経営危機管理から事業再生 日記                                                                                                         

2010/4/27

今年の天候は何じゃらほい  ビジネス


 いやはや今月の天気は寒暖差がはげしく体がついていけない。歳のせいもあり、ついついだらけてしまい仕事に身が入らない。困ったもんだ。

 さて今年もまたゴールデンウィークの連休が来ましたね。ニュースでは海外旅行者が増えているようですが、少し財布の紐が緩んだのでしょうか。いくら景気が悪くデフレが続いても、蓄えがあればたまには贅沢もしたいものですよね。

 ところで個人の多重債務者問題への対応策として、2010年6月18日に施行とされる貸金業法の改正、「総量規制」総額、年収の3分の1制限、上限金利が「20%〜15%」何らかの影響がでそうです。できることであれば借りないで済めば良いのですが。

 どうも世の中の天候も荒れそうです。
0

2010/4/16

借金苦は精神的ダメージが大きい  ビジネス

 
 借金苦のストレスは勿論個人差はありますが、自分の体調は以外に気づかないものです。その結果、いやな話になりますがなかには大きな病になるとガンで、人によってはうつ病になったり、胃潰瘍・十二指腸潰瘍と病にかかってしまうものです。私は帯状発疹で、やはり精神的苦痛をどこかで感じていたと気づくわけです。この程度ですんだから良いものの、もし大きな病だったら本当にやりきれなかったと思います。

 ところが今まで、私のお客さんでそれがいるんです。大きな病の方が3人ほど。長年借金苦を我慢しながら一生懸命頑張ってこられて、ご相談があってから数ヵ月後にこの病です。無理を重ねてきたのでしょう。少しでも長生きして頂くことを心から願っておりますが、やはり病は気からと言いますがその通りだと思います。

 健康が一番です。大きなストレスには気をつけたいものです。

 
1

2010/4/10

新年度スタート  会社経営

 桜の花が綺麗に咲く季節です。私の街は今が見ごろで、土曜・日曜と花見をしながら楽しんでいると思います。同時に新年度のスタート。今年度の予想はどうでしょうか。不況の二番底が心配されていますが、まだまだ油断ができないと思います。また国政を預かる民主党の政策はどうなっているのか、問題が山積で景気回復策が見えてこない。
0

2010/4/3

09度茨城県内の企業倒産  会社経営

 
 県内、09年度の倒産件数は前年に比べて238件(5,3%)増、200件二年連続倒産件数で、業種別では建設業、サービス業、製造業、卸売り業、小売業の順のようです。今年度はどうなることやら、あまり期待は持てそうにもなさそうだ。ところが私の地元では、新たに各銀行がしのぎを削って、特に駅の近くに建設ラッシュ。預金高を増やすことや、銀行にとってもっともうまみのある住宅ローンを増やすことに力を入れていくようです。

 その住宅ローン、ご承知の通り現在は、リストラや減給でローン返済が困難になり、競売まで追い込まれてしまう方がかなり多いようです。そこに目をつけている業者が、競売になる前に住宅物件を上手く任意売却して極力残債を少なくしようと、不動産業者やモーゲージプランナー資格者が間に入って、適切な ? 提案を示しているようです。
0

2010/3/31

驚きの郵政改革案  会社経営

 30日の夜、政府は閣僚懇談会で郵政改革案について郵貯の預入限度額が1000万円から2000万円に引き上げ、簡易保険の保険金上限額の1300万円から2500万円に引き上げるとしたようだ。6月に郵政改革法を成立させると同時に政令を改正して引き上げ、民間金融機関からゆうちょ銀などへの資金移動の状況を見た上で、来年の4月までに検討を行う考えを示した。

 これは民間の金融機関が、ペイオフで1000万円のところへ、もし、ゆうちょ銀が上げることになればこれは大変なことになる。日本の金融資産1450兆円といわれ、約800兆円が金融機関に預けられているなかで、どのくらいゆうちょ銀に流れ、このしわ寄せは金融機関の預金体力の影響をもたらし、貸し渋りや貸しは剥がしが更に増えて中小零細企業を直撃してもおかしくない。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ