、実はルイ・ヴィトンLVバッグの設計はとても良い実用性を兼備します。今回のフランス奢侈ブランドルイ・ヴィトンLVの出す日常のビジネスのブリーフケースPorte-Documents Jour「PDJ」シリーズ、その前身1934年のすでに発売した旅行のブリーフケースPorte-Documents Voyage「PDV」、自動車の旅行する盛んに行われることため、「PDV」ブリーフケースは1全体の毛布を放置することができます!


でも、今回のルイ・ヴィトン「PDJ」シリーズのブリーフケースと「PDV」はまだいくつか違いあるので、それはつまり型設計の基本要素を包んで、つまり取っ手の下の設計。「PDV」旅行して品物がなくてはならないので、だからその取っ手の下は2本が垂直に着いて底部の皮質にしっかりしている設計をかばんであることに延びるので、このように旅行の過程で必要の耐える重力を積載することができます。、ルイ・ヴィトン「PDJ」シリーズのブリーフケースの取っ手設計、巧みに台形の皮質設計を放置するので、全体のモデルにかばんが更に簡潔にならせるこのように、とても親和力がもあって、このためにようやく日常のことができるビジネスは2で誤りません。その他に、ルイ・ヴィトン「PDJ」シリーズのブリーフケースの色の模様設計で、すばらしいルイ・ヴィトン標識があって、控えめな格子型配列法もある、要するに、それは行商人の人の得難い1モデルの紳士のブリーフケースです。

0

2013/5/31

Gucci 2013初秋のハンドバックの広告の大きな塊 流行する復古の趣を放ちます  

走って(Gucci)2013初秋のシリーズのハンドバックの広告の大きな塊、“身分と財産のシンボル”をブランドのイメージにして、流行する復古、趣は十分です。この広告の大きな塊の女主人公はロシアのスーパー・モデルDaria Strokousで、彼女と撮影の大家Mert技量のグッチ(Gucci)の2013初秋のシリーズのハンドバックの大きな塊を見てみてどのような火花をおろします。


グッチ(Gucci)の2013初秋のシリーズのハンドバック、流行する復古をテーマにして、かばんすべてすべて尊敬して派手な外形を製造しだして、しかも豹柄のこのような流行元素を溶け込んで、セクシーは人を魅惑して、湿気は十分で、上流社会の人の消費の寵児です。


この竹の節の取っ手のグッチ(Gucci)の2013初秋のシリーズのハンドバック、黒色のかばんの外形、個性の独特な竹の節の取っ手を組み合わせて、簡単な背景は際立たせることにして、冷やかで美しい金属光沢を組み合わせて、このシリーズのハンドバックのセクシーと神秘をすべて突然現します。


このグッチ(Gucci)の2013初秋のシリーズの豹柄のハンドバック、モデルの派手なことを通って演繹して、流行する復古するカーキ色のオーバーを、この豹柄のハンドバックと組み合わせ始めて、推し量りにくい風格と趣を配りだして、優雅な横暴な気質、近代的な女性の防ぎ止めることができない魅力です。


これはグッチ(Gucci)の2013初秋Bamboo Shopperシリーズの豹柄のハンドバックで、本革、豹柄、小さい馬革などの多種の材質を採択して精製してなることをかばん、しかもその最も際立っているのは竹の節の取っ手のこの新しい元素を採択したのです。


これはロシアのスーパー・モデルDaria Strokousの演繹するもう一つのグッチ(Gucci)の2013初秋のシリーズの流行する手がかばんを持つので、黒色の皮革の性質、モデルを組み合わせて復古して派手なのが尊敬して装って、これを高尚・上品な気質にかばん極致まで(へ)発揮します。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ