当日のレーシック体験談  

荷物一式をロッカーに預けた僕はアクセサリー類を外し、靴も患者用サンダルに履き替えてクリーンルームに入りました。これから手術だと思うとやはり緊張したのですが、看護師さんが優しく声をかけてくれたりして、ようやく落ち着くことができました。

麻酔を点眼していざ手術室へ。手術についての技術的なことは別のサイトなどを参考にしてくださいね。手術時間は片目で5分かかったかどうかで、手術室を出るまでに15分もかかっていなかったように思いました。手術室に入ってから本当にあっという間でした。

手術後は暗めのルームでゆっくりと30分程度安静にしていました。明日の朝、目を開けた時の感動を考えると自然と笑がこぼれていました。手術後のチェックも問題がなければ点眼薬や内服薬をもらい、保護用のメガネをかけて帰りました。これが僕のレーシック手術の1日の流れです。
0

当日のレーシック体験談  

僕はかなりの近視(左右とも0.05)で、長い間レーシック手術を受けるかどうか悩んできました。やはり恐怖感をなかなか拭いきれなかったのですが、最終的にはこれからの光ある毎日を信じて手術に踏み切ることにしました。

僕が選んだクリニックは手術の前に手術ができるかどうかの事前検査があります(どこでもありますが)。いくつかの機械を使った10ヶぐらいの検査を終え、レーシックの説明も聞いた後に、医師の診断がくだされ、無事手術ができることになりました。

当日は先日おこなった事前検査から変化が出ていないかの検査がおこなわれます。問題がなければ、手術費用の支払や同意書へのサインが求められます。それなりの金額ですので、カード払いにしました。カード払いが出来るかどうかはクリニック決定の大きな要素の一つになりました。
0




AutoPage最新お知らせ