疲労骨折しない、スポーツとの付き合い方  疲労骨折 予防

今では、疲労骨折は
若者の、スポーツのトレーニングで起こることが
大多数です。これは
疲労骨折の一番多いのが15〜16歳、
という数字にも現れています。

トレーニングにしても、
その人にあったやり方、というのがあるはずです。
だから、疲労骨折するほどのトレーニングなら
やり方に無茶があるか、自分にあってないのでしょう。

部活で、周りの人と同じことができない、となると
なんだか落ちこぼれたような気持ちになるかもしれませんが
スポーツする方法は、部活だけじゃありません。
地域のクラブに通うという手もあるでしょう。

自分にあった、スポーツとの付き合い方を
していきたいですね。
1
タグ: 疲労骨折 予防

職業病の疲労骨折  疲労骨折 職業

肋骨の疲労骨折の原因のひとつが
繰り返し身体をひねる動作です。
肋骨の疲労骨折がおこりやすいのは
野球のピッチャー、陸上の槍投げ選手、
ボート競技やゴルフの選手、だそうです。
もちろん、こういう職業なら誰でも疲労骨折するわけでなく
フォームに無理がある等、技術的・環境的な要因も
あるのでしょうけれど。

疲労骨折の最近の例では、昨年の9月頭に判明した
オリックスの小松聖選手ですね。
わき腹の痛みを覚え、検査したところ
右第7肋骨の疲労骨折だったとのこと。
この疲労骨折のせいで、そのシーズン最後まで
試合に出られなかったそうです。

こういった、仕事でスポーツしている人が
疲労骨折したら……焦るでしょうね……。
疲労骨折はじっくり治して、というのは、
正しいし、それが一番なのですが、

ひとごとだから、気軽に言えるのかもしれない。
1

肋骨の疲労骨折  疲労骨折 部位

疲労骨折するほど肋骨に負担のかかる運動なんて、
すぐには思いつきませんよね。

肋骨に負担がかかるものには
 激しい呼吸
 身体をひねる運動
などがあげられます。

マラソン選手や、吹奏楽をやっている方で
肋骨を疲労骨折する方、いらっしゃるそうです。

マラソンなんていうと、
足を使うものというイメージが強いですけど
(やり方によっては)疲労骨折にいたるほど、
身体の他の場所もつかうものなんですね。

楽器演奏でも疲労骨折するなんて……
文科系の部活動が、そんなにハードだとは思いませんでした。
0
タグ: 疲労骨折 部位 

疲労骨折で手術  疲労骨折 治療

疲労骨折した場所によっては、安静にするだけでは治りにくく
手術が必要なこともあるとか。
かかとと足の指をつなぐ、中足骨。足の甲にある骨ですね。
小指側の中足骨が疲労骨折した場合は、
手術になることも多いそうです。

骨の中に金属を入れて
疲労骨折が治るまで、固定します。
疲労骨折が治ったら、ボルトを取り出す。

骨の中とはいえ、身体に金属を入れておくというのは
ちょっと怖いです。
コンタクト入れてる人を見るだけで、
怖がってしまうひとなものですから。。。
1
タグ: 疲労骨折 治療 痛み

疲労骨折になってしまったら2  疲労骨折 予防

スポーツなどをやっていて疲労骨折になった人は
トレーニングの内容や、環境を見直した方がよいでしょう。
せっかく疲労骨折が治っても、その後同じ運動をしたのでは
疲労骨折が再発してしまいます。

トレーニング量が多すぎませんか?
無理なフォームでの運動も、疲労骨折をまねきます。
靴が自分にあっていることも重要です。
ほかにも、走る場所の地面の硬さなど
疲労骨折再発を防ぐために注意する点はたくさんあります。

疲労骨折したということは、
負担がかかりすぎです! という身体からのサインです。
そんな身体に苛立ちをぶつけては、
疲労骨折してまで頑張ってる身体が、かわいそうです。
身体との付き合い方を見直す、いい機会だと思って
もう少し、ゆとりのある運動の仕方にきりかえたほうが
いいのでしょうね。
0
タグ: 疲労骨折 予防




AutoPage最新お知らせ