2012/8/26

サプリメントによる補給  

葉酸のサプリメントによる補給が推奨される背景には、葉酸が、光・水・熱に弱いことがあげられます。

野菜に葉酸が含有されていたとしても、その野菜を切ってしばらく水にさらすことによって、全体の9割の葉酸が失われてしまうのです。

腸が吸収できる葉酸は、口に入れた分の5割りに過ぎないともされているのです。その点、サプリメントで葉酸を摂取すれば、調理段階で失われるリスクもありません。

葉酸の粒子が細かいため、口に入れた葉酸の吸収の割合は食品より高いといいます。
葉酸は不足しやすい栄養素なので、サプリメントを利用して摂ると十分に摂ることができるのです。

簡単に飲めるからといって、必要以上の葉酸を摂取してはいけません。過剰に葉酸を飲んでも、余剰分は水に取れて尿になって排出されるため、困ったことにはなりません。

過去に葉酸を飲み過ぎて困ったことになったという話は聞きません。ただし、だからといってどれだけ飲んでもいいという話ではありません。

亜鉛の吸収力低下や、ビタミンB12が欠乏しても気づきにくくなるなど、葉酸の飲み過ぎによるトラブルは幾つか存在します。葉酸の過剰摂取は間接的なトラブルの原因にもなりますので、サプリメントを扱う時には使用量にくれぐれも気をつけてください。
0

2012/8/23

ビタミン  

サプリメントで葉酸を摂取するという方法が、妊娠中の女性の間では関心を集めていると言われています。

葉酸は、赤ちゃんの健康に欠かせないと言われていますが、妊娠前からの摂取も大切だと言われている栄養成分です。女性にとっても胎児にとっても、葉酸は必要不可欠なものです。

様々な種類があるサプリメントの中でも、特に葉酸が喜ばれているのがわかります。葉酸とは水溶性のビタミンの一つであり、別名をプテロイルグルタミン酸といいます。緑黄色野菜の色がくっきりているところから、葉酸は摂取することができます。

緑黄色野菜以外では、レバーや豆類、胚芽や酵母など、特に珍しくはない食品に含まれています。食事内容がしっかりしていれば、サプリメントを葉酸を摂取せずとも、自然界に存在す食べ物だけで葉酸は不足はしません。

先に述べたように葉酸は水溶性であり、光・水・熱に非常に弱い栄養素です。
いくらサプリメントや葉酸を含む食事を積極的にしていても、ふと気づくと体内葉酸量が不十分な場合もあるとされています。

細胞分裂を促し成長を進めるには、葉酸は必ず補給したいものです。
普段はもとより、妊娠初期には特に葉酸のサプリメントを上手に利用して必要量をしっかり摂るようにするとよいでしょう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ