2011/12/16 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0

2011/12/16 | 投稿者: dondo

この前友人達と食事をしたときのこと、向かい合わせの席に四人で座り

ふと気付いたのですが、隣に座ったKの座高が自分よりはるかに低い!

ちっ。身長は変わらないのに(というかヘタすると向こうが上)…。

よく小学生の身体測定の時、座高を測りましたが、

そのたびに自分が胴長であることを思い知らされました。

久しく忘れていたのに…。

ところでなぜ身体測定で座高をはかるのかといいますと、

1935年頃は、内臓が発達していれば健康だと思われていたためです。

つまり、座高が高ければ内臓が発達していると言われていたんですね。

現在では椅子と机の大きさのバランスを見る為に測るそうなんですが、

それにしても座高が高ければ内臓が発達しているなんて…。

食べ物に目がない自分を省みて、もしかしてあたってる…?

(食い意地と内臓の長さは比例する??)と

少々冷や汗ものです。

欧米人は一般的に足が長いですが、これはどうしてなんでしょうか。

スタイルがよくてうらやましいですね。


動画講座 パソコン

0
タグ: 座高




AutoPage最新お知らせ