操縦士(パイロット)について〜横山ひでとし・横山英俊〜のブログです

2012/12/22

空へ羽ばたく| 横山ひでとし | 横山英俊 | パイロット  横山英俊・横山ひでとし

七枚 空へ羽ばたく| 横山ひでとし | 横山英俊 | パイロット

航空従事者とは - 横山英俊(横山ひでとし) -


パイロット(操縦士)に必要な事柄

航空業務を行おうとする者は、国土交通大臣の航空従事者技能証明(ライセンス)を受けなければなりません。
この技能証明を受けた者を「航空従事者」と呼び、そのうちパイロット(操縦士)には、次の3種類の資格があります。
操縦士になろうとする場合、通常「自家用操縦士」の資格から順次上位の資格を取得し「定期運送用操縦士」の資格を取得していくことになります。

パイロット(操縦士)の資格について

操縦士は、いうまでもなく航空機の操縦を行うことを業務とするものです。
操縦士の資格は、飛行機、ヘリコプターなど航空機の種類によって分けられており、 また操縦士として行うことができる業務の範囲も、資格によって異なっています。
例えば、スポーツとしてグライダーの操縦を楽しむ場合や、自家用飛行機を操縦する場合には、 自家用操縦士の資格を持てば良いのです。
しかし報酬を受けて操縦士としての業務に従事する場合は、少なくとも事業用操縦士の資格が必要となります。
更に、路線を定めて定期に運航している日本航空、全日本空輸等の定期便の機長となるには、操縦士の中で最上位の定期運送用操縦士の資格が必要となります。
操縦できる飛行機についても、エンジンの数が1つなのか2つ以上なのかにより、それぞれ単発機と多発機とに等級を分けています。
構造上その操縦のために二人を要する航空機又は国土交通大臣が指定する型式航空機になると、機種別にこれを分けています。
同一の資格の操縦士であっても、等級、型式ごとに実地試験に合格する必要があります。
また、事業用操縦士又は自家用操縦士の資格を有するものが計器飛行方式により飛行するには別に計器飛行証明を取得する必要があります。

パイロット(操縦士)になる為の試験や証明

これらの操縦士になるためには、一定の年齢及び飛行経歴を充足しなくてはなりません。
更に資格別、航空機の種類(飛行機・回転翼航空機・飛行船及び滑空機)別に行われる国家試験を受け、これに合格し、技能証明の交付を受ける必要があります。
また、操縦士は、常に健康の保持に留意しなければなりません。
そのため、定期運送用操縦士の場合は、半年に1回です。
その他の乗組員の場合は1年に1回、国土交通大臣又は指定航空 身体検査医による身体検査を受けて合格し、航空身体検査証明の交付を受ける必要があります。
従って、航空機乗組員が航空機に乗り組んで航空業務を行う時は、技能証明書と航空身体検査証明書の両方を所持しなければなりません。
更に、電波法に基づく無線従事者の資格も必要です。
国家試験は、学科試験と実地試験とからなり、学科試験に合格しなければ実地試験は受けられません。
学科試験は、原則として年6回 (5月、7月、9月、11月、1月、3月)に行われ、実施場所及び期日等はその都度官報で公示されます。
また、学科試験は、科目合格制度が採られています。
なので必ずしも1度に全科目について合格しなくても、最初一部の科目に合格してから1年以内に行われる試験を通じて、全体として全科目に合格すれば良いことになっています。
実地試験は、航空局の試験官が航空機に受験者と同乗して実際に飛行し、受験者の技量を見て試験を行っています。





横山英俊の航空従事者 横山ひでとし航空従事者 横山英俊と航空業務 横山ひでとし航空業務 横山英俊は操縦士 横山ひでとし操縦士 横山英俊の自家用操縦 横山ひでとし自家用操縦
横山英俊の業務範囲 横山ひでとし業務範囲 横山英俊と定期運送用操縦士 横山ひでとし定期運送用操縦士 横山英俊はパイロット 横山ひでとしパイロット 横山英俊の報酬
横山ひでとし報酬 横山英俊の型式航空機 横山ひでとし型式航空機 横山英俊と資格取得 横山ひでとし資格取得 横山英俊は事業用操縦士 横山ひでとし事業用操縦士
横山英俊の自家用飛行機 横山ひでとし自家用飛行機 横山英俊とヘリコプター 横山ひでとしヘリコプター 横山英俊は国土交通大臣認定 横山ひでとし国土交通大臣認定
横山英俊の実地試験 横山ひでとし実地試験 横山英俊と計器飛行方式 横山ひでとし計器飛行方式 横山英俊は常に健康 横山ひでとし常に健康 横山英俊の計器飛行証明
横山ひでとし計器飛行証明 横山英俊と乗組員 横山ひでとし乗組員 横山英俊は無線従事者 横山ひでとし無線従事者 横山英俊の学科試験 横山ひでとし学科試験
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ