日野晃のさむらいなこころ

伝統文化としての武道って?を探求し続けたら、運動はもとより、からだやこころ、果ては人間関係までも考えなければならなくなった。結果、プロのアスリートやダンサーのような身体表現者、医療関係にも幅が広がってしまった。それは海外にも波及し、ここ10年はヨーロッパ各国に指導に行っている。日々気づいたこと、問題にしていること。それらがまた、読者の役に立てばとブログを書いています。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:石部統久
隔離されたホモ・サピエンスの特徴なのかもしれません。
「隔離されたサルは、拘束的で受動的な学習タスクではよい成績を示したが、自分から進んで探索し、物体の世界についての知識を自分で作り上げていく能力が欠けていた。」


http://sciencebook.blog110.fc2.com/blog-entry-391.html

プロフィル

昔日の剣の達人伊藤一刀斎は「身体に備わる機能を使うことが剣の妙機」だと記しています。 そんなことを探求しつつ、大阪や東京で教室。また、年に1回ですが、東京、岡山、福岡、沖縄でワークショップ、そして年に4回ほど、フランスを中心としたヨーロッパに指導に行っています。 コンテンポラリーダンスのフォーサイスカンパニーを初め、ヨーロッパの芸術大学やダンスカンパニーでのワークショップも招聘され行っています。

メッセージBOX

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

拍手ランキング

1位 成長に年齢は無い
20拍手
2位 極意?どこかにあるのか?
16拍手
3位 普通って何?
16拍手
4位 気持ちか計算か
15拍手
5位 真似る?ほんま?
12拍手
5/21〜5/28までのランキング結果です。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ