2011/11/6

ホームページ作成スペイン料理  

NTTドコモがスマホ好調で今期予想を増額、中期ビジョンも発表

NTTドコモ<9437.T>は2日、2012年3月期の連結業績予想を上方修正したと発表した。営業利益は前期比3%増の8700億円となる見通し。従来は8500億円を見込んでいた。

 スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)の販売が好調で、データ通信料であるパケット収入が増えることも寄与する。

 修正した営業利益予想は、トムソン・ロイター・エスティメーツによるアナリスト13人が過去90日間に出した予測の平均値8680億円と同水準になっている。

 音声収入の減少や端末販売の強化に伴う代理店手数料の増加で営業利益を約500億円圧迫するものの、パケット収入の伸びやスマホへの切り替えで従来型携帯電話での故障修理費用が減少することなどにより700億円押し上げる。

 今期の売上高予想を同0.4%増の4兆2400億円(同4兆2300億円)、当期利益予想も同4.8%増の5140億円(同5020億円)にそれぞれ増額した。

今期のスマホ販売計画は従来の600万台から850万台に上方修正。携帯電話全体では従来の1980万台から2100万台に増やした。純増数も従来の195万台から220万台に上乗せした。 

 <iPhoneの影響「そんなに大きくない」> 

 会見した山田隆持社長は、今期予想上方修正の理由について、スマホを中心に「上期が順調だったので、下期もその基調が続く」と述べた。

 ソフトバンク<9984.T>とKDDI<9433.T>が発売した米アップル<AAPL.O>製の新型スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)「iPhone(アイフォーン)4S」の影響については、「当然あるが、それほど大きくはない」と語った。アイフォーン4S発売日の10月14日から17日までのドコモ契約者の転出は「前月の4日間と比べて2.5倍だったが、ドコモの新商品発表会があった18日から月末までは1.2倍で収まってきている」と明かし、アイフォーンが同社の携帯電話の販売に与える影響は「徐々に弱まっている」との見方を示した。 

 <13─15年度までに5500億円Xi向け設備投資> 

 15年度までの中期ビジョンも同時に発表した。同年度にはスマホの契約者数4000万件を目指す。スマホの10年度実績は240万件、11年度見込みは1020万件で、向こう4年間で4倍規模に拡大させる計画だ。山田社長は、スマホとタブレット端末を複数保有することで15年度には「総契約数が6400万くらいまで増える」と見込む。 

 高速携帯電話サービス「Xi(クロッシィ)」の契約者数は、15年度に3000万件(11年度見込み130万件)を計画する。スマホを中心としたサービス拡大を推進し、15年度のパケット収入を11年度に比べて1.5倍の約2.7兆円に増やす方針。 

 また山田社長は、10―12年度のクロッシィのエリア拡大に向けた設備投資額を、当初の3000億円から約3300億円に上積みし、13─15年度には新たに約5500億円投じることを明らかにした。

 一方、山田社長は「音声通話の動向がなかなか読めない」と指摘、「VoIP(IP電話に代表されるインターネットなどを経由して音声データを送受信する技術)の影響が無視できないくらい出てくる」とみており、15年度には「音声収入の3─4割がVoIPに流れる可能性がある」との見方を示した。

 今回は具体的な業績目標については言及していない。山田社長はVoIPの影響がわからず、数字目標を出すのが難しいと説明し、「12年後半にも新たな経営計画を発表したい」との意向を示した。

 ドコモではまた、メディア・コンテンツ事業などのモバイル関連で新たな市場創出を重要な柱の1つとしており、現在約4000億円ある新領域での売上高を15年度に約1兆円と11年度比で2.5倍に増やす計画も打ち出した。

 タイ洪水の影響に関しては、スマホに影響は出ないものの、従来型の携帯電話では部品不足により一部機種に出荷で「数週間の遅れが出るかもしれない」(山田社長)とみている。ただ他社から代替製品を調達するなどして対応するとしている。

 11年4─9月期の連結営業利益は前年同期比4.3%減の5085億円になった。スマホ販売は順調だったものの、端末機器の卸売り単価が下落した。通期予想に対する進ちょく率は58.4%で、「ほぼ想定通りだった」(山田社長)。7─9月期の音声とデータを合わせた1契約当たり月間収入(ARPU)は4970円で前年同期に比べ4.4%減少したが、スマホの利用拡大によりパケットARPUは2690円と同5.9%増えた。

 (ロイターニュース 白木真紀;編集 宮崎大)

ホームページ作成株式会社杉山システム

スマートフォンホームページ作成熊本

スマートフォンホームページ作成宮崎

スマートフォンホームページ作成鹿児島

スマートフォンホームページ作成沖縄

スマートフォンホームページ作成長崎

スマートフォンホームページ作成函館

スマートフォンホームページ作成旭川

スマートフォンホームページ作成佐賀

スマートフォンホームページ作成釧路

スマートフォンホームページ作成新宿
0

2011/10/18

ホームページ作成スペイン料理  

日野のシェアハウスで「アーティスト・イン・ダンチ」−1週間入居し作品展示 /東京

リノベーションを手掛けるリビタ(渋谷区)が現在、日野のシェアハウス「りえんと多摩平」(日野市多摩平3)で「ARTIST IN DANCHI」と題して「住まいながら作品を展示するアーティスト」を募集している。(立川経済新聞)

 同イベントは、UR都市機構による旧多摩平団地のルネッサンス計画2(団地再生計画)の下、民間事業者数社が計画を進行してきた「たまむすびテラス」がいよいよ9月に最終棟(高齢者棟)が完成し、10月に開催予定の街開きイベントに合わせて行うもの。

 同イベントは1室(12室、計12人)を舞台にアーティスト(学生)が実際に住み、人と人とが生活・交流していく中で創造性を育み価値観を共有・醸成する過程をシェアしながら、アート作品を展示していく実践型クリエーティブプログラムとなる。講師には、建築を中心にプロダクト、空間インスタレーションなど幅広く世界で活躍するトラフ建築設計事務所の鈴野浩一さんと禿真哉氏さんを招く。「以前実施した『住まいながらシェアハウスという場所を編集するエディター』に続いて、シェアハウスをもっと面白くしていくためのコミュニティーマネジメントの一環として企画した」と話すのは同社の土山さん。

 「参加者にとっては世界的に活躍する講師の2人から幅広い視点でレクチャーやアドバイスを受けることができるまたとない機会。時代のキーワードである『シェア』という概念を、参加者・講師らが自ら体感しながら制作・展示を考えていく7日間となる。好奇心旺盛なアーティストにぜひ参加してほしい」とも。

 応募資格は美術やデザインを学ぶ大学等教育機関の学生で、過去に作品制作の経験があること。居住期間は10月15日〜22日で、期間中に居住することが可能な人。入居費無料、交通費、生活費、材料費などは自己負担。詳細はホームページで確認できる。エントリーは今月30日まで。

ホームページ作成株式会社杉山システム
0

2011/10/10

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0

2011/10/10

スペイン料理ホームページ作成「バスの日」記念、宝探しゲーム開催 山梨  

「バスの日」を記念した宝探しのイベント「FUJI−Q×HUNTER2011」が23日、富士河口湖町の河口湖、西湖を周遊するレトロバスを使って開催される。バスの乗り方を楽しく学び、子供たちに地域の観光資源の魅力を再発見してもらおうと、富士急行と富士急山梨バス、同町観光課が協力して企画した。参加者は当日午前9時以降、富士急行線河口湖駅で宝の手がかりとなる「地図」「フジQライセンス」「暗証番号」を受け取り、制限時間内に3つの宝をすべて集めると賞品と交換できる。200人限定。参加費は中学生以上1千円、小学生500円。事前予約制でホームページ(http://bus.fujikyu.co.jp/news/hunter.html)で前日まで受け付ける。問い合わせは富士急山梨バス(電)0555・72・6877

ホームページ作成株式会社杉山システム
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ