トップページ  

本日は当ブログをご覧いただきありがとうございます
当ブログでは適当に色々と記事を扱っております。


注意事項
・当ブログはタカラトミー様並びにその他企業とは一切関係がありません。メーカーなどへの問い合わせは絶対にしないで下さい。
・プラレールの改造は自己責任でお願いします。現在、メーカーはプラレールの改造を禁止しています。
・当ブログはリンクフリーです。リンクを貼られた際はコメントなどでお知らせいただけるとありがたいです。

プラレール改造車や使用する工具については改造車両のページも併せてご覧ください。

※当ブログではPCもしくはPCビューでの閲覧を推奨します。

それではごゆっくり。


にほんブログ村 鉄道ブログ プラレールへ
にほんブログ村
2

2018/5/26

幸福度一定の法則  イベント

万博の興奮もさすがに醒め、季節は車も凍る冬から蒸し暑い初夏へと移り変わり、早いもので2年目となった彩都です。
去年はスケジュールミスって行けなかったので初回以来の春彩都。前回もそうでしたが、またもや当日雨予報で不穏な雰囲気でしたが、無事朝には晴れて開催となりました。


5/18


直前になってやむを得ない事情でじゅんさんが公開日の参加が厳しくなり、資材も車両も不足するという緊急事態でしたが、ユッキーさんや暁さんの臨機応変な対応で無事乗り切り、私も車両を多めに用意して会場へ。
設営日の昼間は学校があったので、大量のプラレ抱えて学校に行きました。持ってる荷物のうち95%以上がプラレでしたが、端から見たら遠方から研究会に来た人間に見えるということにしておきました。教室に行く途中で同級生に質問されましたが、お泊まりに行くと言うことにして持ち物検査も無事パス。

クリックすると元のサイズで表示します

いつも通り暁さんの家から貨客混載バスに乗って会場に行くと既にベースが出来上がってました。
あとは肉付けだけなので、いつも通りな感じで建設。

今回は入り口の目の前にディズニーランドがオープンされました。ありったけのディズニー系のおもちゃが並べられて目を引きます。ちゃんと京葉線も建設され、房総特急も走ってました。
試運転でガソリン満載した貨物が地下を通ったのは秘密です。

クリックすると元のサイズで表示します

珍しく関西以外の車両が集結した車両基地。明日の公開が楽しみです。

公開後はすぐ片付けないといけなかったので今のうちにたっぷり遊んでたら、能年さんが仕事帰りの山本さん(仮名、詳細はこちら参照)を連れて到着。ほくとニキはちょいちょい会ってたらしいですが、私はお久しぶりです1年ぶりですね。こんなところで再会するとは。

遊び倒してからサイゼで遅い夕飯。もはや北摂の運転会の時には大勢で必ず押しかけますからそろそろさわやか島田店みたいに顔覚えられてそうです。
それにしても凄い雨。朝までには止むらしいですが最近彩都の度に雨降ってますね。狂夜さんが電話参加だった万博が全日快晴だった事実が全てを語っています。


祖母ガマ邸に向かいながら、せっかくアメフルヨルなのでAme(B)とか歌ってましたが、だんだんノイジーボイスをかき消してしまうほどの風雨になってきて洒落にならなくなってきました。鼻づまり風邪の街(ライトダンス)だし遠くで雷が光った!光った!(multiple exprosure)でえらいことです。

日ごろの行いが良いからか車降りたら雨も上がって一安心。
珍しくシャワー浴びたらすぐ布団にin。祖母ガマ邸の夜は一般に長いので、2時に布団入れるのも珍しいです。まあ1時間ぐらい布団の中で人類滅亡の真似したりするから実質睡眠時間は4時間ほどですが。


5/19


いつも通りガマニャンボイスで目が覚めて出発。今思い出したけど寝ぼけてて朝飯のゴミを机に放置したまま出て来た気がして申し訳なさ爆発です。もしあったらすいません。

渋滞に巻き込まれてほぼ所定(30分延)で会場到着。もう誘導の尾根遺産もいてすっかりオープン準備中です。ガマニャンが見る見る。
お子さんを連れたじゅんさんは午前中まではなんとか会場にいられるということで、挨拶もそこそこにダラダラしてたらお客さんの気配がして慌てて準備。

クリックすると元のサイズで表示します

今回はフリマも無事開催ということで、写真の中の顔を消した跡の数を見て分かる通り多くのお客さんが来てくださいました。あと右下に写り込んだやはさんの顔が本当にサイコパスぽくて怖かったです。

タワーがないので代わりにお子様が喜ぶディズニーランドや大きい子供が喜ぶ車両基地が建設されました。ほぼ生かされない便利な貨物線も健在。今回はMaBeeの訓練に活用されてました。

クリックすると元のサイズで表示します

タウンにはバイパスもあります。
NONEが阪急や北陸特急と併走してて北摂な風景です。最近NONEを見ないので
885が走ってきたの見てなんか見覚えあんなあとか思ってましたが、年末のカンピロバクター福岡ツアーで行った撮影地そっくり。

クリックすると元のサイズで表示します

今回は西日本のみならず北海道や九州の車両も集合し、エリアごとに車両が固まって並べられました。

南部は北海道ゾーン。駅には安定の中線も設けられ、終日甲種回送されてきたキハ261やE6が留置されていました。
新幹線には800系にE5E6、300Xが登板。アホみたいに長いE5E6でしたが、意外と収まりが良くてよかったです。
今回はスーパー北斗とカムイ、とかちがいたので、プラレだけで鹿児島中央から道内各地へアクセス可能。

クリックすると元のサイズで表示します

東部は九州ゾーン。識者によって交番検査用の研修庫も設置されたので検査もバッチリです。
旧塗装の800系にブルトレがいて2009年ぐらいの熊本っぽいと喜んでましたが、よく考えたら883とかRED EXPRESSとか熊本に来ない車両だらけですね。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと目を離したら、さっきまで気動車やDD牽引の配給列車がいて苗穂っぽかった北海道ゾーンが手稲に変貌。電車特急とかトワイライトが手稲してます。去年ここでライラック見た思い出があるので是非導入したいところ。

クリックすると元のサイズで表示します

複々線区間では彗星とソニックがデッドヒート。九州島内でもいち早くブルトレが追いやられた東海岸の風景を再現…と思ったら、彗星がゆっくりとソニックを追い抜いていきます。乗り心地は多分最悪。



12連のかもめみどりを出そうと思ったらかもめの動力車のギアが空転。みどりの動力ユニットと交換したらこっちもギアボックス内部で空転。やむを得ず国鉄色のボンネットが代走を務めました。
数分後にはかもめのクハが応急処置を施されて正規の編成に戻されたので、貴重な一枚となりました。

クリックすると元のサイズで表示します

終了15分前になってまだ北海道の車を出してないことに気付いて慌てて車両入れ替え。MaBeeを活用してスーパー北斗と普通の退避ごっこが行われました。中線を通過線扱いにしてポイントを低速で特急が通過する様子や40が重々しく発車していく風景を再現できて満足。

MaBee、間隔が詰まってもいちいち止めに走らなくて済むので便利です。是非すべての車両に導入してください。数年後にはMaBee非搭載車乗り入れ禁止になるかもしれませんね。

クリックすると元のサイズで表示します

さっきまでカムイやスーパー北斗が立体交差して厚別っぽかった場所も彗星が走ると一気に日豊本線。こんな場所ありましたよね。

クリックすると元のサイズで表示します

あと、なぜか水攻めに遭ってたサロンパス。と思ったら召喚された現場という解釈もあるらしく謎。



こんな感じでなんやかんやで遊んでから撤収。KY活動の重要性を感じる事件もありましたが超スピード撤収で予定より数時間早く終了。昨日と同じサイゼに行ったら全員急に眠気が襲ってきて高齢化を感じて悲しくなりました。

眠いし早く終わったので異例の早い時間帯に解散。明日も暇なのは私とやはさんぐらいなので、二人で神戸観光しようということにして駅まで送って頂き、運転会は終了。
今回もじゅんさんをはじめ、皆さんにお世話になりました。ノイジー度は前回より37.1%ほど低減されたかと思います。


5/20


クリックすると元のサイズで表示します

そして翌日。予報では土日ずっと雨予報でしたが狂夜さんが東京に帰ったからか快晴です。
前日プチ事件があったやはさんとも昼前に合流して須磨浦遊園を満喫。

カーレーター、本当に4年ぶりに乗りましたが至る所にブラタモリで紹介された旨が書かれてました。数mおきごとぐらいに貼ってあってもうええっちゅうねん!ってレベル。



昼食は前から行きたかったナワジョティへ。

インド料理屋、雰囲気にビビって行った事なかったんですが想像以上に良かったです。カレーは美味しいし、Twitterでおなじみのラム店長はフレンドリーだし。
店出るときに写真まで撮ってもらいました。ありがとうございます。また行きます。


カワサキワールド行きたいとか言ってましたが、時間的に微妙なので神戸に向かいながらリサイクルショップでも…と軽く覗きに。ここから怒涛の大当たり祭りが始まります。

某店の階段でやはさんが盛大に足捻ったので、幸福度一定の法則でなんかあるんじゃね?とか言いながらボーっと見てたらやはさんが旧動力の583の中間後尾がショーケースに入ってるのを発見。しかも美品で1600円とオークションではありえない値段。適当に言ってたこの法則、マジらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

ウンコしてたら朝夕1本ずつしかない和田岬線に乗り損ねそうになりましたが、なんとかセーフ。
無情にも207でしたが、これって3連を2本繋げてたんですね。よって幌むき出しで走る207という珍しい光景を見れたのでこれはこれで。
休日の和田岬線、器用に使いこなす数人の地元民以外は全員マニアです。京都で見れなかったテッテッテッテテテーーー!!!!の実物も見れて感動しました。

よりによってコンサドーレが来てるスタジアムの横で市電見てたら暁さんから電話が掛かって来たので、電話しながら川重にいるやはさんの故郷の電車を見たりしつつ徒歩で兵庫駅。ドラッグストアでKitaca出したら反応されたらしいです。まあ、この辺でKitaca持ってる人って見たことないしなぁ。


やはさんは帰りの新幹線の時間が近づいてきたので、最後にどうせ大したものもない某店に行って「これでまたなんかあったら骨折るかもね」とか言ってたら、なんとボンネット白鳥が箱付きで2160円で置いてるではありませんか。
しかもレジに行ったら後ろに明らかに未開封の阪急8000×2本と白帯パノラマカーがいたので交渉したら阪急は1本2160円とのこと。まあ俺は要らないっすけどねとか言ってましたが、やはさんが2本ともお買い上げ。

103系50本はありませんでしたが、合計で103系20本分ぐらいの収穫を得て、幸福度一定の法則からしてどっかで大怪我するんじゃないかとビビりながら帰りましたとさ。ちなみに今のところ何も起きていません。


なお、今回の運転会でキハ261885系が新作としてデビューしました。
詳細は改造車のページをご覧ください。

0

2018/3/30

万博環状線プロジェクト その2  イベント

公開終了後も撮りプラは続きます。

クリックすると元のサイズで表示します

本線上に佇む新快速と快速。221は私が作りましたが、顔はほくとニキに複製してもらったのを加工したやつなので実質塗装とちょっと車体弄っただけです。おかげで10日で出来ました。タイムアタックかよ。

クリックすると元のサイズで表示します

通天閣の下を行く201系。私の新作です。
実際に見られる風景ではありませんが、ここで撮ったら青空と通天閣がリアルすぎて逆に合成みたいで胡散臭い写真になると請け合い。

クリックすると元のサイズで表示します

尻無川を渡る103系。京セラドームはガマニャンと母ガマさんの新作です。ボールで型取って作った屋根がそれっぽくてやたらリアルです。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは春の大川を渡る103系。青空に桜の木とプラレールという組み合わせがシーズントライセット桜の箱の写真を思い起こさせます。小さいころにあれ見てやってみたいと思ってた企画がパワーアップして実現。

レイアウトが本物と同じ向きに建設されたので光線も自ずと実車同様。「桃谷あたりがバリ順」「大川の桜めっちゃ咲いてるし今の時間側面日当たっててヤバい」などという会話が撮りプラの間で交わされていました。

クリックすると元のサイズで表示します

最後に北西から全景を撮ったものの、上空から見ないとなんだか分かりませんね。
次回はクレーン呼んで10mぐらいの高さから全景撮りましょう。

ひとまずこの日は解散。途中でぽつぽつ抜ける人もいたので夕飯はほくとニキとガマニャンに能年さんというノイジーマイノリティーのみ。ところがほくとニキは改造しすぎて風邪気味、他も全員スタッフのお子様のアタックで激しく疲労してたので、ノイジーマイノリティーが全員集まったにもかかわらずサイゼで完全に撃沈&居眠り。
私のツイートを見てたじゅんさんに翌朝「この4人が無言だったってのを見てマジでヤバいと思いました」と言われるほどのサイレントマイノリティっぷりでしたが、実際慣れない日光の下でのプラレール(陰気とかそういう意味じゃなく)でスタッフ全員疲労困憊してたみたいです。日光に当たると疲れるというのは新しい発見。

この日は祖母ガマ邸は別件の予約が入ってたので満室。あまりに疲れてたので一度家に帰ろうかとも思いましたが、それも面倒だしほくとニキが「風邪ひくなら連絡せえや」と言ったおかげで体調が回復してきたので予定通りほくとハウスで宿泊。速攻寝ようと思いましたが、なんだかんだで全員来たので各々いろいろ作業してたり、風呂入るのが面倒だったりしてグダグダ。
そして深夜の新幹線でやはさんが泊まりに来ることになってたので待ってましたが、結局睡魔に負けて1時前に着いたやはさんに半分寝ながら「お、おはようございまふ…」と言ったのを最後に死亡。


2日目(3/25)

そしてちゃんと時間通りに耳元で鳴ったガマニャンの声にびっくりして起床。

いつも通り全員半ギレながらも起きれたのでバスタ寝屋川に行って送迎軽自動車を待ちますが、15分待っても来ないし連絡もない。さすがにおかしいと思って運転手に電話しましたが出ない。そして運転手は昨日サイゼで寝ていた。
これらの事実から考えられることは運転手の寝坊かつ今も寝てるということ。

そんなわけですごすごと電車とモノレールで万博公園へ。ちなみに本来は暁さんの家に全員車で集合して暁さんの車に乗り換えて会場入りする予定でしたが、暁さんとほくとハウスの3人以外みんな寝坊してたので、結局乗客0人の暁さんの車に宇野辺で拾って貰って会場入り。ありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します

気付いたら玉造駅にビエラ玉造が建設されてました。直前まで橋げたに刺さってて生首状態だったのは秘密です。

奥を走ってるパワーループはスペシャルゲストのはやたま工房さんの作品です。8両すべての柄を筆で描いたという謎の技術の持ち主です。しかも画調が普通に似てるから凄い。

クリックすると元のサイズで表示します

天王寺駅に出入りする列車たち。スマホでプラレを制御できるMabeeeが導入され関空快速や大和路快速がちゃんと快速運転していました。おかげで待避線が少ないレイアウトでも内外それぞれ最大5本の列車が走行可能に。これは面白かったのでうちでも導入したい所。

クリックすると元のサイズで表示します

天満駅。手前のトンネルは何かと思ったら商店街らしいです。
狭苦しいホームが再現されてて素晴らしいです。

クリックすると元のサイズで表示します

数少ない待避できる西九条駅。ただし配線上待避できるのは内回りのみなので、外回りで「西九条で待避させるからどんどん来てもらって大丈夫ですー」とか言って西九条に来たら「あかん待避できん!」「突っ込まれるから京橋まで急げ!大阪も止まるな!」「とりあえず1本京橋止めにして森電入れるわ」と交渉人真下正義並みに大慌てする羽目になります。
これだけ大きいレイアウトだと目視できないので在線アプリが欲しいです。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日に続いて充実している森ノ宮電車区。時代の流れで103系が追いやられ、323系や225系が幅を利かせているように見えますが、本線上は103系だらけなので乗客から「新しい電車走らせろや!」と苦情が殺到しています。私も本当に103だらけだったらちょっと嫌です。



今日も昼飯の唐揚げを補給して、せっかくなのでやはさんとガマニャンと太陽の塔を見学。
会場内ではJRがスジャータのアイス売ってるし(しかも車販より安かった)、銚子電鉄がぬれ煎餅売ってるしで誘惑が多いです。全部買いました。

クリックすると元のサイズで表示します

弁天町。交通博物館が健在です。

今回のレイアウト、一応柵で囲んでいたんですが観客に押されてだんだん柵が狭まるという現象が起き、結果お子様が外から線路上に石を投げ込むという事象が多数見られました。今宮、天王寺、京橋辺りでは置石による脱線事故も数件あったので、スタッフと観客の間で激しい領地争いが見られました(柵広げただけ)

クリックすると元のサイズで表示します

今宮駅。複雑に絡み合う線路が好きです。立体交差で列車が離合していくのを見てると駅前のコーナンの駐車場から見える風景が思い起こされます。
ここで103が3本交差するところでも…と思ってましたが、撮りに来た時にはもう遅くて環状線の本数が一気に減らされてて撮れず無念。

クリックすると元のサイズで表示します

夕方になり公開終了が近付くと編成を組み替えて103系の混色が発車。阪急梅田駅も今日は駅ビルが建設されて完成してました。
10番では17:47発の日本海が出発待ち。今日はトワ釜にトワカニとネタ編成です。11番には魚津行きのサンダーバード39号が出て行った後に583が入線。団臨でしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します

やがて16:30になって公開終了。近くの店で買ってきた近江からあげ齧ってたら走行している電車が全て京橋止まりになり、順次森電へ回送されていきます。
環状線の最終電車はパワーループが充当。数秒の停車時間で撮影会が行われ、通りかかった京阪電車とのコラボも見られました。この後今宮付近で放置されてた混色が発見されて走って来たのは無かったことにします。

クリックすると元のサイズで表示します

森電公開Fainal。今日はハリポタのラッピング車も現れてなかなかカラフルな環状線でした。
しかし凄い並び。こんなのが再現できると2か月前には想像もしてませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

森電の奥ではこっそり日根野風な並びも。やっぱ特急作らねえとこには。

クリックすると元のサイズで表示します

大和路線から来た4+4。長いストレートなので長編成が映えますね。

クリックすると元のサイズで表示します

8連の関空紀州路快速。これまたストレートで撮るとかっこいい列車です。

これを以て撮影会は終了。どんどん陽が落ちていく中、暗くなるとパーツがどこに落ちてるか見えなくなるので急いで撤収し、無事片づけを完了して解散した後はサイゼで打ち上げ。

しかしやはさんはスーパーブラック企業に後で必ず殺されるために最終の新幹線に乗る必要があり、はやたまさんはスーパー遠い実家の親に後で必ず殺されるために早く帰る必要があり、暁さんは妹さんがインフルエンザ発症のために病院へ搬送すべく早く帰る必要があり、私は眠いので早く帰る必要があるため40分という史上最短でサイゼを後にして暁さんの車で駅まで送って頂き、さらに一刻も早くうんこしたかった私はJR組のお2人とは改札で別れて解散となりました。


個人的にはこのような再現レイアウトは初めてでここ2か月はこの日のために突っ走ってきたような感じでしたが、その成果を存分に発揮でき、多くの方とお会いできて非常に楽しい2日(3日)間でした。
今回も主催のじゅんさんをはじめとするお世話になった皆さんに深く感謝申し上げます。ありがとうございました。

0

2018/3/29

万博環状線プロジェクト その1  イベント

ここ2ヶ月ほど過去最高の勢いでプラレ改造に力を入れていましたが、その成果を発表する待ちに待った万博鉄道まつりの日がやってきました(詳細はじゅんさんのブログ参照)

今回は個人的には初めての万博鉄道まつりで初めて青空の下プラレールを広げるイベントでしたが、広大な敷地に沿線を含めて環状線を再現するという面白い試み。
そんなわけで、例外的に新規事業に着手して環状線を走るバリエーション豊かな車両たちを作るという気合いの入りようです。
屋外でのイベントのため雨が降れば当然中止なので、降り続く雨に気を揉んでいましたが、前日からバッチリ晴れ予報。懸案だった車両も急ごしらえながら一通り勢ぞろいし、スペシャルゲストの招待にも成功。素晴らしいイベントになるお膳立てが整ったわけです。


0日目(3/23)

金曜の朝、数年ぶりぶりに出した大きな鞄に車両を満載して大阪駅でほくとニキと集合し、環状線に乗って発車メロディを適当に録音しつつほくとハウスへ。
それにしてもこの運搬方法、腕が抜けそうになるので今度からキャリーケースを借りることを心に決めました。昔これ抱えて静岡まで18きっぷで行ったんですが今考えたら狂気です。根性ありすぎてきもいので今は1ケースだけ持ってバスで静岡駅まで直行してます。

クリックすると元のサイズで表示します

ほくとハウスに着いたら大量の強制労働が待っていますが、とりあえず現実逃避して完成した大量の車両を並べて楽しみます。
まだ前日ですが、運転会当日並みに盛り上がる並びに感動。2011年ごろの鳳風並びです。

クリックすると元のサイズで表示します

やがて時は流れ、車庫には最新の車両が並び始めます。
それにしても2人でよく量産したもんですよ。既にその成果を発揮できて満足。まだまだ増えるでしょう。

興奮冷めやらぬ中昼飯を食べに行き、ほくとニキは用事で夕方まで外出するということでどこで時間を潰そうかと思ったら、能年さんから拉致予告が来たので拉致されます。
どこに拉致されるのかと思ったら到着したのは能年さんの大学。かねてから行ってみたかったのでちょうど良かったです。
もしかしたら将来お世話になるかもしれない研究室にお邪魔して貴重な資料を見せて頂いたり、お茶持ってき忘れたのでカルピスを恵んで頂いたり、去年四国でご一緒した山本さん(仮)から研究室に譲渡された某宗教家の本を読ませて頂いたりとおもてなしを受けます。その間能年さんが研究せずにご友人と延々テレビ見てたのは秘密です。



能年さんのテレビ鑑賞が終わったのでマクドでポテトを補給しながらほくとハウスに帰宅。ここからはいよいよ怒濤の強制労働。塗装×数色に複製にシール貼りと、ほくとニキも昼間に鳳ごっこしてたのを後悔するほどの作業量です。
とりあえず机を片づけてる間に223のパンタを複製してもらい、片付け終わったら作業を開始する作戦でしたが、開始早々レジンがぶくぶくになる事件発生。気持ち悪すぎて殆どが集合体恐怖症のほくとニキによってゴミ箱に葬られましたが、救済可能な分はなんとか復旧。

事件を乗り越えてなんとかパンタを整形し、サカナクションが出演するというMステ点けてたらこの日から放映の新宝島CMが流れてるではありませんか。これには私もガマニャンのノイジーマイノリティーの逆の人がテレビに出てる時並みに飛びついてステップを踏みたかったところですが、飛びついたら足元で大量の103ぐしゃ(笑い飯)が発生するので大人しく作業続行。
やがてサカナクションの出番が回ってきましたが、今回のMステのテーマである卒業ソングを作ってないサカナクションが人生からの卒業ということで壁でも披露するのかとわくわくしてたら、なんとまた卒業とは微塵も関係ない新宝島を演奏しているではありませんか。二日前の夜にNHKでレギュラー放送決定記念に新宝島を弾き語りしたのに続いてテーマガン無視新宝島ゴリ押し(ラップ)とあってこれには私もお怒りですが、もっちの服が今のほくとニキの指並みに塗料塗れだったので共感してなんとか怒りを抑えました。


やがてガマニャンか到着。前来たときにうるさすぎてキレられたと思い込んでたせいでほくとハウス訪問は久しぶりですが、病み上がりなので今日は静かです。数分後には私がいたのでたかが外れて化学反応でうるさくなったのは言うまでもありません。
そんなことはさておき腹が減りましたが、私が作ってきた塗料が注文と全然違うことが判明。必死の調色も虚しく顔面が全然違う色になってしまい大変申し訳なかったです。

調色には失敗しましたがもう20:30。明日ほぼ全員5時起きなのでそろそろ飯食わないと死にますから、干し柿ビューティーを見ながら皆大好き星野源ラーメンにin。するとなんということでしょう、着席した瞬間新宝島が流れ出したではありませんか。これにはさすがに全員爆笑。この2時間ぐらいで3回も新宝島に出会うとは。

ガマニャンが開発した炒飯を100倍美味しく食べる方法によって最近若干飽き気味だった丸源ラーメンも無事復活したので撤収。ちなみに今日はアイスは無料ではありませんでした。
もうだいぶ良い時間なので急いで解散して私は祖母ガマ邸に向かいます。途中スーパーに寄って今日は酒は買わず皆さんへのお土産を購入し、今週のゲストが久本雅美で来週は和田アキ子というノイジーマイノリティー激推しナイトスクープが終わる頃に帰宅したらすぐ風呂に入って就寝しますが、例によって1時間は寝れませんでしたので結局3時間睡眠です。今回はその最大の原因がガマニャンの人類滅亡の真似だったことを書いておきます。


1日目(3/24)

まだ薄暗い中、生駒山の向こう側の朝焼けを眺めながら出発。ネムネム状態で死にそうですが無理矢理人類を滅亡させたりして起きて行きます。私がいると騒音で目が覚めるらしいのでガマニャンには私が必要ですが、こんなこと書いたらまたキモいんじゃとキレられるのでやめときます。



無事万博公園の近くのコンビニで全員集合し、車で会場入り。イベントスタッフになると万博公園内を車で走る貴重な体験をできます。公道ではないので酒飲みながら運転できるらしいです(おすすめしません)。

今回は20m×15mという経験したことのないサイズのレイアウトを組むということでどうすればいいのかも思いつきませんが、そこは主催兼現場監督のじゅんさんが実際の配線を元にした詳細な設計図を作って来てくださったので、私たちはその通りに作ればいいわけです。
資材も今回はハイエース+数台という気合の入りっぷり。これは完成が楽しみです。
朝礼を受けたらさっそく建設開始。それにしても寒い!もう桜も咲いてるのに朝出るときに車が凍ってたほどですからね。

クリックすると元のサイズで表示します

ベースの直線を置いたら各々現場監督の指示を仰いで持ち場へ。
ハジケ組は大好きな車庫がある東半分を担当。寺田町や桃谷のような単純な構造の駅は車庫の配線のルールを良く知らない私の力作です。高架化してホーム置くだけの3秒ビルディングです。

9:30になると開場。今回は設営の様子も含めて展示なので、お客さんに見られながらの設営です。しかも全方位から見られるので迂闊に尻丸出しでプラレ組んでたら写真撮られて全世界に発信されてしまう危険性があるのでなかなか恐怖。パンツ逆にはいてるのが撮られてなくてよかったですね>某氏

クリックすると元のサイズで表示します

昼ごろには大方完成。車両を配置していよいよ本格的にスタートです。
今回のレイアウトの核となる大阪駅付近。ぺたぞうでんしゃ王国の皆さんの力作です。ホームの数も配線も完全再現されてて熱意を感じます。
見切れてますが、東側にはお馴染HEPにぴちょんくんも建ってて見たことある風景だらけで感動。

クリックすると元のサイズで表示します

北側から梅田を望む。阪急梅田駅はトレインケースを組み合わせ、入ってきた列車がビル内部で急カーブして別のホームから出てくるようにすることで、まるで列車が勝手に出入りしているように見えるという設計。この時はビルが未完成でしたが、阪急公式の方にも見て頂いてかなり反響があったようです。

クリックすると元のサイズで表示します

一方こちらは天王寺駅。環状、阪和、大和路の3路線が複雑に入り組む配線を再現し、かつ安定的に各路線が走ることができます。実際の配線を完コピすると有能だという当然の発見。
ちゃんと阪堺も線路が敷かれています。車両は製作者が飽きて完成しなかったので自分で線路を歩いてください。

大和路線と近鉄の間の道路は別れ際にガマニャンカーからいつも見るおなじみの風景です。
あべのハルカスめっちゃ高いです。高すぎて夕方に強風で倒壊しました。HEPとかもそうですが、風が強敵と言う屋外特有の問題が散見されました。


クリックすると元のサイズで表示します

腹も減ったのでレイアウトを満喫する前に一旦休憩しましょう。
全然知らなかったんですが、このイベントは日本最大級の鉄道イベントらしく、会場内では全国各地から鉄道事業者や自治体のブースが出店しており凄い熱気。
プラレールの展示にもスタッフのお知り合いやご家族、先輩後輩方が多数ご来場いただいてあらゆる世界の人々が集まるカオスな空間が形成されてました。ちなみに私の友人たち(一切鉄道興味なし)も太陽の塔の見学ついでに来てくれました。ありがとうございます。

京阪や京急、箱根登山鉄道などのブースでは限定プラレールも多数販売されており、小さなお子様や大きい子供たちが多くの野口英世との別れを経験しました。私は7人と別れました。内訳は京阪のプレミアムカーと京急のダブルセットです。京急は一回ほくとニキに全部売ったのにまさかの再導入です。見たら欲しくなるし、東京行ったらいつも乗ってるし…(言い訳)



食べ物の出店も充実。尾道ラーメンや唐揚げなどもあったので、ラーメン組と唐揚げ組に分裂するかと思われましたが、今回は結局全員一致で唐揚げ組になりました。

マリンドエアみたいなロゴの店で中津からあげを食べましたが普通に美味しかったです。漢の特大チキン&チップセット(1800円)では見た事ない大きさのパックに3週間分ぐらいの唐揚げが詰め込まれてました。げそげその人は普通のやつにしとくことをおすすめします。
ああ大分行きたい…

クリックすると元のサイズで表示します

さらに盛り上がり、仕事中に昼間から酒を入れるという暴挙。
春の陽気の下で酒入れて(テントの隅でこっそり)盛り上がりましたが、私はお子様に唐揚げを一つ接収されて深い悲しみに包まれてました。覚えてろ。

クリックすると元のサイズで表示します

鶴橋駅と近鉄線。ちゃんとこの先西九条まで繋がってますが、上本町で折り返せないので終日しまかぜやビスタカーがバンバン阪神線に直通してました。上本町〜鶴橋間の線路の再現度に感動。

クリックすると元のサイズで表示します

京橋駅と東西線に京阪線。こちらも京橋〜天満橋間のごちゃごちゃが再現されてちゃんと本線と中之島線が分離していました。この手前の暁さんとうまこさんと私が一番頑張った部分は写真撮り忘れました。

クリックすると元のサイズで表示します

天王寺駅から新今宮方面を望む。レールの輝きとか完全に本物ですよ。
本物同様の配線を生かして本物同様に大和路快速や関空快速が多数運転されていました。

クリックすると元のサイズで表示します

森ノ宮公開イベントも展開。通りかかったJRのブースのスタッフの方々が「職場や〜」と言ってらしたのが印象的でした。
並んでる8本のうち7本はほくとニキの作品で、そのうち5本強はここ1か月ぐらいで落成しました。両数で言うと多分実際の工場より電車作ってます。

クリックすると元のサイズで表示します

オレンジの電車が延々並ぶ風景。自然光の下ということもあって良い色してます。低運は作らないんですかね?(煽)

クリックすると元のサイズで表示します

今回は高速道路も再現されてたので南北から見ると湾岸のコースみたいでした。というか実際湾岸のコースになってるのでまんま形は一緒です。

長いので続きます。
1

2018/2/28

長い新幹線と多い通勤電車  プラレール改造

ラピート塗ってる間に同時並行でE5のリニューアルを進めます。

クリックすると元のサイズで表示します

問題のメタリックグリーンは結局GXホワイトシルバーを買ってきて、メタリックグリーンにメタリックブルーを垂らしたものに混ぜて明るさを調節。

必死の調色の結果、なんとか製品に近い質感と色合いを実現。
メタリックカラーってのは難しい物で、作業場の蛍光灯の下だとほぼ製品と同じ色に見えるんですが、暖色系の光の下だと自作のが暗く見えてしまう。まあそこまで調整する気力はないのでもういいことにしておきます。

クリックすると元のサイズで表示します

リニューアルに際して全車とも車番と消灯状態の方向幕を表現。これがあるだけでだいぶ締まって見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

そんなわけでなんとかリニューアル完了。編成番号は乗ったことのあるU3編成にしておきました。
E5+E6の17連も無事再現できて満足。壮観ですが車体を加工したのは5両だけなので割と楽です。H5も欲しくなりますね。

クリックすると元のサイズで表示します

続いては依頼品の225系5000番台。これはほくとハウスでレジン講習会やってる横で車体の加工を始め、加工点も少ないのでちまちまと進めてきました。
依頼者から転落防止幌の設置を頼まれてたんですが、どう表現すべきものかと悩んだ結果面倒になって一昨年に中間車だけ作ったきり放置してました。

撮って来た実車の写真を観察しながらこんな感じに組み上げてみました。思った以上にがっちりくっついてくれたので安心。これでボロボロ取れられたら堪ったもんじゃないですからね。瞬接で固定してるから塗装後に設置し直すのはダルいし。
にしてもこの後付けタイプの幌は5100番台とかと比べて接続部のパーツ作るのが若干面倒です。そう考えると100/5100番台って意外と作りやすいんですね。5100の6連もいつか作りましょう。
というのも…

クリックすると元のサイズで表示します

225量産してます。
阪和の225は自分用も欲しいと思ってましたが、どうせ作るならこの機会に全部まとめて作った方が早いんじゃないかと思って5100番台(4両)、5000番台幌なしもついでに作ってます。

こんな一気に手付けて完成するのかとか新規事業は原則凍結して既存事業を潰して行く計画はどうなったのかという批判もあるかもしれませんが断言します。完成します。あとは塗るだけだしデカールももう印刷済みです。あと新規事業はあくまで原則凍結なのでこれは例外です。

10日ほど遅れたとはいえE5も片付いたので、次の目標は3月中にラピート、201、225×3の完成です。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ