2017/7/26

第14回南河内運転会レポ  イベント

夏になったので今年もお楽しみの南河内です。今年は設営日に予定が入ったので、公開2日間のみ参加です。

今回設営日に参加できたのがスーパー少人数だった上に、資材班のユッキーさんと暁さんは設営日は参加不可。よってハジケゾーンのレイアウト設営は公開日の朝までお預けという危機的状況。
ということで、二人に資材を公開日の朝に車で輸送してもらい、8時から開場までの2時間でスピード設営することに。私も前日夜遅くまで学校にいたので眠い中、5時台から起きて会場へ向かいます。でも早朝だと真夏でもそんなに暑くないのでいいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

8時過ぎに着くと狂夜さんとうまこさんだけが到着済み。タウン予定地と舞台はご覧のとおり完全に空き地です。
今回は舞台上の平面レイアウトもユッキーさんの資材で組むことになったので、10時の開場までにさっさと組みたいところですが、当然二人の資材と二人を積んだ車が8時に来るわけがないので、途中来たほくとニキと能年さんも交えて今485作ってるよね〜と駄弁って待機。

開場まで50分となった9:10、ようやく資材が到着です。罵倒も各々そこそこに大急ぎで着工。
舞台は制約がないに等しいほどだだっ広いのでどうすれば良いか見当もつきませんが、いつも通り歌に載せて組み上げていけばスムーズに工事が進んでいきます。

クリックすると元のサイズで表示します

結果、超高校生級の建築士の皆さんのおかげで13時と見積もられていた完成時刻を大幅に巻いて、なんと開場までに無事完成。ギリギリ公開に間に合ってよかったよかった。

クリックすると元のサイズで表示します

レイアウト全景。大体いつも通りですが、今回は改造車を並べるヤードが机の上になく、むしろ舞台上レイアウトがメインになっている点が特徴。
手前の坂レールを多用したグネグネの線路が昔の南河内っぽいです。

クリックすると元のサイズで表示します

舞台上レイアウト全景。視点が低いので子供たちに大人気でした。
勢いで作った割にそれっぽいと評判の奥の車両基地には、大量のエモーショナルな改造車が並んでて(スタッフが)楽しめます。お子様には刺激が強く無駄遣いを扇動する恐れがあるので、外に立つ子供の目線からは見えにくいように計算されてるらしいです。多分。

クリックすると元のサイズで表示します

前日に轍さんが開発しようとして失敗したゾーンを託されたので、余った資材を活用して都市開発。コンセプトは「寂れた観光地の駅前」。
駅前の無駄に広いロータリー、駅前にコンビニとレンタカー屋、地銀が並んでるあたりが山田的努力ポイントです。料金所は余ってたので置いたので無意味に料金を徴収します。でも有料道路の沿道に適当に置いたセブンとミスドがSAっぽくていい感じです。

ちなみに駅前にぽつんと止まってる本四海峡バスは自作しました。トミカもこれからどんどん作る予定なので、気長に期待しといてください。

クリックすると元のサイズで表示します

今回のタウン。ただの複線エンドレスの中に城(建設中)も築城されて楽しいレイアウトです。
観客に大阪城扱いされてましたが、街の雰囲気と車両は北陸っぽいので丸岡あたりってことにしといてください。

クリックすると元のサイズで表示します

お楽しみの舞台車両基地。今回は北陸の485メインで固めて北陸りくりく祭開催。ほくとニキの新作683-8000や青鷺、能年さんの新作583、そして私の新作485系R1編成などが並びます。
昔見た金沢総の風景を思い出して感動。てかみんなこんなに485作ってたんですね。でもまだまだ作りたいのは大量に出て来るので困ったものです。まだ遊べる。

クリックすると元のサイズで表示します

この顔もいつの間にかこんなに増えてました。でもまだ遊べる。

クリックすると元のサイズで表示します

2010年ぐらいの福知山も再現可能。このためだけにいったん剥がしたシールを貼り直してマリンライナーを223-5500仕様に復元しました。もうこれで固定したいところ。相方はユッキーさんがごついスカートのを作ってくれるらしいので、皆さんもご期待ください。



ひとしきり遊び倒したら近所のステーキガストへ。ステーキガストって高いイメージあったけど、冷静に考えたらスープとかカレーとかサラダとか全部食べ放題で結構安い。
かき氷もあったので謎の顆粒を掛けて食べたらお口の中がハジケ組。バチバチ言ってめちゃくちゃうるさい顆粒でした。なんじゃこりゃ。

上下社会の移り変わりを感じたり、485を作る計画ねりねりしたりして遊びつくしてダラダラしてるうちに真っ暗になったので解散。出る直前にトイレ行ったら子供に絡まれて排尿失敗する事件もありましたが、なんとかドリンクバーを全部排出してほくとハウスに帰還して終了。
というところで、今回全日とも用事で参加できないガマニャンからしゃべりに行くとの連絡が。

クリックすると元のサイズで表示します

ガマニャンと合流してプラレーラーの宿ほくとハウスに着いたら既にネムネムですが、もう一仕事です。
ガストで狂夜さんに「パノクロ並べたいから一晩で窓枠貼って色ぬってーや」と言われたので、ガマニャンに横から広川総(うちの車両の裏に張ってる所属表示)を馬鹿にされたりしながら必死で前面窓を製作。これがまた難しい。実車のイメージもあんまりないしプラ棒が剥がれるしで非常に苦労しながらもなんとか貼れたら、あとはほくとニキに塗装を託して私は喋ってるだけでパノクロが完成します。

例によって何喋ったかは覚えてないけどガマニャンに適当な言葉を投げかけ続けると出力機のように新しいネタが生まれるので皆さんも是非試してみてください。延々どぼじで〜〜〜と言い続けたら適当なこと言ってネタ産もうとするなやと怒られました。ひどい。

風呂に入り(浴槽初使用、よかった)、グダグダしてたらもう4時。パノクロもできた事だし、明るくなる前に寝ましょう。ガマニャンを追い出したら就寝やないか



翌日、バスタで狂夜さんに拾ってもらい会場へ。
昨日帰りにスーパー寄ってパン買ってたんですが、あろうことかほくとハウスに忘れてきて餓死しかけてたら、見かねたけいさんの奥さんから朝マックを頂いて餓死回避。マクド最高一番好きなバーガーです。
栄養補給したら今日も開場。昨日はガラガラだったけど今日はそこそこ出入りがあって安心。

クリックすると元のサイズで表示します

狂夜さんこだわりの中線がある駅。車両が「生きて見える」と好評です。和紙も好きです。
奥にいるのは地味な私の新作(依頼品)、ラピート甲種仕様です。連結器はただのプラ棒ですがネジで取り外し可能。終始暁さんのよさそうSLに繋がれてました。黒なるで。

クリックすると元のサイズで表示します

タウンを内側から。トヨタのショールームにはイチジク浣腸アドトラックが展示中。ちゃんと使ってますよ>イチジク浣腸アドトラック
道路がめちゃくちゃバキバキに割れて河岸段丘みたいになってますが、机が傾いてるせいです。暁タウンでブラタモリとかやってほしいです。

クリックすると元のサイズで表示します

私とほくとニキが頑張って一晩で(片側だけ)完成させたパノクロを並べてパノクロパノパノ祭。すごい。

クリックすると元のサイズで表示します

北越急行ほくほく線ほくほく祭にはくたかたかたか祭開催。素晴らしいです。単線高架がそれっぽい。プラレの68系も9両になると迫力出ますね。

クリックすると元のサイズで表示します

最後は日本海沿いを走る特急(一部除く)を並べて終了。本当に壮観です。うまこさん曰く「JRの最終回みたいな風景」。でもまだまだ最終回じゃないんです。まだ遊べる。

クリックすると元のサイズで表示します

ということで高速撤退したら王将で大宴会。珍しく雅さんからイタ電が来たり(注、イタ電ではなく真面目な要件でした)、餃子ビデオについて考えたり(Twitter参照)して非常に楽しみました。



さらに勢いでカラオケに突入。人数に対して狭すぎる部屋でタコ糸になりながらも皆声の限り歌って踊りました。途中ガマニャンに電話して中国語の歌を歌わせようとしたけど全く聞こえず失敗。あと俺が考えたんじゃないので俺に怒らないで欲しい。

ということで今年も非常に楽しかったです。皆さんお世話になりました。
暁さんに大量のプラレ他を押し付けられて大汗かきながら持って帰りましたが、細すぎて履けないと貰ったズボンが太すぎて履けなかったのがオチつけてくれました。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ