夜には無くなっており、風邪からくる障害だろうと思い

2012/9/13 
外耳炎になった時にすぐに耳鼻科に行き、耳と一緒に鼻と喉も見てもらい薬をもらいました。その時は辛うじて臭覚も味覚もあったのですが、夜には無くなっており、風邪からくる障害だろうと思い、あまり深くは考えていませんでした。1週間がすぎ、外耳炎も治り、鼻もとおっているのに全然味がしないので、また耳鼻科にいきました。三便宝
カメラで耳、鼻を診てくれたのですが、特に異常もなく、ニンニク注射をして「臭いを感じたら教えてください」とは言われたものの、臭いはしませんが、ニンニクのにおいが漂っている気配は感じれました。味覚障害なのか、味が薄味に感じられ、料理の味がせず後で調味料を付け足したり、微妙な味付けが分からない等の症状があります。亜鉛のサプリは服用しています。この様な症状は味覚障害でしょうか?味覚障害には、味覚減退・味覚消失・異味症・悪味症など、さまざまな種類があります。
味蕾の異常は、神経系の疾患、クスリの副作用、心因性、そして最も多いのが亜鉛不足によるものです。ふたつめとして、消化管の疲れが考えられます。消化管は口から肛門までひとつなので、無茶食いなどをしたり体に疲れがたまっている場合、どこかに症状が現れたり(胃が重い、消化能力が落ちてる気がする・・・などなど)します。体が疲れているといろいろなものに鈍感になるのと同じで、舌も鈍感になっている可能性がありえます。また、亜鉛の摂取としてはこれからのシーズンは牡蠣がお勧めです。プロセスチーズも亜鉛の摂取源になります。三體牛鞭
0


コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ