teacup.ブログ START!

2012/9/5 
ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0

ホームセキュリティ

2012/9/5 
ホームセキュリティとは、ひとことでいうと、
個人の住宅を守る警備システムのことです。

警察ではない、民間の警備会社が行う警備サービスは
以前からありましたが、従来の警備サービスはあくまで
企業向けのものが主流で、一般的な家庭に向けた
警備サービスはあまり需要がありませんでした。

ところが、近年では住人の在宅・留守に関わらず、
むしろ在宅時の「侵入者による犯罪」が急増してきて
います。

このような背景もあり、一般家庭でも防犯を意識する
傾向が強くなってきているのです。

そうして出来た「家庭の防犯」が重視される風潮の中で、
近年、「防犯をプロに任せる」というホームセキュリティへの
関心が高まってきました。

最近では、一般家庭でもこういったホームセキュリティを
導入する住宅が増加しています。

基本的に、大手のホームセキュリティ会社によるサービスでは、
セキュリティの契約と同時に、あらかじめ自宅にホーム
サーバーと呼ばれる機械を設置します。

そして、万が一異常が発生した場合は、この機械を通じて、
警備会社に連絡される仕組みになっています。

とはいえ、住人が誤作動させてしまう場合などもありますから、
異常感知から通報までは一定の時間が設けられ、不必要な出動
が行われないように、作られている仕組みです。

この機械が察知した異常が通報された場合、セキュリティ会社は
基本的に契約に則り、通報元の住宅に駆けつけます。

ただし、注意すべきは、警備会社はあくまで民間企業であり、
警察ではないということです。

したがって、セキュリティ会社の警備員に、警察官ほどの強い
執行力はありません。
セキュリティ会社の警備員が手に負えない「発生してしまった犯罪」
や「トラブル」があった場合には、法律にしたがって、警備会社
から警察へ通報されることが決められています。

ただ、こういった注意点を差し引いても、防犯を考えたときに
第三者である防犯のプロにトラブルの対処をお願いしておくと
いうことは、とても価値のあることなのです。

自宅の防犯が不十分だと感じたら、一度ホームセキュリティの
導入を検討してみてはいかがでしょうか。
0



AutoPage最新お知らせ