開山堂の梅  

久米田寺、開山堂(1882年改築)の梅が咲き出した。
この開山堂は僧行基を祀っている。
久米田寺は桜の名所だが梅の木は少ない。
それだけに参拝者の目を引き心和ませてくれる

ほのかな梅の香が漂う。
やはり梅は満開より2〜3分咲きが美しい


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

梅が咲き出したよ  

当地では積雪は少なかったが2日連続の薄化粧
今冬は特に寒さがこたえる。
畑の野菜は完全に生長が止まり大幅に収穫遅れ。

春は遠いのかな?って思っていると早咲きの梅が
開花しだしていた。きっと春を感じているんですね。

ぼちぼち土筆も顔を出すでしょう


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

今が旬、キウイフルーツ  

和泉山脈を越え和歌山県に入ると季節折々の果樹栽培が盛ん。
今は八朔や清美オレンジ、晴美、日向夏、ウイフルーツ、が盛期

特に寒にあたったキウイフルーツは甘さが増す。
スーパーでは1個単位で売ってるが産地ではコンテナ単位。

それもコンテナ1杯1200円と格安
しかしこれだけの量、どうして消化したらいいんだろう



クリックすると元のサイズで表示します


そして紀の川沿いの道の駅の花コーナーにはネコヤナギが
並んでた。春はもうすぐ


クリックすると元のサイズで表示します
0

月食が観れたよ  

昨夜はスーパームーンの月食ってテレビで報道してた。

曇ってたので心配したが外に出てお月様を探したら
薄雲のベールに覆われてたけど観えたよ!少し感動した。

40倍ズームでシャッター切ったけどね。
時間は9時40分くらいの画像。


クリックすると元のサイズで表示します
1

六地蔵様  

貝塚の葛城山の麓から少し離れた集落の土手に六地蔵様が
野仏のように祀られている。

人は死後に地獄、畜生、餓鬼、修羅、人、天という六道の境涯を輪廻し
その六道において衆生の苦しみを救うという六種の地蔵菩薩。

砂岩で作られ風化状態から推測すると江戸中期以前と考える。
この集落の人々が代々死後の極楽へ行けるよう心願が込められている
重みのある石仏だ。


クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 六地蔵




AutoPage最新お知らせ