2009/9/14

5年ぶりの満塁ホームラン!  

昨日午前10時前から午後1時前までの3時間に渡る神奈川県硬式野球大会4回戦繰り広げられた。最後は11回表に5点を得点した塾高が熱戦を制した。特に、#9橘の駄目押しの満塁ホームランはレフト上段に飛び込む、大ホームランだった。これにより、絶対的なエース今岡を擁して、夏の甲子園に初出場し、初勝利を収めた横浜隼人高校を8対3で下した。

敢えて言えば、横浜隼人高校は誤算続きのため、今岡一人に頼らざるを得ない状況を作り出してしまったことが主な敗因だった。

横浜隼人高校は前日の横浜栄高校との3回戦で、エース今岡を先発せざるを得ない状況だった。

それは、対戦相手が日大(日吉)ではなく、日大(日吉)を10対2のコールドで下した横浜栄高校だったからだ。

これは一歩間違えば、日大(日吉)の二の舞になると思い、左腕エースを試すことなく、6回をエース今岡一平一人に投げさせ、完封してしまったのだ。
そんななか、塾高に左腕エースをいきなり投げさせる、という選択肢もあったが、塾高が3回戦で対戦した藤嶺藤沢高校のストレートの伸びが今岡と同等の左腕エースだったため、どうしてもストレートしかなく、球速が10キロは遅い左腕を起用することはできなくなった。
すると、自分以外に頼るべき投手が連投する場合のプレッシャーと疲労の蓄積は甲子園のトップ・レベルのエースしか経験していないものであるため、精神的にかなり追い詰められたことは想像に難くない。

案の定、エース今岡を想定していた塾高打線は昨秋からレギュラーだった、主将の旭と杉山の2年生の1、2番コンビの連続ヒットで無死2、3塁として、1年生の3番谷田がセンターに犠牲フライを打って、先制点を挙げた。

この後、塾高は3回のスクイズ失敗をこの試合で記録し、得点機を3度に渡って潰すことになるが、1人頑張っていたのが次打席で2ランを放ち、この日3打点とした谷田だった。

そして、終盤に追いつかれた後に、11回の5点が飛び出したのだった。
0

2009/9/7

盛者必衰の理  

横浜高校が1回裏に7点を2投手(若林と小垣)から奪って、降板させた後、勝利を確信した筈だった。
実際、スポーツ新聞に掲載された渡辺監督や小倉部長のコメントなどでも「横浜高校が7点をリードした試合で、負けた試合は今回が初めて。今まで記憶に無い。未だ、このチームは野球を知らない。1エースがファーストのベース・カバーをしなかったり、2ファーストや投手がファールになるゴロを見送るどころか、焦って捕球しようとして、ぶつかりそうになり、捕球するのに精一杯で、3捕手も指示を出さないため、捕球したファーストはランナーがどういう状態かわからないまま、ホームインされたり、4捕球できるライトフライを待ってヒットにしてしまうなど、守備力で有名な横浜ではなかった。今後、長い秋冬春とミッチリと野球を教えていく」とのことだった、と思う。

試合は2回表に9点を奪って逆転した桐蔭学園高校がそのまま試合を決め、春のリベンジを果たした。
0

2009/9/4

吉祥寺南口駅前で塾高23B村林・FC東京 社長を発見!  

FC東京社長が駅前で5年ぶりの決勝戦を目指して、9月6日(日)午後6時〜味の素スタジアムで開催される予定を知らせる号外を自ら配布していた。

何でも、全員で配布しているそうだ。

伊藤 達也・元 金融担当大臣が落選したことを聞くと、「本当に残念でした」と神妙な面持ちとなった。

しかしながら、「応援指導部OBの長島 昭久・民主党衆議院議員に期待しましょう!」と言ったが、反応は今ひとつ芳しくなかった。

挑戦!

頑張って欲しい!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ