おらが岸和田には城がある  

昨日、昼食をお城の側でとった後、ブラリとお堀端を歩いてみた
いつみてもその姿は美しい。
直線と曲線が融合した造形は優雅でかつ威風堂々としている。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

このお堀端には市役所をはじめ、だんじりが宮入するこなから坂〜岸城神社
はテレビでよく放映される。
また本格的なナポリ料理を楽しめる「クラブコントローダ」や
割烹懐石料理のお店「季の陣」
歴史あるお屋敷をそのままに和風料理の「がんこ」があり
お城を観ながらの食事が売りだ。夜のライトアップも綺麗

クリックすると元のサイズで表示します

岸和田城は桜の名所でもある。岸和田っこはお城のだんじりとお花見が
楽しみなのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


0

高菜漬けに挑戦  

九州生まれの私は高菜の葉で巻いたお握りが大好き。
畑で私専用に50株程度植えてます。

和歌山で教えて貰った目張り寿司の要領でさっと
湯通しした高菜の葉をカツオ醤油に浸した物で
やってましたが、九州の高菜漬けのようなインパクト
あり美味しい高菜の漬物を作りたい…
という事でクックパッドで検索しお手本通りやってみました。

収穫した高菜を洗浄後、干してしなっとなったので
今日は下漬け作業まで完了。
一週間後には水洗いし塩分を抜き、調味液を加えた本漬けをし、
約一か月後に完成予定、さてどうなりますやら。

葉狩りした高菜を洗浄後、半日干した画像です

クリックすると元のサイズで表示します

軽く揉んでから樽に塩、唐辛子、高菜の順に繰り返し重ねて
最後は重しで下漬け作業は完了

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 高菜漬け

水仙が咲いた  

各地で水仙が見頃との情報が入ってくる
内の畑の土手の斜面に山で見つけた水仙を一株移植した
物が株が増え、昨日開花した。

酷寒の時季、周りには草花が殆ど無い中、清楚で可憐な花を
誇らしげに咲かす。

しかも側に行くと良い匂いだ。

春を告げる切込隊長かも知れんな。
この花が終わると梅が咲く、梅が終わると桜が…
春は少しずつ近づいてるよ。


クリックすると元のサイズで表示します
0

初風呂  

こう寒いと温泉に浸かりたくなる
家内を乗せて和泉山脈葛城山系を縦走し
麓にある神通温泉へと向かう。
新年初めての温泉で初風呂になるのかな?

クリックすると元のサイズで表示します

この温泉は日帰り専用で宿泊設備はない。
泉質は天然鉱泉水、強アルカリ性

クリックすると元のサイズで表示します

湯舟には数か所ジェット噴射口があり体を当てると
マッサージ効果で気持ちいい

窓の外には清流が流れ景色もいい。

クリックすると元のサイズで表示します

一風呂浴びた後併設された食堂で簡単な定食類や牡丹鍋を食べる
ことができ、礁旅行に来た気分になれた。

私は天ぷら定食、家内はとんかつ定食
仲良く半分っこして食べた。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

寒い冬は近くの温泉に限る
0

鏡開き  

松が明け今日は鏡開き、
鏡開きって二つあるよね。一つはお正月のお鏡餅を撤去
もう一つは御祝い事で薦被りの樽酒を叩いて割る

お餅のお鏡は年神様にお供えした神聖なもの
それと切腹を連想させるので刃物で切る事はタブーとされてるんやね。

それで木槌で叩き割るので鏡割りと言うんだって。
我家の鏡餅は真空パックの小餅が一杯入ったやつで割ることができん。

今日はお餅を焼いてぜんざいを食べます。

クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ