2013/3/7

考えている人  

この前知り合いから聞いたんですが、
フラット35は繰り上げ返済時の手数料がかからないということも注目されるひとつですが、返済できる額が100万円からと多少金額が高くなっています。しかしその他の住宅ローンは小額の繰上げ返済が可能でもその都度手数料がかかることを考えれば妥当なものかもしれませんフラット35を利用したいと考えている人は、いくつかの金融機関を比較検討するようにしてください。金融機関によってはフラット35より自行の金融ローンを利用してもらった方が利益が高いため積極的に勧めてこない場合があります。もちろん実際にどちらにメリットがあるかを判断するのは利用者自身です。フラット35は各金融機関、つまり銀行、信用金庫といったところで申込みを行います。また金利は各金融機関ごとに違い、申込みのときにも変動しています。ちなみに金利が確定するのは申込みをした時点ではなく、融資の受け取り時点の金利が固定金利の率となります。いろいろな利用の仕方があるんですね。
0

2013/3/7

理解するために良い  

この前知り合いから聞いたんですが、
実際に住宅購入予定者が住宅ローンアドバイザーの養成講座に申し込むのも住宅ローンを把握する上で良いでしょう。住宅ローンの基礎知識を一通り学ぶことができます。講座は二通りあり、もう一つは応用コースです。こちらは実務者向けで実際に借り入れする方へのアドバイス者向けとなります。
住宅購入を予定されている方が住宅ローンアドバイザーの養成講座に申し込むこともあります。住宅ローンを理解するために良いでしょう。住宅ローンの基礎情報を一から学ぶことができます。講座は二通りあります。もう一つは応用コースです。こちらは実務者向けになります。実際に借り入れする方へのアドバイス者向けの専門家コースとなります。ローンの見直しにおいては住宅購入の際に住宅ローンの設定を不動産業者任せにしてしまった場合、基礎情報を持たないため、住宅ローンの繰り上げ返済、借り換え、固定金利・変動金利や手数料など支払方法の見直しについて基礎知識を持たない購入者をサポートします。購入者にとって公正なアドバイスをする頼もしい味方といえるでしょう。
ローンの見直しする際には住宅購入のときに住宅ローンの返済方法を不動産業者任せにしてしまっていることが多いため、住宅ローンの基礎知識を詰め込んで、住宅ローンの繰り上げ返済、借り換え、固定金利・変動金利や手数料など支払方法の見直しにとりかかる必要があります。購入者にとって公正なアドバイスをするのが住宅ローンアドバイザーの役目です。いろいろな利用の仕方があるんですね。
かるはずみな言葉
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ