家族みんなでとにかく情報集めてます

2013/2/14

住宅ローンの金利選択は重要!  

最近になって、住宅を購入しようと思っている方が増えているみたいですね。

住宅ローンを検討する上で、金利推移は無視できない問題です。

住宅ローンはいつまで、いくらずつ返済するかが悩みどころです。

金利を検討することは住宅ローンを決める時には欠かせませんが、金利推移が及ぼす作用に関しても知識が必要です。

一般的に住宅ローンは全期間固定型、変動金利型、固定金利選択型の3種類に分けられます。

全期間固定金利型は、金利推移が上向いている時に選ぶ金利です。

金利が上がっても、一度設定した当初の金利のまま自分の住宅ローンの利率は変わりません。

支払い金額が常に一定という安心感があります。

毎月同じ金額を返済することになるので、家計のプランも立てやすいでしょう。

一方、金利推移に合わせて返済時の金利が変わるのが、変動推理型の特徴です。

変動金利型は、将来的に金利が下がると見込まれる時に選択する金利方式となります。

希望どおり下がればいいのですが、金利が上がってしまった場合には返済金額も増えてしまうというデメリットがあります。

どちらの要素もあるのが、固定金利選択型です。

固定金利選択型は、一定期間毎に金利を決め直します。

最初のうちは固定金利で利息を計算し、ある程度年数が過ぎてから再び金利を選択します。

高めの金利になりますが、固定金利は安定しています。

変動金利型は金利推移によって金利が上下するという不安定さがある半面、固定金利制より低金利での借り入れができます。

無理ない返済計画を立てるためにも、この先の金利推移と自分自身の5年後、10年後の姿とを組み合わせながら住宅ローンを組みましょう。

住宅ローンを組む時には十分に検討した上で決めるようにしましょう。


住宅ローン金利一覧
住宅ローンの重要ポイントである金利情報をご案内しています!変動金利と固定金利はどっちがいい?
xn--hekm0a921y0mbi9gdtuu70gmmp.com/



住宅ローンの金利が史上最低水準に! @niftyマネー相談
大手銀行が一斉に住宅ローン金利を過去最低水準に引き下げています。代表的な大手都銀の「10年固定」タイプの最優遇金利は1%ちょっとという低水準に。
woman-money.nifty.com/topic/detail/130111000448_1.htm

0

2012/8/26

住宅ローンの低金利競争  

通勤時にいつも読む経済紙に気になるニュースが記載されていた!

「大手銀行が8月の固定型の住宅ローン金利を、過去最低水準まで一斉に引き下げる」とのことだ!!

数字で見ると、主力となる10年型固定で最も優遇を受けた場合は7月までで1.4%だった、
ところが8月からは1.35%に引き下がるとのことだ!

大手がここまで下げてくるということは中小銀行は2%だいの金利がもっと下がるだろう、、、、

これはそろそろ真剣に住宅購入を考えるかなと、、、
近いうちに半日休日を作って銀行にいき相談しようと思う。

家の購入を検討されてる方も今が購入のチャンスかもしれませんよ!
又情報を仕入れたらアップします。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ